お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 92件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2022-06-08
15:25
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
冗長計算分析とFPGA加速に基づいたコンパクトかつ高速なCNNの実現
李 祺李 恒毅孟 林立命館大RECONF2022-21
近年、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は優れた識別性能で幅広い範囲で応用され、注目されている。しかし、CNNモデ... [more] RECONF2022-21
pp.89-94
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
10:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) テニス映像における選手およびボールの追跡方法に関する一検討
松本浩介神戸大)・玉衛淳輝iret)・黒木修隆神戸大)・平野健介iret)・沼 昌宏神戸大IMQ2021-16 IE2021-78 MVE2021-45
本稿では画像処理によるテニス映像の解析に関する一検討を報告する. 提案手法では,テニスコートの4隅の座標をハフ変換を用い... [more] IMQ2021-16 IE2021-78 MVE2021-45
pp.33-38
IBISML 2022-03-09
09:05
ONLINE オンライン開催 [招待講演]畳み込みニューラルネットワークを用いた流体場の低次元化と欠損情報推定
深潟康二慶大IBISML2021-39
ここ数年,流体力学の諸問題に対する機械学習の応用が盛んに研究されている.本講演では,チャネル乱流における断面速度場の時間... [more] IBISML2021-39
p.32
CNR, BioX
(共催)
2022-03-03
14:00
ONLINE オンライン開催 スペクトログラムを用いた耳介個人認証システムに関する検討
増田壮良関西大)・喜多俊輔大阪技術研)・梶川嘉延関西大BioX2021-48 CNR2021-29
近年,スマートフォンでは,指紋認証や顔認証などの生体認証が普及している.本稿では,スマートフォンでの生体認証として,耳介... [more] BioX2021-48 CNR2021-29
pp.13-16
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-23
11:45
ONLINE オンライン開催 CNNの中間特徴表現を考慮した知識蒸留による敵対的学習
樋口陽光電通大)・鈴木聡志NTT)・庄野 逸電通大NC2021-44
敵対的攻撃とは,入力に対し人工的に設計された微小な摂動を与えることで,畳み込みニューラルネットワーク (Convolut... [more] NC2021-44
pp.59-64
EA, US
(併催)
2021-12-22
15:50
熊本 崇城大学 メインキャンパス SoLA2階 (熊本県熊本市西区池田4-22-1) [ポスター講演]超音波画像およびその振幅統計量を用いたCNN肝線維化ステージ分類に関する基礎検討
一色晶帆氏原裕貴千葉大)・Tai Dar-InTsui Po-Hsiang長庚大)・吉田憲司山口 匡平田慎之介千葉大US2021-52
肝線維化を定量的に推定することで,びまん性肝疾患の進行や治療効果を評価することができる.本研究では,畳み込みニューラルネ... [more] US2021-52
pp.26-30
RCS, NS
(併催)
2021-12-17
14:05
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]畳み込みニューラルネットワークを用いた多端末・多基地局間の通信品質予測に関する性能評価
小野央也坂上裕希成川 聖NTTNS2021-108 RCS2021-191
複数のネットワークから接続先を選択可能な近年の移動端末を,各ネットワークへ最適に収容することは,通信キャリアがユーザの体... [more] NS2021-108 RCS2021-191
pp.59-64(NS), pp.82-87(RCS)
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
10:35
ONLINE オンライン開催 数値表現positを用いたDNNアクセラレータReNAの基礎評価
中原康宏増田雄太木山真人尼崎太樹飯田全広熊本大VLD2021-24 ICD2021-34 DC2021-30 RECONF2021-32
エッジ向けCNN(Convolutional Neural Network) アクセラレータにおいて,演算器の回路面積削... [more] VLD2021-24 ICD2021-34 DC2021-30 RECONF2021-32
pp.43-48
MI, MICT
(共催) [詳細]
2021-11-05
10:00
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]耳下腺の超音波画像を用いたシェーグレン症候群の治療効果の予測
藤原航平武田啓太高木幸則佐々木美穂榮田 智片山郁夫角 美佐酒井智弥長崎大MICT2021-30 MI2021-28
