電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2021-02-19
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]光ファイバシステムによる変位計測
田中洋介東京農工大OFT2020-68 OPE2020-89
通信用光ファイバ、変調器、増幅器等の利用により、干渉計や強度相関処理系のような光計測の中心的な役割を果たす光学系が容易に... [more] OFT2020-68 OPE2020-89
pp.58-61(OFT), pp.63-66(OPE)
MBE 2019-05-19
09:50
新潟 新潟大学 円板状半月板をもつ膝関節における大腿骨顆部形状の定量評価
平野健流林 豊彦新潟大)・渡邊 聡新潟医療センターMBE2019-3
膝関節にかかる負荷を分散させるために,脛骨関節面上の内外側に半月板が軟部組織として配置されている.正常な半月板は三日月状... [more] MBE2019-3
pp.13-18
SANE 2017-08-25
10:00
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 曲面アレーのビーム走査特性に関する理論解析
岡 武小林弘一阪工大SANE2017-34
任意形状のコンフォーマル曲面アレーによる放射特性について解析的に考察する. 曲面アレーのビーム走査を行うには, 素子座標... [more] SANE2017-34
pp.31-36
MBE, NC
(併催)
2016-12-07
15:30
愛知 豊橋技術科学大学 楕円運動におけるべき乗則を用いた運動評価に関する研究
大山剛史綾部誠也犬飼義秀齋藤誠二高戸仁郎迫 明仁岡山県立大NC2016-44
ヒトの上肢の楕円運動において,軌道の速度と曲率の間にべき乗則で表される関係があることが経験的に知られている.本研究は楕円... [more] NC2016-44
pp.25-30
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]フレキシブルパラメトリックスピーカを用いた可変放射特性の評価
小森慎也生藤大典福森隆寛中山雅人西浦敬信立命館大EA2015-98 SIP2015-147 SP2015-126
鋭い放射特性を有するパラメトリックスピーカは,特定の受聴者に対して空間的な可聴領域(可聴エリア)を構築できる.しかし,従... [more] EA2015-98 SIP2015-147 SP2015-126
pp.183-188
PRMU, MI, IE, SIP
(共催)
2014-05-22
15:50
愛知 名古屋工業大学 腹部マルチスライスCT画像を用いた大腸ポリープの検出法
河野洋平鈴木秀宣河田佳樹仁木 登徳島大)・飯沼 元国立がん研究センター中央病院)・森山紀之東京ミッドタウンクリニック健診センターSIP2014-5 IE2014-5 PRMU2014-5 MI2014-5
大腸がんの死亡率は増加傾向にあり,男性で3位,女性で1位と高い(2012年).大腸がんは早期発見・早期治療が重要な病気で... [more] SIP2014-5 IE2014-5 PRMU2014-5 MI2014-5
pp.21-24
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2013-09-12
15:35
東京 早稲田大学早稲田キャンパス [招待講演]対数美的曲線について
吉田典正日大)・斎藤隆文東京農工大SIS2013-22
BézierやB-splineに代表される自由曲線は,曲線の曲率を制御することが困難である.一方,自動車のボディのような... [more] SIS2013-22
pp.49-52
NC, IPSJ-BIO
(連催)
2013-06-27
16:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 遮蔽輪郭における多重解像度曲率情報に基づく一般物体認識手法
松田雄馬小川雅嗣NEC)・矢野雅文東北大NC2013-2
常に状況が変化する実空間から物体を知覚する際,大脳視覚野は,限られた時間の中で得られる不完全な情報から,物体を推定する必... [more] NC2013-2
pp.29-34
MBE, NC
(併催)
2013-03-13
13:20
東京 玉川大学 面表現に基づく情報統合により生起される曲率選択性
羽鳥康裕酒井 宏筑波大NC2012-146
低次の視覚領野により符号化された局所的な情報を統合することにより,高次領野における複雑な形状に対する選択性が生成される.... [more] NC2012-146
pp.73-78
MBE, NC
(併催)
2013-03-13
13:20
東京 玉川大学 A novel fiber tracking method with MR-DTI based on curvature and torsion for crossing area of multiple nerve bundles
Utako YamamotoAkifumi HisadaTetsuo KobayashiKyoto Univ.MBE2012-91
 [more] MBE2012-91
pp.19-24
MI 2012-10-29
15:00
