お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2020-07-16
10:55
ONLINE オンライン開催 一般化ハミング重みを用いたポーラ符号の送信ビット選択方法
旭 瑞歩ヤチョンカ ワムア八木秀樹電通大IT2020-11
Arıkan により提案されたポーラ符号は,対称通信路における通信路容量を低計算複雑度で達成できるこ
とが明らかにされ... [more]
IT2020-11
pp.1-6
IBISML 2020-01-09
16:45
東京 統計数理研究所 テンソル分解を用いた教師無し学習による変数選択法の一細胞RNA-seq解析への応用
田口善弘中大IBISML2019-26
$x_{ij} in mathbb{R}^{N times M}$を要素にもつ行列と$x_{ik} in mathbb{... [more] IBISML2019-26
pp.55-59
CS 2019-11-01
09:20
鹿児島 霧島ホテル 高周波数帯の活用によって実現する移動端末共同多重MIMO通信
村田英一京大CS2019-66
移動端末間で受信信号を共有することにより等価的にアンテナ数を増大させる移動端末連携による送受信技術が研究されている.これ... [more] CS2019-66
pp.21-26
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
09:10
大阪 I-Siteなんば(大阪) 3.4GHz帯を用いたマルチキャリアHetNetにおけるパーソナルセル化を目的とした適応制御型CREの提案とその効果
藤澤研斗大塚裕幸工学院大RCS2019-109
マクロセルとピコセルで異なる周波数を用いるマルチキャリアヘテロジーニアスネットワーク(Heterogeneous Net... [more] RCS2019-109
pp.45-49
RCS 2019-06-21
16:25
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術の実験的検証 ~ 最大32ストリーム伝送における協調無線リソーススケジューリングアルゴリズムの検証 ~
小林崇春熊谷慎也筒井正文秋山千代志伊達木 隆関 宏之箕輪守彦富士通)・奥山達樹増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2019-99
第5世代移動通信システム(5G)では,送信点(TP)を高密度に配置することにより,システム容量を大幅に増加する技術が必要... [more] RCS2019-99
pp.365-370
EE, IEE-HCA
(連催)
2019-05-17
14:00
東京 機械振興会館 地下三階 B3-1, B3-2 リチウムイオンバッテリ用スイッチモジュール組込み式セルバランス回路 ~ スイッチ数の半減による回路の簡素小型化 ~
上野瑛永吉野功司鵜野将年茨城大EE2019-14
リチウムイオン電池の直列接続により構成されるバッテリストリングでは,セル電圧のバランスのために絶縁型コンバータとセル選択... [more] EE2019-14
pp.89-94
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター インフラレスC-V2Xを利用した衝突警告アプリケーションにおける電波干渉の時間相関を考慮した送信スロット選択手法のMACレイヤ通信品質評価
平井健士村瀬 勉名大
本研究では、インフラレスCellular-Vehicle-to-Everything通信を用いた衝突警告アプリケーション... [more]
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
10:15
大阪 大阪大学 中之島センター プロポーショナルフェアネス規範に基づくユーザ接続・セル間干渉制御同時最適化適用時における複数ピコ基地局が存在する場合の特性評価
田渕翔也數本祟晃金平勇作三木信彦香川大IT2018-55 SIP2018-85 RCS2018-262
スモールセル環境においてスループットを向上するためには,高周波数の利用と小型基地局をマクロ基地局に重畳するスモールセル環... [more] IT2018-55 SIP2018-85 RCS2018-262
pp.115-119
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-13
10:50
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 Post Clustering Inferenceとシングルセル解析への応用
井上茂乗梅津佑太名工大)・坪田庄真名大)・竹内一郎名工大/理研/物質・材料研究機構IBISML2018-3
顧客データや遺伝子発現量データなど, 背後に複数のサブグループをもつようなデータは数多く存在する. このようなデータに対... [more] IBISML2018-3
pp.15-22
RCS 2018-04-23
09:55
山口 湯田温泉 ホテルニュータナカ プロポーショナルフェアネス規範に基づく複数周波数帯を用いる場合の干渉制御法の検討
數本崇晃金平勇作三木信彦香川大RCS2018-2