本研究の目的は,唾液腺に慢性炎症を起こすシェーグレン症候群(SS)患者の唾液腺の超音波画像(US画像)から,SSの治療効... [more] MICT2021-30 MI2021-28
pp.15-16
MI, MICT
(共催) [詳細]
2021-11-05
10:25
ONLINE オンライン開催 認知機能テストを用いたアルツハイマー病鑑別手法の高精度化
遠藤大樹伊藤康一青木孝文東北大MICT2021-31 MI2021-29
人口構成の高齢化に伴い, アルツハイマー病 (Alzheimer’s disease: AD) の有病率の上昇が懸念され... [more] MICT2021-31 MI2021-29
pp.17-21
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-05
11:15
ONLINE オンライン開催 四元数畳み込みニューラルネットワークを用いた偏波合成開口レーダ画像の地表分類
柗本侑也夏秋 嶺廣瀬 明東大EMT2021-43
我々は偏波合成開口レーダ(Polarimetric synthetic aperture radar : PolSAR)... [more] EMT2021-43
pp.76-81
IMQ 2021-10-22
13:45
大阪 阪大吹田キャンパス A Tiny Convolutional Neural Network for Image Super-Resolution
Kazuya UrazoeNobutaka KurokiYu KatoShinya OhtaniKobe Univ.)・Tetsuya HiroseOsaka Univ.)・Masahiro NumaKobe Univ.IMQ2021-7
 [more] IMQ2021-7
pp.2-7
RECONF 2021-09-10
10:20
ONLINE オンライン開催 Vitis AIを用いたCNN実装
後山晃彦渡邊誠也名古屋 彰渡邊 実岡山大RECONF2021-19
近年,Xilinx社は様々な構造のAIを高速に評価できる,FPGAを使用した開発環境,Vitis AIを提供している.
... [more]
RECONF2021-19
pp.13-18
CS 2021-07-16
09:40
ONLINE オンライン開催 MIMO無線通信ネットワークにおける教師なし機械学習に基づく送信電力及びビームフォーミング制御
玉田直人張 裕淵府川和彦東工大CS2021-29
セルを高密度に配置するとシステム容量を大幅に改善するが,隣接するセルが重なり合って移動通信においてセル間干渉(ICI)が... [more] CS2021-29
pp.63-68
EMCJ 2021-06-11
13:35
ONLINE オンライン開催 畳み込みニューラルネットワークを用いた車載ワイヤーハーネスの不良判定手法
板谷拓実關根惟敏臼杵 深三浦憲二郎静岡大EMCJ2021-11
本稿では,畳み込みニューラルネットワークに基づく深層学習によって,コモンモード電流を性能の指標にした車載ワイヤーハーネス... [more] EMCJ2021-11
pp.1-6
CCS 2021-03-29
15:40
ONLINE オンライン開催 Depthwise Separable Convolutionを適用した省パラメータな3DCNN
伊藤功騎中野秀洋宮内 新東京都市大CCS2020-27
Convolutional Neural Network(CNN)は画像,音声等様々な分野で成果を挙げている.近年,2D... [more] CCS2020-27
pp.37-41
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
13:00
ONLINE オンライン開催 畳み込みニューラルネットワークにおけるハイブリッドスパース化
野口尚馬山内ゆかり日大NC2020-46
畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は画像分類や物体検出などの分野で高精度を実現している。しかし、大規模なCNNモデ... [more] NC2020-46
pp.21-24
NC, MBE
(併催)
2021-03-04
14:10
ONLINE オンライン開催 ヒトは視覚運動から自己運動を抽出するためにどのような情報を使うか? ~ 機械学習による統計的関係性の記述と内部表現の評価 ~
中村大樹五味裕章NTTNC2020-57
ヒトの視覚野や聴覚野などで行われている情報処理に関する仮説として,Efficient codingという考え方がある. ... [more] NC2020-57
pp.83-88
NC, MBE
(併催)
2021-03-04
16:25
ONLINE オンライン開催 階層型特徴抽出を行う動的強化学習ネットワーク
小松泰士山内ゆかり日大NC2020-62
近年,画像認識分野において成功を収めている畳み込みニューラルネットワークでは,階層構造による畳み込みによって脳の単純型細... [more] NC2020-62
pp.112-116
NC, MBE
(併催)
2021-03-05
13:25
ONLINE オンライン開催 Relay BPにおけるアンサンブル学習の適用
外山慶祐山内ゆかり日大NC2020-70
畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network: CNN)は,画像や音声等とい... [more] NC2020-70
pp.157-162
 92件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会