電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SCE 2016-01-21
09:30
東京 機械振興会館 両極性出力型DFQアンプの提案と動作実証
渡邉智希電通大)・島田 宏水柿義直電通大/JSTSCE2015-36
交流電圧標準への応用を目指し、単一磁束量子(Single Flux Quantum: SFQ)回路を用いた周波数変調型(... [more] SCE2015-36
pp.1-6
NLP 2015-01-27
10:05
大分 コンパルホール 重区分線形カオス発生系を用いたAD/DAコンバータ
鈴木翔太郎木村一行斉藤利通法政大NLP2014-131
本論文では重区分線形系(MPL)を用いたA/Dコンバータ、及びそれに対応したD/Aコンバータについて述べる。
最初にM... [more]
NLP2014-131
pp.107-112
SR 2014-05-23
13:45
神奈川 東芝研修センター 1ビットデジタルRFにおける非対称成分推定法の提案
前畠 貴住友電工)・亀田 卓末松憲治東北大SR2014-16
1ビットデジタルRF送信器の出力波形は、矩形波形を理想とするが、実際は回路の有するスルーレートの影響から滑らかな波形とな... [more] SR2014-16
pp.103-109
ICD 2014-01-28
15:00
京都 京都大学時計台記念館 [ポスター講演]ディジタル支援アナログ技術による低消費電力無線通信用Δ-ΣD/A変換器の設計
大原賢治鎌田隆嗣王 軍阪大)・岡田隆志山口雅之プロアシスト)・松岡俊匡阪大ICD2013-112
無線通信用D/A変換器の低消費電力化を図るため,消費電力の大きいアナログ回路の機能をディジタル回路で置き換える,ディジタ... [more] ICD2013-112
pp.31-33
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-18
15:40
福岡 福岡大学 フィードフォワード型歪補償によるバンドパスΔΣ変調器の開発
前畠 貴戸谷一幸住友電工)・亀田 卓末松憲治東北大RCS2012-143 SR2012-63 AN2012-37 USN2012-40
本提案は、BP-DSMを用いた1ビットデジタルRF送信器におけるフィードフォワード型歪補償技術について報告する。この送信... [more] RCS2012-143 SR2012-63 AN2012-37 USN2012-40
pp.107-114(RCS), pp.165-172(SR), pp.77-84(AN), pp.71-78(USN)
ED, MW
(共催)
2012-01-12
11:00
東京 機械振興会館 0.5-um InP HBTによる光通信用60-GS/s D/A変換器
長谷宗彦野坂秀之佐野公一村田浩一栗島賢二井田 実NTTED2011-131 MW2011-154
100 Gb/s/chを超える高速・大容量光通信システムに向けて,16-QAMや64-QAMといった高度な多値変調技術の... [more] ED2011-131 MW2011-154
pp.69-74
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-28
16:05
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 省面積抵抗ストリングDACと閉ループ・オフセット検出を用いたCMOSオペアンプのオフセット校正
森本浩之後藤弘明九工大)・藤原 宗新日本無線)・中村和之九工大VLD2011-65 DC2011-41
オペアンプ回路のオフセット補正を、製造後に可能にする新規回路方式を開発した。クローズドループ型の補正フィードバック方式を... [more] VLD2011-65 DC2011-41
pp.79-84
MW, ED
(共催)
2011-01-13
16:05
東京 機械振興会館 光多値伝送に向けたInP HBT技術による高速D/A変換器
長谷宗彦野坂秀之山中祥吾佐野公一村田浩一NTTED2010-180 MW2010-140
100 Gb/s/chを超える高速・大容量光通信システムに向けて,16-QAMや64-QAMといった高度な多値変調技術の... [more] ED2010-180 MW2010-140
pp.29-33
ICD 2010-12-16
15:10
東京 東京大学 先端科学技術研究センター [ポスター講演]CMOS R-2Rラダー回路のチャネル幅調整による線形性最適化に関する研究
