お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 333件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2021-06-23
10:30
ONLINE オンライン開催 電波暗号化変調における時分割複信チャネル情報を用いた秘密鍵共有手法の検討
阿部拓実奥村 守浅野敬祐岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニックRCS2021-35
近年,Internet of things(IoT)端末を狙ったサイバー攻撃が増加している.その対策として公開鍵暗号方式... [more] RCS2021-35
pp.37-42
RCS 2021-06-24
13:40
ONLINE オンライン開催 差動OFDM用ソフトウェア音響通信モデムの情報伝送効率改善手法
豊田晃紀久保博嗣立命館大RCS2021-57
本報告では,厳しい二重選択性伝搬環境である水中音響通信 (UWAC : underwater acoustic comm... [more] RCS2021-57
pp.169-174
WBS, RCC
(共催)
SAT, MICT
(併催) [詳細]
2021-05-21
13:00
ONLINE オンライン開催(Zoom) 光衛星通信におけるパイロット併用凍結ビットを用いた高効率マルチレートpolar符号化手法の検討
伊藤大樹山下裕真岡本英二名工大)・國森裕生豊嶋守生NICTWBS2021-18 RCC2021-18 SAT2021-16
光衛星通信においては,大気揺らぎを考慮して強力な誤り訂正符号を適用する必要がある.一方近年では,演算量が比較的少なく優れ... [more] WBS2021-18 RCC2021-18 SAT2021-16
pp.95-100(WBS), pp.95-100(RCC), pp.83-88(SAT)
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-04
11:35
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]MIMO Sphere Decodingへの判定帰還型伝搬路推定の適用に関する検討
丸山優貴菅沼碩文前原文明早大RCS2020-234 SR2020-73 SRW2020-63
複数アンテナによる空間多重伝送を可能とするMIMOは,無線通信の大容量化に極めて有効である.MIMOの信号検出手法の一つ... [more] RCS2020-234 SR2020-73 SRW2020-63
pp.157-158(RCS), pp.50-51(SR), pp.45-46(SRW)
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
13:10
ONLINE オンライン開催 関数計算のための情報源・通信路結合符号化に関する研究 ~ 関数の二分法によるアプローチ ~
上木成樹葛岡成晃和歌山大IT2020-82 SIP2020-60 RCS2020-173
本論文では,2つの情報源から出力されるデータに対して関数計算を行う情報源・通信路結合符号化問題について考察している.特に... [more] IT2020-82 SIP2020-60 RCS2020-173
pp.101-106
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
13:35
ONLINE オンライン開催 復号誤りとコスト超過を許容した漸近的コスト制約付き通信路符号化定理
堀 真樹西新幹彦信州大IT2020-83 SIP2020-61 RCS2020-174
通信路符号化問題において,符号アルファベット上にコストを定義した問題を考える.
このような問題をコスト制約付きの問題と... [more]
IT2020-83 SIP2020-61 RCS2020-174
pp.107-112
IT 2020-12-03
16:40
ONLINE オンライン開催 ノイズを含む盗聴通信路符号化の実装と安全性評価
髙﨑幸太郎小川朋宏電通大IT2020-62
Wynerの盗聴通信路符号化においては,正規受信者と盗聴者が用いる通信路のノイズ差を利用することで,盗聴者には一切の情報... [more] IT2020-62
pp.206-211
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-27
09:25
ONLINE オンライン開催 水中音響通信のためのjoint detectionによる差動OFDM
久保博嗣田中優花中井 唯久保哲朗豊田 遥山本巧尊豊田晃紀立命館大AP2020-89 RCS2020-131
本報告では,二重選択性が厳しい水中音響通信(UWAC)のための,joint detection (JD) による差動or... [more] AP2020-89 RCS2020-131
pp.84-89(AP), pp.116-121(RCS)
CS 2020-11-05
15:10
ONLINE オンライン+中央・野々市公民館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[招待講演]Orthogonal Precoded OFDM方式におけるパイロットサブキャリアと部分空間法を利用したセミブラインドチャネル推定法
川崎 耀松村 武児島史秀NICTCS2020-50
Orthogonal Precoded (OP)-OFDMは可逆なプリコーディングを適用して直交周波数分割多重(OFDM... [more] CS2020-50
pp.18-23
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
14:55
ONLINE オンライン開催 厳しい2重選択性伝送路のための差動マルチキャリア伝送方式
久保博嗣岩本航汰久保哲朗田中優花中井 唯立命館大RCS2020-88
