お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2022-03-01
13:50
ONLINE オンライン開催 多機能かつ高性能ディジタルコヒーレント受信器
久野拓真森 洋二郎長谷川 浩名大PN2021-60
指数関数的に増加する光ファイバ通信需要に対応するために,光ファイバ通信システムの大容量化が急務である.ディジタルコヒーレ... [more] PN2021-60
pp.42-46
PN 2022-03-02
09:50
ONLINE オンライン開催 時間拡散暗号鍵を用いた疑似位相雑音シンボルマスク化偏波多重M-QAM信号の初期検討
島田啓司稲垣瑞樹小玉崇宏香川大PN2021-70
近年,光通信用トランシーバで扱うデータに対する高秘匿化のため,デジタル信号を考慮した物理層の共通鍵暗号方式が導入された.... [more] PN2021-70
pp.92-97
PN 2022-03-02
15:10
ONLINE オンライン開催 全結合/半分割切替型ポイント・ツー・マルチポイント光NWにおける二重リンク故障全パターン対応パスペア型共有プロテクションの実験検討
中川朋哉稲垣瑞樹小玉崇宏香川大PN2021-82
次世代無線通信規格Beyond 5Gを対象としたモバイルフロントホールでは,これまで以上に高信頼なポイント・ツー・マルチ... [more] PN2021-82
pp.156-161
PN 2022-03-02
15:55
ONLINE オンライン開催 一芯同一帯域双方向コヒーレント通信における偏波間独立動作可能な減算型干渉除去アルゴリズムの適用
稲垣瑞樹小玉崇宏香川大PN2021-84
モバイルフロントホールへの適用が検討されている受動型光ネットワーク(PON: Passive Optical Netwo... [more] PN2021-84
pp.169-173
OCS, CS
(併催)
2022-01-14
11:00
山口 KDDI維新ホール 会議室(204A・B)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
シンボル配置保持マスク方式を適用した高秘匿偏波多重M-QAM信号の相互情報量に関する検討
島田啓司稲垣瑞樹小玉崇宏香川大OCS2021-36
近年,光通信用トランシーバに対するデータの高秘匿化の要求が高くなり,デジタル信号処理を考慮した物理層での共通鍵暗号方式が... [more] OCS2021-36
pp.16-21
OCS, CS
(併催)
2022-01-14
11:25
山口 KDDI維新ホール 会議室(204A・B)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
リンク冗長性をもつTWDM-PONシステムにおける下り回線コヒーレント方式および上り回線SIMO受信の適用検討
中川朋哉香川大)・松本怜典産総研)・小玉崇宏香川大OCS2021-37
NG-PON2で規定される上り回線C帯/下り回線L帯を用いる40 Gbit/s級の時間波長分割多重受動型光ネットワーク(... [more] OCS2021-37
pp.22-27
PN 2021-08-31
14:50
ONLINE オンライン開催 コヒーレントPONシステムの下り伝送を対象とした電力適応IQ多重16QAM方式の評価
稲垣瑞樹香川大)・松本怜典産総研)・小玉崇宏香川大PN2021-24
QAM変調を用いたコヒーレントPONシステムの下り伝送において,I軸,Q軸の情報をそれぞれ別々のONUに割り当てるIQ多... [more] PN2021-24
pp.69-73
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
15:50
ONLINE オンライン開催 多段シンボル配置保持マスク化を用いたコヒーレントM-QAM方式の軟判定復号に及ぼす影響に関する検討
島田啓司三角真広小玉崇宏香川大OCS2021-8
近年のデジタルコヒーレント光通信システムでは,データに対する高秘匿化を目的として,上位層で行う暗号化のみに依存する形態で... [more] OCS2021-8
pp.35-39
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
10:10
ONLINE オンライン開催 デジタル信号処理に基づく連続量量子鍵配送プロトコルの安全性証明
松浦孝弥前田健人佐々木寿彦小芦雅斗東大
連続量量子鍵配送(QKD) は、ホモダイン・ヘテロダイン測定といった、技術が確立し広く普及している測定装置を用いるため、... [more]
SR 2020-11-19
11:15
ONLINE オンライン開催 GNU Radioを用いたUSRPおよびドータボードでの位相同期の実装例
中浜智也山田洋士石川高専)・亀田 卓東北大SR2020-34
Ettus Research社のUSRP Hardware Driver and USRP Manualに基づき,GNU... [more] SR2020-34
pp.74-81
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-29
15:20
北海道 道東経済センタービル 低遅延コアを包含する多機能マルチコア光ファイバとその応用に関する検討
寒河江悠途松井 隆坂本泰志中島和秀NTTOFT2019-26
ネットワークサービスの多様化にあわせ、近年では伝送容量の大容量化に加え伝送遅延低減にも高い関心が集まっている。本稿では低... [more] OFT2019-26