加藤雄大範 公可電通大ICD2010-105
本論文では,各ビットセルのチャネル幅を調整することでCMOS R-2Rラダー回路の線形性を最適化する方法を紹介する.回路... [more] ICD2010-105
pp.59-63
NLP 2010-01-22
11:40
岐阜 飛騨・高山 「煥章舘」(高山市 図書館) スパイキングニューロンに基づくD/Aコンバータの解析
瀧口真男斎藤利通法政大NLP2009-152
簡素なスパイキングニューロンに基づくD/Aコンバータについて考察する。スパイキングニューロンはベース信号のパラメータを固... [more] NLP2009-152
pp.71-74
NC, NLP
(共催)
2009-07-14
10:00
奈良 奈良先端大 スパイキングニューロンに基づくD/Aコンバータの復号化特性
瀧口真男斎藤利通法政大NLP2009-34 NC2009-27
簡素なスパイキングニューロンに基づくD/Aコンバータの復号化特性について考察する。まず、1次元リターンマップで記述される... [more] NLP2009-34 NC2009-27
pp.109-112
ICD, ITE-IST
(共催)
2008-10-22
14:45
北海道 北海道大学 情報教育館3F Cyclic方式D/Aコンバータの特徴を生かしたリニアリティ特性改善手法
齋藤 航小林英尚松本哲也四柳道夫NECエレクトロニクスICD2008-62
Cyclic方式D/Aコンバータ(DAC)の単調性を保証できるようにするために、このDACの特徴を生かしながら、リニアリ... [more] ICD2008-62
pp.19-24
LQE, OPE
(共催)
2007-06-29
16:40
東京 機械振興会館 半導体光ディジタル・アナログ変換器の動作条件に関する検討
澤田憲吾植之原裕行東工大OPE2007-28 LQE2007-29
我々は,高速かつ低消費電力で転送処理が可能な光パケットスイッチの実現を目標に,半導体光D/A変換(ODAC)型光ラベル識... [more] OPE2007-28 LQE2007-29
pp.65-70
NLP 2007-03-06
10:15
宮城 東北大学片平さくらホール 浮動小数点表示に対応したResistive ladder D/Aコンバータ
戸村宏行斎藤利通法政大
本論文では、浮動小数点数Resistive ladder D/A コンバータの回路モデルを提案する。
この回路モデルで... [more]
NLP2006-157
pp.17-20
SIP, CAS, CS
(共催)
2007-03-05
14:30
鳥取 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ 無線LAN用10bit, 40MSample/s 電流出力型D/A変換器の設計
大滝信二上野武司板倉哲朗東芝CAS2006-87 SIP2006-188 CS2006-104
CMOS素子の微細化に伴い、電源電圧は減少し続けており、90nmプロセスでは、デジタル回路の電源電圧は1.2Vまで下がっ... [more] CAS2006-87 SIP2006-188 CS2006-104
pp.57-61
OPE, LQE
(共催)
2006-06-30
16:15
東京 機械振興会館 半導体ディジタル・アナログ変換器の動作特性に関する基礎検討
澤田憲吾植之原裕行東工大
我々は,高速かつ低消費電力で転送処理が可能な光パケットスイッチの実現を目指しており,シリアルなラベル情報を光レベルでディ... [more] OPE2006-25 LQE2006-29
pp.49-54
NLP 2006-01-25
13:25
徳島 四国大学 区分線形分岐ニューロンのパルス符号/復号特性について
田中 綾斎藤利通鳥飼弘幸法政大
分岐ニューロンに基づくA/Dコンバータ(以下 ADC)およびD/Aコンバータ(以下 DAC)を紹介する。
パルス間隔変... [more]
NLP2005-130
pp.33-37
NLP 2005-03-26
09:30
東京 東京大学(本郷,山上会館) 分岐ニューロンに基づくD/Aコンバータについて
松原大祐前川達郎鳥飼弘幸斎藤利通法政大
分岐ニューロンに基づくA/DおよびD/Aコンバーターについて考察する。はじめに、コンバーターと一次元力学系の関係について... [more] NLP2004-125
pp.1-5
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会