お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 91件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター 組み込み向けHMM音声合成における大規模音声コーパスの利用に関する検討
西澤信行小原朋広石先広海KDDI総合研究所EA2019-141 SIP2019-143 SP2019-90
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EA2019-141 SIP2019-143 SP2019-90
pp.231-236
NLC 2020-02-16
14:20
東京 成蹊大学 議論参加者の陳述評価に向けた複数人議論コーパスの構築
塩田 宰嶋田和孝九工大NLC2019-36
教育において複数人議論を活用する機会が増加しており,物事を明確かつ論理的に伝える力が重要になってきている.教育という観点... [more] NLC2019-36
pp.1-6
CNR 2019-08-28
11:00
北海道 札幌市資料館 人形遊戯におけるオノマトペと動作の相互想起
高橋拓也・○角 康之公立はこだて未来大CNR2019-13
オノマトペは動作の様子や程度を表現するのに優れている言語である.言語表現である以上,同じオノマトペ表現に対して多くの人が... [more] CNR2019-13
pp.7-12
TL 2019-07-27
14:40
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス Evidentiality, Modality and Causality -- corpus and neurolinguistic studies --
Yurie HaraWU)・Naho OritaTokyo University of Science)・Deng YingUT)・Takeshi Koshizukaokyo University of Science)・Hiromu SakaiWUTL2019-13
 [more] TL2019-13
p.15
TL 2019-07-27
15:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス Can Japanese children learn polite speech from parental input?
Franklin ChangKobe City U.)・Tomoko TatsumiKobe U.)・Hirofumi HayakawaTamagawa U.)・Misa YoshizakiNatsuki OkaKITTL2019-14
 [more] TL2019-14
pp.17-19
SP 2019-06-13
15:25
神奈川 東京工業大学(横浜) [招待講演]音声コーパス設計と次世代の音声研究に向けた提言
高道慎之介東大SP2019-5
深層学習を含む機械学習技術の発展により,音声言語処理の研究は,今まで以上に更なる多様性を求められている.故に,多様な音声... [more] SP2019-5
p.25
AI 2018-12-07
15:55
福岡 九州大学 伊都キャンパス 音声による感情推定のための仮想敵対的学習によるモデル平滑化
桑原豊明清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大AI2018-30
音声による感情推定は深層学習の発展に伴い、より高い精度での推定を可能としている。しかし深層学習を用いた感情推定の多くは教... [more] AI2018-30
pp.25-29
TL 2018-07-28
16:40
東京 慶応大学 [ポスター講演]TIME IS MONEY in Classical Chinese
Ian JooCityU HK)・Ying HanShanxi Technology And Business Univ.TL2018-22
TIME IS MONEY is a metaphor prevalent in contemporary Englis... [more] TL2018-22
pp.49-52
ET 2018-01-27
16:05
兵庫 神戸大学 文の構造的指標に基づく分かりにくい文の分類方法の検討
大野博之東京医療保健大)・稲積宏誠青学大ET2017-88
本研究は,文章指導の観点から,個々の文を対象とし,文の構造的特徴として,何が分かりにくさに影響を与えているのかを探るもの... [more] ET2017-88
pp.45-50
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-22
14:40
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター 自然対話における発話の文脈を考慮した笑い声合成の検討
永田智洋森 大毅宇都宮大SP2017-65
従来の笑い声合成研究のほとんどは対話場面における笑い声を対象としておらず,対話場面に頻出する言語音を伴う笑い声を合成した... [more] SP2017-65
pp.93-98
WIT 2017-08-28
16:10
