お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5290件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-06-29
13:25
ONLINE オンライン開催 集中型と分散型知的粒子多スウォーム探索最適化について
章 宏九工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CQ, CS
(併催)
2020-06-25
11:00
ONLINE オンライン開催 Real-time ADX-RoF based fronthaul for (B)5G radio access network
Paikun ZhuGPI)・Yuki YoshidaNICT)・Ken-ichi KitayamaGPI
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS 2020-06-25
13:25
ONLINE 石垣市商工会館 周波数選択性チャネルにおけるMIMO-OFDM信号のチャネルのヌル空間を活用した演算量削減型適応PAPR抑圧法
山口令遠東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
PN, NS, OCS
(併催)
2020-06-18
15:35
香川 香川県立ミュージアム [招待講演]脳に学ぶ無線センサネットワーク
若宮直紀阪大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
PN, NS, OCS
(併催)
2020-06-19
10:25
香川 香川県立ミュージアム Design and Implementation of Improved User-PC Computing System
Hein HtetNobuo FunabikiAriel KamoyedjiMinoru KuribayashiOkayama Univ.
 [more]
R 2020-06-11
15:15
ONLINE 機械振興会館 ポアソン二項分布の計算アルゴリズムの比較について
坂田悠馬・○土肥 正岡村寛之広島大R2020-4
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] R2020-4
pp.21-26
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
13:25
ONLINE 湘南工科大学 ネットワーク構造が情報拡散に与える影響の解析
ジョ ロエン澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2020-15 CCS2020-5
本稿では,固有ベクトル中心性を考慮した情報拡散の数理モデルを提案する.また,提案モデルを用いて,情報の影響力が情報拡散に... [more] NLP2020-15 CCS2020-5
pp.23-26
SC 2020-05-29
15:00
福島 オンライン/会津大 Service Discovery Using Invocation Sequence Learning in Composition with Neural Language Networks
Zeng KunganIncheon PaikUoA
 [more]
RECONF 2020-05-28
16:05
ONLINE Web会議室 Xilinx Alveo U250を用いた電子ホログラフィ専用計算機の実装
山本洋太千葉大)・増田信之東京理科大)・下馬場朋禄角江 崇伊藤智義千葉大RECONF2020-9
電子ホログラフィは人間が奥行きを知覚する為に必要な奥行き手がかりをすべて再現可能であり,理想的な3次元映像提示技術として... [more] RECONF2020-9
pp.49-53
IT, EMM
(共催)
2020-05-28
15:25
ONLINE オンライン開催 自己回帰型の画像生成確率モデルとそれに対するベイズ符号
中原悠太松嶋敏泰早大IT2020-4 EMM2020-4
本研究では,画像の自己回帰型確率的生成モデルを提案する.この生成確率モデルは,画像の生成に確率モデルを陽に仮定するという... [more] IT2020-4 EMM2020-4
pp.19-24
IT, EMM
(共催)
2020-05-29
09:30
ONLINE オンライン開催 3入力関数を計算するための分散符号化法の達成可能領域に関する一検討
上木成樹葛岡成晃和歌山大IT2020-6 EMM2020-6
本論文では,複数の情報源から出力されるデータに対して関数計算を行うシステムにおける分散データ圧縮問題を考察している.特に... [more] IT2020-6 EMM2020-6
pp.31-36
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-28
15:40
ONLINE 会議ツールは未定 AIカメラによるリアルタイム顔検出を用いた人数計測デバイス
武部晃季秋田純一金沢大
半導体技術の進歩によって,深層学習で用いられるニューラルネットワーク演算を高速に実行できる小型・安価なデバイスが現れ,エ... [more]
NLP 2020-05-15
13:25
ONLINE 山口大学(常盤キャンパス) べき乗法と平均合意に基づく主成分分析の分散アルゴリズムの設計
大浦夢月右田剛史高橋規一岡山大NLP2020-4
主成分分析は多変量解析の重要な手法の一つであり,統計分析,機械学習,パターン認識,信号処理,通信などの幅広い分野に応用さ... [more] NLP2020-4
pp.17-22
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-14
15:50
ONLINE オンライン開催 感情誘導に向けた音楽生成及び脳波からの感情推定の検討
宮本佳奈田中宏季中村 哲奈良先端大HCS2020-9 HIP2020-9
音楽を用いた感情誘導に関する研究は行われているが,感情の誘発程度には個人差がある.そこで我々は,脳波から推定したユーザの... [more] HCS2020-9 HIP2020-9
pp.41-45
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-15
14:55
その他 オンライン開催 クラウドにおける障害影響把握のためのIaaS構成のフルスタック可視化
麻岡正洋近藤玲子鈴木和宏渡辺幸洋富士通研ICM2020-6
クラウドサービス、特にIaaS(Infrastructure as a Service)は近年広く使われている。そのIa... [more] ICM2020-6
pp.31-36
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-05-09
15:10
ONLINE 国立情報学研究所 Another time-complexity analysis for the maximal clique enumeration algorithm CLIQUES
Etsuji TomitaUniv. Electro-Comm.)・Alessio ConteUniv. of PisaCOMP2020-1
We revisit the maximal clique enumeration algorithm CLIQUES ... [more] COMP2020-1
pp.1-8
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-05-09
17:26
ONLINE 国立情報学研究所 On Memory, Communication, and Synchronous Schedulers for Autonomous Mobile Robots
Paola FlocchiniUoO)・Nicola SantoroCU)・○Koichi WadaHUCOMP2020-3
本稿では二次元平面上を$LCM(Look$-$Compute$-$Move)$-サイクルで動作する自律分散ロボット群の計... [more] COMP2020-3
pp.17-24
PN 2020-04-24
15:05
ONLINE 機械振興会館 [招待講演]AIFV符号の構成法および有限マルコフ状態における平均性能の最適化法
岩田賢一藤田龍星福井大)・山本博資東大PN2020-3
本稿では,Yamamoto, Tsuchihashi, Hondaが定義した2元AIFV符号の構成法とその拡張について述... [more] PN2020-3
pp.15-21
NS 2020-04-17
10:20
山口 海峡メッセ下関 [奨励講演]A Reliable Cooperative Operation Platform based on Mobile Edge Computing
Qinghao LiuTakafumi MoritaUTokyo)・Yoshihisa KishiyamaKensuke MiyachiTakahiro AsaiNTT Docomo, INC.)・Ping DuAkihiro NakaoUTokyoNS2020-5
 [more] NS2020-5
pp.43-49
CCS 2020-03-26
11:25
東京 法政大学(市ケ谷キャンパス) 流体運動を用いたリザーバコンピューティング
小橋敬太犬伏正信後藤 晋阪大CCS2019-40
リザーバコンピューティング(RC)は非線形力学系を用いた機械学習法であり,時系列の情報処理に効果的であることが知られてい... [more] CCS2019-40
pp.25-27
 5290件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会