お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2021-03-08
17:30
ONLINE オンライン開催 未知の振る舞いを持つ制御付き右正則文法の生成能力について
伊勢大平小林 聡電通大COMP2020-38
DNAを利用して情報処理をするDNAコンピュータの設計では,温度変化や光照射などの制御信号列を受信することにより機能を選... [more] COMP2020-38
pp.59-66
COMP 2019-12-13
15:35
群馬 群馬大学 伊香保研修所 反応システムの制御における信号数の削減
矢光隆太郎小林 聡電通大COMP2019-39
著者らは,外部からの制御信号系列で反応システムを制御することにより,任意のブール関数を選択して計算する数理的枠組みを提案... [more] COMP2019-39
pp.69-76
RECONF 2014-06-12
09:50
宮城 片平さくらホール Burrows-Wheelerアルゴリズムを用いたDNA塩基配列位置推定のための高並列FPGAアクセラレータ
ウッデヤスーリヤ ハシタ ムトゥマラ張山昌論亀山充隆東北大RECONF2014-4
バイオインフォマティクスではDNA塩基配列位置推定は遺伝子解析において極めて重要な処理である.しかしながら,ソフトウェア... [more] RECONF2014-4
pp.17-20
OME 2013-03-05
14:00
佐賀 産総研九州センター 光架橋性オリゴヌクレオチドからのDNAデンドリマー自己組織化膜形成 ~ 単分子膜の化学構造と電気化学特性 ~
中野幸二澤田貴文森 美詞石松亮一今任稔彦九大OME2012-97
光架橋性のソラレン化合物で修飾した26量体オリゴヌクレオチドを新たに合成した.オリゴヌクレオチドの塩基配列を適宜設計し,... [more] OME2012-97
pp.29-32
COMP 2006-05-24
15:00
福岡 九州工業大学 隠れマルコフモデルを用いたDNA配列設計
前村一哉小野廣隆定兼邦彦山下雅史九大
DNAコンピューティングとは,DNA同士の反応過程を計算として見なした新しい計算パラダイムである.DNAコンピューティン... [more] COMP2006-15
pp.39-46
COMP 2006-05-24
15:35
福岡 九州工業大学 動的近傍操作を用いたDNA塩基配列設計
川下 優小野廣隆定兼邦彦山下雅史九大
近年,DNA塩基配列集合を利用したナノコンピューティング・ナノテクノロジーが注目されている.これらの技術に用いられる塩基... [more] COMP2006-16
pp.47-54
COMP 2004-10-15
15:25
宮城 東北大学 DNA計算における局所探索法による反応障壁近似計算
武田 勉小野廣隆定兼邦彦山下雅史九大
DNA計算はDNA分子の形態変化を計算規則とみなす新しい計算パラダイムであり, 望ましい形態変化を行う分子配列の設計(配... [more] COMP2004-49
pp.41-46
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会