秋田 秋田大学理工学部 気象情報を対象とした手話CG翻訳システムの改良と評価
加藤直人宮﨑太郎NHK)・井上誠喜NHKメディアテクノロジー)・内田 翼東 真希子梅田修一山内結子住吉英樹NHK)・比留間伸行NHKエンジニアリングシステム)・長嶋祐二工学院大WIT2017-19
気象情報の日本語テキストから手話CGに自動的に変換する手話CG翻訳システムを開発している.当初開発した手話CG翻訳システ... [more] WIT2017-19
pp.27-32
TL 2017-03-21
14:30
愛知 名古屋国際センター 3F第1研修室 感情的反応についてのコーパス構築と単語の傾向分析
竹内 瞭岩瀬友紀徳久雅人木村周平鳥取大TL2016-71
本稿は,感情的な反応の表現を収録したコーパス,および,その表現に用いられる単語の分析結果について報告する.感情的反応を文... [more] TL2016-71
pp.37-42
TL 2017-03-21
15:45
愛知 名古屋国際センター 3F第1研修室 英語表現分類体系を用いた英語学習支援サイト
宮崎正弘ラングテックTL2016-73
ネットに繋がったパソコン,タブレット,スマホを用い,体系的な英文法を習得・確認すると共に,英語と日本語の文構造・表現の違... [more] TL2016-73
pp.49-54
HCS 2017-01-27
10:50
福岡 なみきスクウェア 臨床心理面接コーパスと感情推移観測システム(EMO system)を用いた傾聴学習支援
花田里欧子東京女子大)・入野俊夫和歌山大)・古山宣洋早大)・井上雅史山形大)・中島隆太郎東大HCS2016-60
あらまし 心理臨床家の育成やその資質向上において,効果を実感できる聴き方の支援を目的に,臨床心理面接コーパスと感情推移... [more] HCS2016-60
pp.5-10
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
10:20
東京 NTT武蔵野研究開発センタ 感情的独話・対話を用いた日本語マルチモーダルコーパスの構築
ヌルル ルービス奈良先端大)・ランディ ゴメスHRI)・サクリアニ サクティ奈良先端大)・中村圭佑HRI)・吉野幸一郎中村 哲奈良先端大)・中臺一博HRISP2016-51
ヒューマンコンピュータインタラクションにおいて感情を用いるため、様々な種類のモダリティにおけるラベルを付与したデータが必... [more] SP2016-51
pp.9-10
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと クロスコーパスラベリングによる感情空間への感情カテゴリのマッピング ~ 音声知覚および音響分析による検討 ~
有本泰子芝浦工大)・森 大毅宇都宮大
感情研究で用いられる感情理論には,主に感情カテゴリと感情次元の二種類がある。音声に含まれる感情については未整備であり,音... [more]
HCS 2016-08-19
13:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス [招待講演]コーパス言語学的手法による音声対話の分析 ~ 認知・相互行為背反の観点から ~
伝 康晴千葉大HCS2016-34
コミュニケーションにおいては、リアルタイムに発話を計画(認知過程)しながら、適切なタイミンク&#1244... [more] HCS2016-34
pp.19-24
EA, ASJ-H
(共催)
2016-08-09
15:25
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス [招待講演]故城戸健一先生のご業績 ~ 音声分野を中心に ~
牧野正三東北文化学園大EA2016-24
電子情報通信学会フェロー,日本音響学会名誉員の故城戸健一先生の御業績のうち,音声分野を中心に紹介する. 城戸先生は音声分... [more] EA2016-24
pp.25-30
TL 2016-07-23
11:30
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス BCCWJ-EyeTracking ~ 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間アノテーション ~
浅原正幸国立国語研)・小野 創津田塾大)・宮本 エジソン 正筑波大TL2016-14
Kennedy and Pynte (2005) は英語・フランス語の新聞社説を呈示サンプルとした母語話者の読み時間デー... [more] TL2016-14
pp.7-12
NLC, TL
(共催)
2016-06-04
15:20
北海道 小樽商科大学 [招待講演]議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築に向けて
木村泰知小樽商科大TL2016-4 NLC2016-4
我々の研究チームは,地方政治に関する研究の活性化・学際的応用を目指して,地方政治コーパスを全国規模で構築し,研究者が利用... [more] TL2016-4 NLC2016-4
pp.17-18
 91件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会