お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT, OCS
(併催)
2015-08-27
16:40
北海道 小樽経済センター モード多重伝送におけるチャネル間信号品質差補償の検討
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司山本文彦中島和秀NTTOCS2015-33
モード多重(MDM)伝送技術は,従来の光ファイバ伝送の容量限界を打破する技術として注目されている.MDM伝送において,モ... [more] OCS2015-33
pp.13-18
EA 2013-08-09
14:00
宮城 東北大学 動的トランスオーラル再生による音像定位
大谷 真倉林宏明伊東一典橋本昌巳香山瑞恵信州大EA2013-58
バイノーラル方式による立体音響再生システムの再生系の一つとして,小数のスピーカとクロストークキャンセラを用いるトランスオ... [more] EA2013-58
pp.29-34
OPE, LQE, OCS
(共催)
2012-10-26
13:05
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 高集積Siフォトニクス8×48トランスポンダアグリゲータ試作とクロストーク特性評価
竹下仁士樋野智之NEC)・石井紀代来見田淳也並木 周産総研)・高橋重樹中村 滋田島章雄NECOCS2012-66 OPE2012-117 LQE2012-83
我々は、近年、研究開発が活発であるCDC-ROADM向けに、Siフォトニクス技術を利用した高集積光スイッチを開発し、8方... [more] OCS2012-66 OPE2012-117 LQE2012-83
pp.129-134
RCS, SIP
(共催)
2012-01-27
11:15
福岡 福岡大学 骨伝導ヘッドホンを用いた立体音響提示のためのクロストークキャンセルに関する一検討
浅野雄二村山 淳相川直幸原田哲也東京理科大SIP2011-100 RCS2011-289
骨伝導を用いて立体音響を実現するためには,クロストークのキャンセルが必要となる.本研究ではクロストークをキャンセルするた... [more] SIP2011-100 RCS2011-289
pp.127-132
OFT 2012-01-19
15:00
香川 サンポートホール高松 マルチコアファイバのクロストーク低減に関する検討
田中正俊山本哲也木下貴陽楠 修一谷口浩一三菱電線OFT2011-58
一心あたりの伝送容量を拡大する目的で、空間多重を利用したマルチコアファイバの検討が進められている。しかし、一心のファイバ... [more] OFT2011-58
pp.15-18
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2011-12-09
09:05
愛知 名古屋工業大学 分離グラウンドパターンをもつ車載用プリント配線基板上の平行2配線間FM帯クロストーク特性
飯田導平デンソー/名工大)・前野 剛デンソー)・王 建青藤原 修名工大EMCJ2011-96
スリット付き共通グラウンドパターンを持つ車載プリント回路基板(PCB)からワイヤハーネスを経由して流出する伝導雑音電流が... [more] EMCJ2011-96
pp.1-6
CPM 2011-09-16
16:40
東京 機械振興会館 10層320 GB,16層512 GBの超多層記録型光ディスクの特性および媒体構造の簡略化のための記録層設計指針
菊川 隆井上素宏小須田敦子丑田智樹TDKCPM2011-108
Blu-ray Discの光学系を利用する超多層記録型光ディスクにおいて,記録材料としてBi-Ge-Oを用いることにより... [more] CPM2011-108
pp.37-41
OFT, OCS
(併催)
2011-08-25
14:05
北海道 とかちプラザ マルチコア光ファイバの最適製法に関する検討
田中正俊山本哲也木下貴陽楠 修一谷口浩一三菱電線OFT2011-18
通信トラヒックの増加に対応するために、1本の光ファイバに多数のコアを収納したマルチコア光ファイバが検討されている。本報告... [more] OFT2011-18
pp.11-14
EMCJ, ITE-BCT
(連催)
2011-03-11
15:20
東京 機械振興会館 車載用プリント配線基板における平行2配線間クロストークのグラウンドパターンサイズ依存性
飯田導平前野 剛デンソー)・王 建青藤原 修名工大EMCJ2010-126
