お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
16:00
ONLINE オンライン開催 予測形判定帰還多重遅延検波を用いた差動OFDMの基本特性
長舩大陽久保博嗣立命館大RCS2020-90
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] RCS2020-90
pp.61-67
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
13:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]端末移動性を用いたSC-FDE判定帰還型伝搬路推定の特性改善に関する検討
中村敦也新保薫子齋藤周平菅沼碩文前原文明早大RCS2019-405 SR2019-139 SRW2019-89
シングルキャリヤ周波数領域等化 (SC-FDE) は,ピーク対平均電力比 (PAPR) を低く抑えつつマルチパスフェージ... [more] RCS2019-405 SR2019-139 SRW2019-89
pp.409-410(RCS), pp.133-134(SR), pp.133-134(SRW)
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 運動表出意思決定のソマティックマーカ仮説に対する一検証事例
大谷啓尊神戸大)・片桐祥雅東大)・今井絵美子古和久朋神戸大
ソマティックマーカー仮説は,認知制御における意思決定を促進すると考えられているが,その詳細な神経学的メカニズムは未解明で... [more]
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
15:05
佐賀 佐賀大学 [依頼講演]Time Reversal DFEによる水中音響通信の研究 ~ MIMO通信、マルチユーザ通信への応用 ~
志村拓也出口充康樹田行弘渡邊佳孝海洋研究開発機構AP2019-139 RCS2019-234
水中の音響通信では、空中の電波通信と比べて、マルチパス波による干渉やドップラーシフトの影響が桁違いに大きく、利用可能な周... [more] AP2019-139 RCS2019-234
pp.181-186(AP), pp.175-180(RCS)
RCS 2019-10-25
14:35
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) [依頼講演]マルチセルMassive MIMOにおけるセミブラインドMMA及びMMSE-SMIによる多値信号への適応
丸田一輝安 昌俊千葉大RCS2019-199
Massive MIMOシステムにおいて多数のユーザ端末を空間多重により収容する場合,チャネル推定に必要な直交系列数には... [more] RCS2019-199
pp.115-120
US 2019-08-28
15:45
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 高速水中音響通信の研究開発 ~ Time ReversalによるMIMO通信の研究、しんかい6500搭載音響通信装置の開発 ~
志村拓也出口充康樹田行弘渡邊佳孝海洋研究開発機構US2019-43
水中の音響通信では、空中の電波通信と比べて、マルチパス波による干渉やドップラーシフトの影響が桁違いに大きく、使用できる周... [more] US2019-43
pp.33-38
SIS 2019-03-07
10:20
東京 東京理科大学葛飾キャンパス 広帯域OFDMシステムにおける判定帰還型IQインバランス補償に関する一検討
稲田広輝笹岡直人中川匡夫伊藤良生鳥取大SIS2018-46
無線通信の高速化を実現するために高周波化・広帯域化が進められているが,これらにより直交変調器・復調器においてI・Q信号成... [more] SIS2018-46
pp.49-52
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
12:00
北海道 北海道大学 百年記念会館 レーザを用いたリザーバコンピューティングにおける強化学習を利用したモデル選択
菅野円隆埼玉大)・成瀬 誠NICT)・内田淳史埼玉大NLP2018-116
リザーバコンピューティングは人口ニューラルネットワークを用いた機械学習手法の一種であり,出力の重みのみを学習する点が特徴... [more] NLP2018-116
pp.107-112
RCS 2018-10-19
15:55
東京 機械振興会館 [奨励講演]マルチセルMassive MIMOシステムにおけるパイロット汚染除去のための干渉抑圧方式
丸田一輝安 昌俊千葉大RCS2018-177
Massive MIMOシステムにおいて多数のユーザを空間多重する場合,パイロット汚染によりユーザ間干渉,セル間干渉とも... [more] RCS2018-177
pp.143-148
RCS 2018-06-21
13:30
長崎 長崎大学 水中音響通信のための差動マルチキャリア伝送方式と予測形判定帰還多重遅延検波
塚本圭哉竹村真志久保博嗣立命館大RCS2018-58
本報告では,水中音響通信(UWAC) のためのマルチキャリア伝送方式に関して論じる.UWACにおいては,厳しい時間選択性... [more] RCS2018-58