pp.13-18
LQE, OPE, CPM, EMD, R
(共催)
2019-08-22
14:15
宮城 東北大学 電気通信研究 本館オープンセミナールーム(M153) [招待講演]1Tb/s超の高速チャネルを実現する超広帯域デジタルコヒーレント技術
小林孝行NTTR2019-23 EMD2019-21 CPM2019-22 OPE2019-50 LQE2019-28
高速化の一途をたどるEthernet等のクライアント信号を効率的・経済的に光トランスポートネットワークに収容するために1... [more] R2019-23 EMD2019-21 CPM2019-22 OPE2019-50 LQE2019-28
pp.21-24
EMT, IEE-EMT
(連催)
2019-05-24
13:50
東京 都立産業技術高専(品川CP) MIMOレーダを用いた干渉SARによる表面変位測定
秋山祐也佐藤源之東北大EMT2019-5
24GHz帯の商用MIMOレーダに独自の処理ソフトウェアを利用することで可搬性の高い表面変位測定システムを製作し,実験を... [more] EMT2019-5
pp.23-28
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2019-01-30
15:05
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Coherent Ising MachineにおけるFPGA測定フィードバックシステム
本庄利守稲垣卓弘稲葉謙介生田拓也武居弘樹NTTVLD2018-78 CPSY2018-88 RECONF2018-52
組合せ最適化問題を解く手法として、新しいタイプのコンピュータを活用する方法に注目が集められている. コヒーレントイジング... [more] VLD2018-78 CPSY2018-88 RECONF2018-52
pp.37-42
OCS, CS
(併催)
2019-01-17
13:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 100Gb/s/λコヒーレントPONシステム向け高効率DSP回路の検討
三浦浩志松田恵介鈴木巨生三菱電機OCS2018-71
将来の5GやB5GのMFH/MBHへの適用が期待される100Gb/s PONシステムの実現に向けて,アクセス向けに,群遅... [more] OCS2018-71
pp.19-24
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-19
13:30
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 擬似ランダムQPSK光信号のコンステレーション測定に対するスペクトル合成コヒーレント受信器の性能評価
浦川直樹五十嵐浩司阪大OCS2018-46 OPE2018-82 LQE2018-71
周期性を有する光信号のスペクトル波形を複数成分に分割し,各スペクトル分割成分を低速な光検出器とアナログ・ディジタル変換器... [more] OCS2018-46 OPE2018-82 LQE2018-71
pp.99-104
SANE 2018-10-12
11:45
東京 電気通信大学 離隔周波数帯受信信号を用いた広帯域コヒーレント合成による目標推定距離精度の評価
渡辺一宏秋田 学稲葉敬之電通大SANE2018-49
近距離レーダにおいて超広帯域を活用可能な環境が整いつつあり,超広帯域を活用することでさらなる高分解能化が期待される.この... [more] SANE2018-49
pp.29-34
CS, OCS
(併催)
2018-01-30
08:50
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター コヒーレント受光における偏波多重パイロットトーンを用いたフィードバックフリー適応等化
西山智貴袁 帥五十嵐浩司阪大OCS2017-73
本研究ではディジタルコヒーレント受信器において、フィードバック型制御を一切用いない適応等化を提案する。偏波多重パイロット... [more] OCS2017-73
pp.37-41
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
09:55
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 離隔周波数帯受信信号を用いた広帯域コヒーレント合成による高分解能測距方式の検討
渡辺一宏秋田 学稲葉敬之電通大WBS2017-67 ITS2017-44 RCC2017-83
近距離レーダに対し60,76,79GHz帯という離隔した複数の周波数帯域が用いられている.また79GHz帯は4GHzとい... [more] WBS2017-67 ITS2017-44 RCC2017-83
pp.179-184
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-08-31
14:30
北海道 北海道大学 周波数領域における光信号パターンの複素電界振幅測定
浦川直樹五十嵐浩司阪大OCS2017-23
コヒーレント光受信を用いた周波数領域における光信号パターンの複素電界振幅波形の測定法を提案する。局所光の周波数を変化させ... [more] OCS2017-23
pp.1-6
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会