お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RISING
(第三種研究会)
2021-11-17
11:00
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
D2D通信におけるCOREの性能評価
出原佑弥梅原大祐京都工繊大
D2D (Device-to-Device)通信は基地局を介さずに端末間で直接通信を行う技術であり,エネルギー効率や通信... [more]
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-16
11:20
ONLINE オンライン開催 輻輳環境下における移動無線端末間情報共有のためのブロードキャスト送信率の向上
李 還幇松村 武NICTRCC2021-37
本稿で言う端末間通信は中央制御装置を用いないことを前提とし,端末同士が自律的に直接通信することを指す.国際標準規格IEE... [more] RCC2021-37
pp.65-70
IN, NS
(併催)
2021-03-05
11:20
ONLINE オンライン開催 D2D型SNSにおける中継先選択方式の提案と実装評価
岡田 空橘 拓至福井大NS2020-149
本稿では,特定グループ内の全ユーザを対象としたメッセージ通信に対して,グループ外の一部ユーザがメッセージを中継するグルー... [more] NS2020-149
pp.155-160
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-03
09:45
ONLINE オンライン開催 D2D通信における干渉キャンセル機能付きFog Nodeを用いた無線リソース再利用
京嶋裕幸張 裕淵府川和彦東工大RCS2020-209
次世代移動通信におけるM2M(machine to machine)通信は,大量の無線端末を運用すると共に高い信頼性と短... [more] RCS2020-209
pp.37-42
SRW 2021-01-18
13:15
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]スマホdeリレー®の社会実装に向けた取り組み ~ 高知市導入事例と準天頂衛星連携事例 ~
妹尾義之西浦升人大内夏子濱田高志構造計画研SRW2020-46
2021年は東日本大震災から10年となる.電力インフラや通信基地局の被災による通信途絶の問題を解決すべく,2012年より... [more] SRW2020-46
p.21
IN, ICTSSL, NWS
(連催)
2020-10-22
16:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]端末間通信を用いたライフログ収集実験結果
李 還幇単 麟滝沢賢一児島史秀NICT)・不破 泰信州大ICTSSL2020-21
筆者らは端末間通信のレジリエンス性を利用して,人口過疎地域における高齢者見守り用の端末間通信を用いたライフログ収集システ... [more] ICTSSL2020-21
pp.45-50
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
D2D型SNSにおけるロバスト性を考慮した最適な端末配置に基づくトポロジ設計法
横井花深橘 拓至福井大NS2019-197
本稿では,D2D型SNSに対してロバスト性を向上させる自律分散制御法を検討する.提案方式では,自律分散制御によって端末を... [more] NS2019-197
pp.117-122
NS, IN
(併催)
2020-03-06
09:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
効率的な同時コンテンツ配信のためのSoftware-Defined Multicastの実機による実装と評価
森 翔平関口頌一朗NHK)・杜 平東大)・西村 敏山本正男NHK)・中尾彰宏東大NS2019-221
イベント会場などのユーザが密集する空間において,大多数の端末が同一のコンテンツに同時にアクセスするような状況下で効率的に... [more] NS2019-221
pp.241-246
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
17:40
鹿児島 与論町中央公民館 モバイル分散・協調キャッシュにおける事前プッシュ配信による通信量削減
城間隆行電通大)・吉見真聡TIS)・策力木格吉永 努電通大CPSY2019-97 DC2019-103
動画配信サービス(Video-on-Demand,VoD)の成長と普及により,短時間でインターネットを流通するデータ量の... [more] CPSY2019-97 DC2019-103
pp.57-61
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
11:30
徳島 徳島大学 D2D型SNSにおけるロバスト性を考慮した自律分散制御法
横井花深橘 拓至福井大NS2019-139
