お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2020-12-14
10:05
ONLINE オンライン開催 騒音混入下の気導音観測と骨導音の援用によるベイズ推定に基づく音声信号検出
生田 顕折本寿子県立広島大)・長谷川浩治広島県立総合技研EA2020-48
音声認識システムを,手書き困難な作業現場における記録・報告のように,工場の保守点検業務など実環境へ応用する際には,周囲環... [more] EA2020-48
pp.13-18
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
変分自己符号化器を用いた空気・体内伝導音の結合音源モデリングに基づく半教師あり自己発声音強調・抑圧
関 翔悟高田萌絵武田一哉戸田智基名大EA2019-140 SIP2019-142 SP2019-89
自己発声音に対する音声強調・抑圧において,外部雑音に頑健で自己発声音成分を支配的に含む,という特性をもつ体内伝導音を空気... [more] EA2019-140 SIP2019-142 SP2019-89
pp.225-230
EE, OME, CPM
(共催)
2019-11-26
10:35
東京 機械振興会館 地下3階1号室 回路平衡化によるパワーコンディショナのコモンモードノイズ低減について
林 強張 柏華張 帥濤庄山正仁九大EE2019-39 CPM2019-81 OME2019-25
 [more] EE2019-39 CPM2019-81 OME2019-25
pp.19-24
EMCJ, EMD
(共催)
IEE-SPC, PEM
(併催) [詳細]
2018-07-26
14:35
東京 機械振興会館 逆位相で動作する2つのモータ駆動用インバータによるコモンモードノイズ電流の低減
中牟田修一渡瀬悠斗庄山正仁九大EMCJ2018-17 EMD2018-15
ACモータの駆動に用いられるインバータは、スイッチング素子のターンオン・ターンオフの瞬間の急峻な電位変化により、寄生容量... [more] EMCJ2018-17 EMD2018-15
pp.7-12
EE 2018-01-29
14:40
大分 サテライトキャンパスおおいた (大分市) [特別講演]スイッチング電源における伝導ノイズの発生機構と低減化技術
庄山正仁九大EE2017-61
小形・軽量・高効率の特長を持つスイッチング電源回路は,元々は宇宙衛星搭載用として開発されたものであるが,今日では,通信機... [more] EE2017-61
pp.109-114
EMCJ 2016-05-13
14:10
北海道 北海道大学 百年記念会館 インバータのコモンモードノイズを抑制するアクティブコモンノイズキャンセラの高性能化
小原峻介小笠原悟司竹本真紹北大)・山本融真東芝三菱電機産業システムEMCJ2016-14
インバータの出力コモンモード電圧を補償することでEMIを抑制するアクティブコモンノイズキャンセラ(ACC)が提案されてい... [more] EMCJ2016-14
pp.29-34
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2015-12-18
10:05
愛知 豊田中央研究所 車載モータ制御ユニットのAM帯伝導コモンモードノイズ解析
加藤輝明好士直樹芝野大軌アイシン精機)・小島 崇細川秀記豊田中研EMCJ2015-90
CISPR25を参考にした実測条件下で、車載モータ制御ユニットが発生するAM帯コモンモードノイズ電流を予測するシミュレー... [more] EMCJ2015-90
pp.1-5
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2015-12-18
10:25
愛知 豊田中央研究所 伝導ノイズ電流予測のためのグラウンドプレーンの集中定数モデル
小島 崇細川秀記高橋篤弘服部佳晋豊田中研)・加藤輝明好士直樹芝野大軌アイシン精機EMCJ2015-91
車載モータおよびその駆動ECUのノイズ評価系のコモンモード伝導ノイズ電流を回路シミュレーションで定量予測することが望まれ... [more] EMCJ2015-91
pp.7-12
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2015-09-04
11:10
大阪 関西大学千里山キャンパス 骨導音声でのスペクトル包絡の重要性
半田俊介島村徹也埼玉大)・蒔苗久則科警研SIS2015-27
現在,人間のコミュニケーションにおいて音声通信は欠かせないものとなっている.しかしながら,高雑音環境下での音声通信は非常... [more] SIS2015-27
pp.75-80
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
14:25
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 空気/体内伝導マイクを併用した雑音環境下における非可聴つぶやき強調法とその評価
田尻祐介田中 宏戸田智基グラム ニュービッグサクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大PRMU2015-42 SP2015-11 WIT2015-11
