お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2019-03-10
12:10
高知 高知工科大 永国寺キャンパス 実写映像と立体音響を用いたクロスモーダルによる風覚提示
井上治輝宗田大悟郎濱本和彦程島奈緒東海大HIP2018-96
バーチャルリアリティ(VR)の分野で風の感覚を与えることは難しい.そこで,本研究では視覚と聴覚を用いたクロスモーダルによ... [more] HIP2018-96
pp.69-74
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
10:40
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [招待講演]クロスモーダル情景分析の展開
柏野邦夫NTTEA2017-166 SIP2017-175 SP2017-149
情景分析とは,センサ情報に基づいて,周囲に存在する様々な事物,及びその時空間的な配置や動向を把握することを意味し,心理学... [more] EA2017-166 SIP2017-175 SP2017-149
p.353
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
15:30
沖縄 名桜大 飲料の彩度変化が味の濃さと明瞭さに与える影響
西村幸泰橋田朋子早大IMQ2015-42 IE2015-141 MVE2015-69
筆者らは視覚情報を操作することで味覚を変化させることを目指し,ヘッドマウントディスプレイ上で食品の彩度を置換提示するシス... [more] IMQ2015-42 IE2015-141 MVE2015-69
pp.79-83
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
14:45
大分 別府国際コンベンションセンタ 食品の視覚情報と咀嚼音の重畳を用いたクロスモーダル効果による食感変化
飯島大地小池崇文法政大IMQ2013-40 IE2013-149 MVE2013-78
本研究では視覚と聴覚のクロスモダリティを利用して食感を変化させる実験を行う.私たちは食経験の拡充のために食品の見た目と咀... [more] IMQ2013-40 IE2013-149 MVE2013-78
pp.83-86
NC, MBE
(共催)
2013-09-25
11:20
新潟 新潟大学 駅南キャンパス クラシック音楽を聴いた時の脳活動とそのクロスモダリティに関する研究
武田美咲中川匡弘長岡技科大MBE2013-54 NC2013-40
本研究は,「クラシック音楽を聴いている時にその音楽から情景が思い浮かぶ」といった状況におけるクロスモーダルメカニズムを理... [more] MBE2013-54 NC2013-40
pp.101-105
IPSJ-DPS, IPSJ-GN, IPSJ-EIP
(共催)
CQ, MoNA
(併催) [詳細]
2013-09-12
09:20
石川 金沢工業大学 音声・ビデオIP伝送における音声とビデオの時間・空間品質がQoEに及ぼす影響
小野浩史布目敏郎名工大CQ2013-30
本報告では,音声・ビデオIP伝送において,音声・ビデオの出力方式による時間・空間品質の違いがQoEに及ぼす影響を調査する... [more] CQ2013-30
pp.11-16
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2013-06-25
13:15
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 見かけの移動量の操作による持ち上げ時重量知覚の操作
對間祐毅伴 祐樹鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2013-6
本研究の目的は,感覚間相互作用を用いることにより複雑な機構を用いずに重量提示を行うシステムを構築することである.本研究で... [more] MVE2013-6
pp.1-6
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
16:30
福岡 福岡工業大学 [特別講演]錯覚応用インタフェースと五感情報通信
鳴海拓志東大IMQ2012-69 CQ2012-88 IE2012-173 MVE2012-130 WIT2012-79
情報通信技術の進展により,従来扱われてきた映像や音声だけでなく,人間が感じる五感の情報すべてを通信によって伝送し,遠隔地... [more] IMQ2012-69 CQ2012-88 IE2012-173 MVE2012-130 WIT2012-79
pp.199-202(IMQ), pp.27-30(CQ), pp.199-202(IE), pp.199-202(MVE), pp.199-202(WIT)
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2012-06-27
10:25
東京 東京大学山上会館 拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作手法の基礎検討
藤井達也伴 祐樹井村 純鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2012-20
物体を持ち上げた時に生じる重量知覚は,物体の重量だけでなくその形や色の影響を受けて変化することが知られている.本研究では... [more] MVE2012-20
pp.67-72
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2011-06-29
14:45
東京 東京大学山上会館 Pseudo-Hapticsを利用した三次元曲面の形状知覚操作に関する基礎的検討
伴 祐樹梶波 崇鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2011-27
本研究ではPseudo-Haptics を利用することで,多様な形状をなぞる感覚を,簡易な機構で提示可能な視触覚システム... [more] MVE2011-27
pp.67-72
MBE 2011-01-28
16:15
鹿児島 鹿児島大学 触覚と聴覚と視覚の相互作用の検討
川端俊一川畑匠朗山田正文柳田聖香塗木淳夫湯ノ口万友鹿児島大)・John RothwellUniv. College LondonMBE2010-101
人間は感覚情報をもとに外界からの刺激を感じ取り,自覚的な体験として処理する.この処理の際に,視覚や聴覚といった個々の感覚... [more] MBE2010-101
pp.121-124
PRMU, SP, MVE, CQ
(共催)
2010-01-22
15:20
京都 京大 味覚ディスプレイに関する研究第二報 ~ 飲料への色の重畳を用いたクロスモーダルな味提示手法の評価 ~
鳴海拓志佐藤宗彦谷川智洋廣瀬通孝東大CQ2009-102 PRMU2009-201 SP2009-142 MVE2009-124
味覚は,化学的信号の組み合わせからだけではなく,温度や食感,視覚,嗅覚,記憶といったようなさまざまな要素の組み合わせから... [more] CQ2009-102 PRMU2009-201 SP2009-142 MVE2009-124
pp.311-316
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-09
14:00
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 視覚情報を利用した味覚ディスプレイに関する基礎的検討
鳴海拓志東大/学振)・二俣智栄東大/東芝)・西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-20
視覚や聴覚に対する情報提示が物理信号によって実現可能であるのに対し,味覚は化学的な信号から構成されている.そのため,これ... [more] MVE2009-20
pp.107-112
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会