本稿では,D2D型SNSに対してロバスト性を向上させる自律分散制御法を検討する.提案方式では,自律分散制御によってSNS... [more] NS2019-139
pp.31-36
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]D2D型SNSにおける耐障害性を考慮した最適ネットワーク構成法
横井花深橘 拓至福井大
Device-to-Device (D2D)型ソーシャルネットワークサービス (D2D型SNS)は,D2D通信を行う物理... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]コヒーレントイジングマシンを用いたD2D通信のチャネル割当と送信電力の最適化
姜 雨暢伊藤大赳小林頌矢東京理科大)・武居弘樹NTT)・合原一幸東大)・長谷川幹雄東京理科大
コヒーレントイジングマシン(CIM)を用いた高速な組合せ最適化手法の有効性が示されている.組合せ最適化問題の多くはイジン... [more]
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
09:30
愛知 名古屋大学 D2D通信におけるFogNodeを用いるチャネル再利用法
京嶋裕幸張 裕淵府川和彦東工大RCS2019-161
次世代移動通信において,広いサービスエリアでのM2M(machine to machine)通信が検討されている.この様... [more] RCS2019-161
pp.79-84
CCS, IN
(併催)
2019-08-01
16:55
北海道 KIKI 知床 ナチュラルリゾート [招待講演]「天・地・人」次世代災害支援システム
董 冕雄室蘭工大IN2019-17
「自然災害の脅威にどう向き合うか」は永遠の課題である。現在、防災・減災の主流は、緊急地震速報など、いかに正確かつ迅速に通... [more] IN2019-17
p.19
IA, ICSS
(共催)
2019-06-06
15:05
宮城 東北大学 電気通信研究所 本館6階大会議室 ネットワーク機能の異なった端末が混在するD2DネットワークのSDN型制御方式の設計
数田直之生出真人和泉 諭阿部 亨菅沼拓夫東北大IA2019-2 ICSS2019-2
携帯端末同士が直接通信するDevice-to-Device (D2D)ネットワークは,
LTEや3Gに代表される公衆無... [more]
IA2019-2 ICSS2019-2
pp.7-12
ICTSSL 2019-05-31
10:25
北海道 北海道中小企業会館 避難者リスト作成・照会システムのレジリエンス確保に関する実験的検証
西浦升人相川進一宮本進生構造計画研)・田上敦士植田一暁KDDI総合研究所ICTSSL2019-6
災害発生時に避難所で稼働する情報システムを設計する上で重要なことは,想定外の事象で機能不全に陥らないシステムを設計するこ... [more] ICTSSL2019-6
pp.27-32
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター C-V2Xを利用した衝突警告アプリケーションにおける端末間干渉を考慮 した送信機会スケジューリング手法の提案および評価
川崎綾也村瀬 勉名大IN2018-122
衝突警告アプリケーション(CWA)で使用される車車間・歩車間通信(V2X)について、LTE通信方式を使用したPC5-ba... [more] IN2018-122
pp.229-234
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
14:45
大阪 大阪大学 中之島センター クラスタリング手法を用いた端末間リレーに関する検討
大塚正誉斎藤 恵嶋本 薫早大IT2018-67 SIP2018-97 RCS2018-274
セルラ通信においてトラヒック低減やネットワーク内の全体容量の向上を目的に端末間リレーに関する研究が多く行われている.先行... [more] IT2018-67 SIP2018-97 RCS2018-274
pp.185-190
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
15:50
北海道 函館アリーナ D2D型SNSにおけるカスケード障害の影響を低減する最適ネットワーク構成法
横井花深橘 拓至福井大NS2018-82
Device-to-device (D2D)型ソーシャルネットワークサービス (D2D型SNS)では,D2D通信を行う物... [more] NS2018-82
pp.229-234
RCS 2018-06-20
14:50
長崎 長崎大学 複数周波数帯を利用した中継伝送におけるチャネル選択方法に関する一検討
羽生文香川本雄一西山大樹加藤 寧東北大)・江頭直人矢野一人熊谷智明ATRRCS2018-42
離島や山間部のように通信インフラが未整備の場合や災害により基地局が損壊した場合など,端末間通信の需要が拡大している.その... [more] RCS2018-42
pp.43-48
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会