pp.137-142
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
10:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 分散MIMO協調伝送への適応STBC-TDの適用に関する一検討
齋藤智之アムナート ブンカジャイ安達文幸東北大RCS2017-320
シングルユーザ時空間ブロック符号化送信ダイバーシチ(STBC-TD)では,データ伝送前にパイロット信号を送信してチャネル... [more] RCS2017-320
pp.19-24
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
10:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 高速時変伝送路のための伝送路予測形差動時空符号の比較
久保博嗣森 俊樹村山陽寛山岸拓真湯本菜々瀬立命館大RCS2017-330
本報告では,高速時変伝送路に有効な伝送路予測を用いた差動時空符号 (DSTC) の得失に関して論じる.伝送路特性とデータ... [more] RCS2017-330
pp.75-80
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
09:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク マルチセルMassive MIMOアップリンクにおけるセミブラインド干渉抑圧のビームスペース法を用いた特性改善
丸田一輝安 昌俊千葉大RCS2017-346
マルチセルMassive MIMOシステムにおけるアップリンクのユーザ間干渉及びセル間干渉を克服する手法として,これまで... [more] RCS2017-346
pp.167-172
SAT 2017-10-26
11:00
沖縄 沖縄セルラー電話株式会社 A Signal Space Theory of Interferences Cancellation Systems
Osamu IchiyoshiHNB21CSAT2017-41
昨年のJSATで筆者は干渉波相殺法の解析法として源の異なる信号の無相関性を直交性として空間表示する信号空間論を提案し、そ... [more] SAT2017-41
pp.17-22
RCS 2017-10-19
10:50
宮城 東北工業大学 分散MIMO協調伝送における適応チャネル推定に関する一検討
安達文幸アムナート ブンカジャイ東北大RCS2017-173
時分割複信(TDD)を用いる分散MIMO協調伝送では,まずユーザ端末から上りリンクパイロットを送信して,これを受信したマ... [more] RCS2017-173
pp.31-36
RCS 2017-10-20
13:25
宮城 東北工業大学 [依頼講演]マルチセルMassive MIMOアップリンクにおける判定帰還型チャネル推定を用いたセミブラインド干渉除去
丸田一輝安 昌俊千葉大RCS2017-194
本稿では,マルチセルMassive MIMOシステムにおけるセミブラインド型アダプティブアレー及び判定帰還型チャネル推定... [more] RCS2017-194
pp.143-148
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 議論マップを用いた議論におけるフィードバック機能の構築と検証
桐木平龍之介嶋田和孝九工大
近年,PBL(Problem-Based Learning)に代表されるような問題解決型の教育が注目されている.
PB... [more]

SAT 2016-10-14
16:25
海外 仁川大学松島R104, Auditorium & Performing Place A Signal Space Analysis of Interferences Cancellation Systems -- Communication is recovery of originality rather than orthogonality of receive signals --
Osamu IchiyoshiHNfB21CSAT2016-60
 [more] SAT2016-60
pp.127-132
SAT, RCS
(併催)
2016-08-19
13:05
宮城 東北学院大学 多値PSKを用いたDSTBCのための判定帰還ブロック遅延検波
村山陽寛湯本菜々瀬久保博嗣立命館大RCS2016-150
本報告では,差動時空ブロック符号化 (DSTBC : differential space-time block cod... [more] RCS2016-150
pp.119-124
RCS 2015-04-16
13:25
大分 湯布院・湯布郷館 SC-FDEにおける端末移動性を考慮した判定帰還型伝搬路推定法に関する一検討
三原寛高前原文明早大RCS2015-2
SC-FDEはPAPRを低く抑えつつ,周波数選択性フェージングを克服できることから,低コストな送信機構成が求められるアッ... [more] RCS2015-2
pp.7-12
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会