お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-06
14:40
ONLINE オンライン開催 ディープ・ラーニングを用いた手話認識に関する研究 ~ 手話文からの単語認識 ~
磯谷 光木村 勉豊田高専)・神田和幸国立民族学博物館WIT2020-38
本研究では機械学習を用いた手話認識において,手話文からの単語ごとの認識を目的とする.これまでの研究では,手話単語の動画を... [more] WIT2020-38
pp.47-52
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2020-12-02
09:40
ONLINE オンライン開催 CTCとマスク推定に基づく推論速度の速いEnd-to-End音声認識
樋口陽祐早大)・稲熊寛文京大)・渡部晋治JHU)・小川哲司小林哲則早大NLC2020-13 SP2020-16
Connectionist Temporal Classification (CTC)とマスク推定により非自己回帰的なE... [more] NLC2020-13 SP2020-16
pp.1-6
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2020-06-04
14:00
ONLINE オンライン開催 An experimental comparison of CNN- and CRNN-CTC for automatic phrase speech recognition systems using a children's speech database
Yunzhe WangYu TianHokkaido Univ.)・Yoshikazu MiyanagaCIST)・Hiroshi TsutsuiHokkaido Univ.SIS2020-9
 [more] SIS2020-9
pp.49-54
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
15:45
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
音声認識におけるEncoder-Decoderモデルの注意重みを用いたCTCモデルへの知識蒸留の評価
森谷崇史佐藤 宏田中智大芦原孝典増村 亮篠原雄介NTTEA2019-131 SIP2019-133 SP2019-80
本研究ではConnectionist Temporal Classification(CTC)ベースの音声認識システムの... [more] EA2019-131 SIP2019-133 SP2019-80
pp.175-180
PRMU 2018-12-13
14:55
宮城 東北大学 CTC-VATのための高速事後分布平滑化手法及びその文字列認識への応用
田中遼平小野聡一郎古畑彰夫東芝デジタルソリューションズPRMU2018-80
半教師あり学習では,学習データとその近傍点での事後確率の分布間距離を最小化することで事後確率分布を平滑化するVirtua... [more] PRMU2018-80
pp.29-34
SP 2018-08-27
15:55
京都 京都大学 End-to-Endアプローチに基づく音イベントの記号化
宮﨑晃一林 知樹戸田智基武田一哉名大SP2018-30
本稿では,様々な音イベントの共有可能な記号表現の獲得を目指し,記号化手法としてEnd-to-End アプローチに基づく音... [more] SP2018-30
pp.37-42
PRMU 2017-12-17
09:30
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス Action Sequence Recognition in Videos by Combining a CTC Network with a Statistical Language Model
Mengxi LinNakamasa InoueKoichi ShinodaTokyo TechPRMU2017-101
Action sequence recognition aims to recognize what actions o... [more] PRMU2017-101
pp.1-6
SP 2016-10-27
16:00
静岡 静岡大学 End-to-end音声認識の日本語への適用
伊藤 均萩原愛子一木麻乃三島 剛佐藤庄衛NHK)・小林彰夫NHKエンジニアリングシステムSP2016-47
近年,DNN を用いたend-to-end 音声認識に関する研究が盛んに行われている.先行研究の多くはアルファベットなど... [more] SP2016-47
pp.31-36
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会