サイレント音声コミュニケーションの実現に向けて,非可聴つぶやき(Non-Audible Murmur: NAM)を専用の... [more] PRMU2015-42 SP2015-11 WIT2015-11
pp.59-64
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2014-12-19
15:40
静岡 静岡大学 ディジタルICのPDN共振を抑制するオンボードRLスナバの実装位置自由度の検討
五百旗頭健吾豊田啓孝岡山大EMCJ2014-81
ディジタルICの電源供給回路(PDN)で発生する共振を抑制する手法としてRLスナバが提案されている。本報告ではプリント基... [more] EMCJ2014-81
pp.69-74
EMCJ, WPT
(併催)
2014-01-31
09:30
佐賀 佐賀大学 TEMセルを用いた広帯域伝導妨害電圧測定装置の開発
石上 忍後藤 薫呉 奕鋒松本 泰NICTEMCJ2013-121
1GHzまで測定できるTEMセルを用いた伝導妨害電圧測定法を提案した.提案の方法は,従来のV型疑似電源回路網の代替法とし... [more] EMCJ2013-121
pp.57-62
EMCJ 2013-11-22
13:30
東京 東京電機大 車載機器の等価回路化による伝導ノイズ解析手法の検討
鳥越 誠土江慶幸矢作保夫須賀 卓大坂英樹日立)・稲垣隆之日立オートモティブシステムズEMCJ2013-92
スイッチング素子の高速化・高効率化に伴い,車載電子機器から発生する電磁ノイズの抑制が課題になっている。電子機器間のノイズ... [more] EMCJ2013-92
pp.7-10
EE, CPM
(共催)
2013-01-24
10:50
熊本 阿蘇ファームランド 対称的な構成を持つ2つの三相インバータによるコモンモードノイズの抑制
平川晋也庄山正仁九大EE2012-30 CPM2012-152
現在,電化製品から産業用機器まで,幅広い分野で,三相モーター駆動のためにインバータがよく用いられている.このようなインバ... [more] EE2012-30 CPM2012-152
pp.13-16
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2012-12-21
09:50
東京 東工大(大岡山 西9号館) 骨導音声における子音-母音間の相対振幅
加藤達也島村徹也埼玉大SP2012-91
高雑音環境下の音声通信においては骨導音声が利用されている.骨導音声は高い耐雑音性をもつ一方で,
明瞭度は気導音声に劣る... [more]
SP2012-91
pp.71-74
EMCJ 2012-09-07
15:15
北海道 北海道大学 IPD制御モデルを用いたLED照明の伝導ノイズ解析
加藤 彰嶺岸 瞳崎山一幸平伴喜光木田智之パナソニックEMCJ2012-59
EMC対策にかかるコストを削減するには開発の前段階での対策が有効であり、それにはシミュレーションなどによるノイズ予測技術... [more] EMCJ2012-59
pp.41-46
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2012-06-22
11:20
大阪 大阪大学吹田キャンパス 電力変換回路の伝導妨害波予測を目的とした線形等価回路モデルの検討 ~ デュアルポートLISNを用いたモデル構築 ~
井上修平五百旗頭健吾豊田啓孝岡山大)・渡辺哲史岡山県工技センターEMCJ2012-24
本報告では、IC/LSI のEMC マクロモデルであるLECCS モデルをベースに構築した伝導妨害波を予測するための線形... [more] EMCJ2012-24
pp.17-22
EMCJ 2012-05-31
15:45
東京 首都大学東京秋葉原サテライト 動作状態における通信機器の入力インピーダンス測定手法の検討
中村尚倫平澤徳仁秋山佳春NTT)・桑原伸夫九工大EMCJ2012-15
省電力化要望の高まりによって,インバータ技術を用いた機器が増加している.これにともない,インバータ回路からのノイズが,D... [more] EMCJ2012-15
pp.35-39
EA 2011-10-28
17:00
長野 信州大学工学部 感覚疲労検査法の測定精度と測定時間向上のための基礎的検討
荒井 翔降旗建治信州大EA2011-75
近年,疲労を原因とする健康障害,交通事故,労働災害などが社会問題となっている.これらを予知し予防するには疲労を評価する方... [more] EA2011-75
pp.43-48
EMCJ, MW, IEE-MAG
(共催)
2009-10-22
10:10
岩手 岩手大学・八幡平ロイヤルホテル [特別講演]生体磁気計測とEMI ~ 冷凍機駆動雑音と環境磁気雑音の低減を中心にして ~
笹田一郎九大
脳や心臓等から発せられるpTレベルの微弱な生体磁気計測において低周波環境磁界は信号のスペクトル領域と重なっており,桁違い... [more] EMCJ2009-44 MW2009-93
pp.1-6
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会