スリット付き共通グラウンドパターンを持つ車載プリント回路基板(PCB)からワイヤハーネスを経由して流出する伝導雑音電流が... [more] EMCJ2010-126
pp.45-49
HIP 2011-02-22
11:00
沖縄 沖縄国際大学 筋骨格モデルを基にした擾乱に対する指先力変化からの筋活動度推定法
友田桂樹京大)・横小路泰義神戸大HIP2010-88
人間の手の器用さを解析するために指の運動に関わる各筋の活動度を調査をする必要があるが,非侵襲で安全な方法である表面筋電図... [more] HIP2010-88
pp.51-56
EMCJ 2011-01-28
12:45
熊本 熊本高等専門学校 熊本キャンパス 遠端クロストーク低減に向けたコンデンサ付加システム
寺島一彰佐々木伸一佐賀大EMCJ2010-108
情報機器の高速化・高機能化に伴い,高密度配線板さらにはLSIの内部配線におけるクロストーク低減は重要な課題の1つである.... [more] EMCJ2010-108
pp.49-53
EA 2010-10-21
18:35
石川 金沢市近江町交流プラザ クロストーク遮音材と頭部がステレオ再生時における両耳間相互相関におよぼす影響
太田貴仁降旗建治信州大EA2010-69
2チャンネルステレオ再生システムでのサラウンド音場再生のためには,演奏会場の聴衆の右耳に相当する右マイクで録音した音,左... [more] EA2010-69
pp.67-72
OCS, OFT
(併催)
2010-08-27
13:25
北海道 旭川ときわ市民ホール マルチコアファイバにおけるAeff拡大とマイクロベンド損失低減に関する検討
今村勝徳武笠和則杉崎隆一古河電工OCS2010-49
マルチコアファイバのAeff拡大検討を行い,ソリッドファイバにおいて,曲げ損失を一定に保つことでコア間干渉を増大すること... [more] OCS2010-49
pp.75-80
EMCJ, EMD
(共催)
2010-07-16
15:20
東京 機械振興会館 車載用プリント配線基板におけるFM帯平行2配線間クロストークのリターングラウンドサイズ依存性
飯田導平前野 剛デンソー)・藤原 修名工大EMCJ2010-38 EMD2010-23
スリットつき共通グラウンドパターンを持つ車載プリント回路基板(PCB)からワイヤハーネスを経由して流出する伝導雑音電流が... [more] EMCJ2010-38 EMD2010-23
pp.37-42
MW, EMCJ
(共催)
2008-10-23
14:55
山形 山形大学(米沢) プリント回路基板の平行2配線間におけるFM帯クロストークの特性とその機構
前野 剛デンソー/名工大)・上山博也名工大)・飯田導平デンソー)・藤原 修名工大EMCJ2008-62 MW2008-106
スリット付き共通グラウンドを持つ車載プリント回路基板(PCB)からワイヤハーネスを経由して流出する伝導雑音電流が車載FM... [more] EMCJ2008-62 MW2008-106
pp.17-22
EMCJ 2007-01-26
15:15
鹿児島 鹿児島県市町村自治会館 有限要素法による容量計算値を用いた電力線と通信線間誘導特性解析精度改善法
上野孝行濱浦瞬司桑原伸夫九工大)・秋山佳春NTTEMCJ2006-107
電力線通信は新たなホームネットワークの手段として注目されている.電力線通信は家庭内に整備されている電力線を利用して信号を... [more] EMCJ2006-107
pp.51-56
ICD, ITE-IST
(共催)
2006-07-27
10:00
静岡 静岡大学(浜松キャンパス内) 差動構成VCOにおけるデジタル・クロストーク雑音の評価
外谷昭洋広島大)・村坂佳隆大本貴文エイアールテック)・岩田 穆広島大/エイアールテック
CMOS集積回路の高速化に伴い,RF回路と論理回路を混載したシステムオンチップ(RF-SOC)が無線システムや高速ネット... [more] ICD2006-60
pp.1-6
ICD, CPM
(共催)
2005-09-09
09:50
東京 機械振興会館 高速差動バス配線の伝送特性解析
常盤 豪須藤俊夫東芝)・鶴田信博東芝デジタルメディアエンジニアリング)・西田義広東芝
CPUの高性能化に伴い、チップ間の信号伝送能力の向上が不可欠となり、プリント配線基板上の信号伝送速度はGHz領域に突入し... [more] CPM2005-97 ICD2005-107
pp.7-12
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会