本報告では,時間選択性と周波数選択性がきわめて厳しい2重選択性伝送路における,差動マルチキャリア(MC)伝送方式に関して... [more] RCS2020-88
pp.49-54
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
15:35
ONLINE オンライン開催 厳しい2重選択性環境のための伝送路予測多重遅延検波を用いた差動トレリス符号化OFDM
岩本航汰久保哲朗久保博嗣立命館大RCS2020-89
本報告では,時間選択性と周波数選択性が厳しい2重選択性環境に有効な差動トレリス符号化OFDM (OFDM : ortho... [more] RCS2020-89
pp.55-60
IT 2020-07-16
10:55
ONLINE オンライン開催 一般化ハミング重みを用いたポーラ符号の送信ビット選択方法
旭 瑞歩ヤチョンカ ワムア八木秀樹電通大IT2020-11
Arıkan により提案されたポーラ符号は,対称通信路における通信路容量を低計算複雑度で達成できるこ
とが明らかにされ... [more]
IT2020-11
pp.1-6
IT 2020-07-16
11:20
ONLINE オンライン開催 User Identification and Channel Estimation by Iterative DNN-Based Decoder on Multiple-Access Fading Channel
Lantian WeiShan LuHiroshi KamabeGifu Univ.)・Jun ChengDoshisha Univ.IT2020-12
 [more] IT2020-12
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-04
09:20
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
FDD Massive MIMO における 3D CNN による時間変動を考慮したチャネルのフィードバックオーバーヘッド削減
栗山真純大槻知明慶大RCS2019-332
Massive MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) は,基地局 (BS) におい... [more] RCS2019-332
pp.63-68
CS, CAS
(共催)
2020-02-28
09:00
熊本 崇城大学 Orthogonal Precoded OFDM方式におけるセミブラインドチャネル推定法
川崎 耀松村 武児島史秀NICTCAS2019-113 CS2019-113
Orthogonal Precoded OFDMは可逆なプリコーディングを適用して直交周波数分割多重(OFDM)信号特性... [more] CAS2019-113 CS2019-113
pp.87-93
CS, CAS
(共催)
2020-02-28
11:15
熊本 崇城大学 Cooperative Jammingにおける妨害者の計画的設置の検討
渡邉一輝實松 豊九大CAS2019-118 CS2019-118
無線通信路上の情報の秘匿性を高めるため通信方式
そのものにセキュリティ機能を持たせる物理層セキュリティが注目されている... [more]
CAS2019-118 CS2019-118
pp.117-124
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
09:55
広島 広島市青少年センター 伝送路予測多重遅延検波を用いたマルチキャリア差動トレリス符号化変復調
久保哲朗高橋拓也久保博嗣立命館大IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291
本報告では,優れた2重選択性耐性と受信感度を両立する,マルチキャリア (MC : multi-carrier) 差動トレ... [more] IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291
pp.143-148
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
12:35
広島 広島市青少年センター 水中音響通信の時変ドップラーシフトに有効なAFCを用いた差動OFDM
中井 唯田中優花久保博嗣立命館大IT2019-70 SIP2019-83 RCS2019-300
本報告では,水中音響通信(UWAC : underwater acoustic communications) における... [more] IT2019-70 SIP2019-83 RCS2019-300
pp.197-202
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]ゲーム理論的戦略による低信頼中継局を用いたPLNCの安全性評価
池内 剛田久 修信州大)・藤井威生電通大)・大槻知明慶大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2019-88
無線局の中継機能を利用することで簡易にネットワークを構築できる無線通信ネットワークに注目が集まっている.中継局を用いた通... [more] SR2019-88
pp.15-22
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-12-05
14:25
愛媛 愛媛大学 信号処理のためのMAMR記録再生系モデルの一検討
山田勇次仲村泰明西川まどか愛媛大)・金井 靖新潟工科大)・岡本好弘愛媛大MRIS2019-40
マイクロ波アシスト磁気記録(MAMR : microwave assisted magnetic recording)は... [more] MRIS2019-40
pp.7-12
 333件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会