山口 山口大学 A Study of Automatic 3D Fetal Face Detection By Locating Facial Features From 3D Ultrasound Images for Navigating FETO Surgeries
Rong XuJun OhyaBo ZhangWaseda Univ.)・Yoshinobu SatoOsaka Univ.)・Masakatsu G. FujieWaseda Univ.MI2012-59
 [more] MI2012-59
pp.59-64
NC 2012-10-05
14:15
福岡 九州工業大学 生命体工学研究科 Coarse to Fine構造を持つ曲率情報表現を用いた形状認識手法
松田雄馬小川雅嗣NEC)・矢野雅文東北大NC2012-55
大脳視覚野では,物体はその形状輪郭の曲率を用いて
階層的に表現されていることが示唆されており,
これに基づく様々な物... [more]
NC2012-55
pp.109-114
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2012-09-21
11:20
大阪 鳥取県関西本部交流室(大阪梅田) 画像曲面のガウス曲率を用いたインパルス雑音検知手法
近木邦彦三浦 翔辻 裕之木村誠聡神奈川工科大SIS2012-27
モノクロ画像を曲面とみなして求めたガウス曲率をもとに,インパルス雑音を精度よく検出する手法の提案を行った.インパルス雑音... [more] SIS2012-27
pp.69-74
US 2012-08-27
10:40
海外 釜慶大学校(韓国、釜山) Focal range control of focused ultrasonic field by curvature changing of transducer
Jungsoon KimTongmyong Univ.)・Moojoon KimKanglyeol HaPukyong National Univ.US2012-33
In the underwater imaging field, the control of the focal le... [more] US2012-33
pp.1-4
MBE, NC
(併催)
2012-03-16
14:10
東京 玉川大学 近赤外光の角膜反射像を用いた視線追跡の高精度化に関する検討
山田泰生疋田真一小林康秀小野貴彦齊藤充行広島市大MBE2011-142
近赤外光の角膜反射像を用いた視線計測法では,角膜と眼球を真球としてモデル化し,角膜曲率中心と眼球回転中心を結ぶ直線から視... [more] MBE2011-142
pp.185-188
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
14:35
東京 玉川大学 画素並列ハードウェアのための曲率を有する主観的輪郭生成アルゴリズム
山口雄一郎森江 隆九工大NC2010-138
イメージセンサで獲得した自然画像では,照明条件やコントラストの関係で輪郭エッジ情報が欠落する場合が多い.しかし人間は,こ... [more] NC2010-138
pp.65-70
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2010-06-10
15:15
宮城 東北大学電気通信研究所 狭トラック記録再における転移湾曲の信号品質に与える影響
椎本正人片田裕之浦上洋輔橋本光弘杉山幹人市原貴幸中本一広西田靖孝日立MR2010-4
転移湾曲が狭トラック記録において問題となるトラックエッジノイズへ与える影響を実測と計算から検討した.転移湾曲およびクロス... [more] MR2010-4
pp.27-32
SIP, CAS, CS
(共催)
2010-03-02
13:45
沖縄 宮古島 ブリーズベイマリーナ 適応閾値画像コーナー検出曲率尺度空間に基づいて
ホセイン エムディ フォイサル宮平良彦アシャリフ モハマッドレザー琉球大)・山下勝己阪府大CAS2009-140 SIP2009-185 CS2009-135
 [more] CAS2009-140 SIP2009-185 CS2009-135
pp.297-300
ITE-AIT, IE, ITE-HI, ITE-ME, ITS
(共催)
2010-02-15
13:25
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 色空間の曲率に関する考察とその応用
藤稿航平趙 晋輝中大ITS2009-42 IE2009-136
色空間がRiemann空間であるということが知られている. Riemann幾何学を利用することで, 色空間にRieman... [more] ITS2009-42 IE2009-136
pp.29-34
MI 2009-07-15
11:20
東京 産総研臨海副都心センター 別館11F 会議室1 X線CT画像における脊柱の彎曲角度の定量化法の開発とその評価
林 達郎周 向栄陳 華岳原 武史岐阜大)・横山龍二郎兼松雅之岐阜大医学部附属病院)・星 博昭藤田広志岐阜大MI2009-45
脊柱の彎曲はバランスの維持に寄与し,正常な彎曲の維持は重要である.本研究の目的は,X線CT画像において脊柱の彎曲を定量化... [more] MI2009-45
pp.29-32
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会