増加し続ける移動通信におけるトラヒックを効率的に収容するためには,従来移動通信システムに用いられている UHF 帯(低周... [more] RCS2018-2
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
09:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法:マルチユーザトラヒックリレーによる遅延伝送時間短縮効果の評価
小野貴博秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大RCS2017-361
近年急増する移動通信トラヒックを収容するため,特性の異なる無線通信ネットワークの長所を組み合わせた異種無線融合ネットワー... [more] RCS2017-361
pp.235-240
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-22
13:55
香川 サンポートホール高松 周期性干渉除去におけるサイドバンド選択法
木村祐哉田野 哲侯 亜飛岡山大IT2017-65 SIP2017-73 RCS2017-279
地球環境に配慮して,${rm CO}_2$等の排出の無い電気自動車(EV:Electric Vehicle)が利用される... [more] IT2017-65 SIP2017-73 RCS2017-279
pp.61-65
RCS, NS
(併催)
2017-12-14
12:50
広島 広島アステールプラザ ヘテロジニアスネットワークにおける干渉制御を用いる場合のセル選択に関する特性評価
金平勇作三木信彦香川大RCS2017-252
本報告では,ヘテロジニアスネットワークを対象として,セル選択,及びセル間干渉制御法について検討を行う.具体的には,全小型... [more] RCS2017-252
pp.13-18
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 [ポスター講演]ヘテロジニアスなデータに対するクラスタリング後の推論
井上茂乗梅津佑太名工大)・坪田庄真名大)・竹内一郎名工大/理研/物質・材料研究機構IBISML2017-44
精密医療 (Precision Medicine) の普及に伴い, ヘテロジニアスなデータに対する解析手法の需要が高まり... [more] IBISML2017-44
pp.69-76
CQ
(第二種研究会)
2017-08-27
13:50
埼玉 日本工業大学 [ポスター講演]ユーザ選択を併用したNOMAと送信BFのビーム数による性能評価
白澤嘉樹西森健太郎牧野秀夫新潟大
限られた周波数帯域で通信容量を向上させる技術として,複数の端末でと基地局でMultiple-Input Multiple... [more]
AP
(第二種研究会)
2017-06-28
- 2017-06-30
北海道 北海道大学 [ポスター講演]Performance evaluation on NOMA with transmit BF by the number of beams
Yoshiki ShirasawaKentaro NishimoriHideo MakinoNiigata Univ
 [more]
RCS 2017-06-21
13:50
沖縄 石垣商工会館 多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ 周波数領域における選択ダイバーシチを用いた端末間干渉抑圧除去技術 ~
森山雅文滝沢賢一手塚隼人大堂雅之表 昌佑村上 誉石津健太郎児島史秀NICTRCS2017-52
Internet of Things(IoT)の普及に伴い上りトラフィックの急増が予測されている.第5世代移動通信システ... [more] RCS2017-52
pp.13-18
RCS 2017-06-23
15:10
沖縄 石垣商工会館 HetNetのピコセル拡張に対するCQIテーブル切替え制御手法の提案
長沼紀裕大澤 魁大塚裕幸工学院大RCS2017-90
256-QAMなどの高次変調方式は限られた帯域幅内でデータレートを向上させるための重要な技術である.本稿では,256-Q... [more] RCS2017-90
pp.239-244
MoNA, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS, IPSJ-ITS
(連催)
2017-06-01
12:15
沖縄 北谷町美浜MS 5G多層セル環境における端末移動方向・速度を考慮したハンドオーバ頻度低減方式に関する検討
岸田 朗森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモMoNA2017-3
5G無線アクセスネットワークにおいては,利用周波数帯や無線帯域の異なるセルをオーバレイ配置した多層セル構成の適用が検討さ... [more] MoNA2017-3
pp.61-66
RCS 2017-04-25
13:05
香川 ことひら温泉 琴参閣 5G多層セル環境における基地局位置と端末移動方向を考慮した接続セル切替方式に関する検討
岸田 朗森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモRCS2017-22
5G無線アクセスネットワークにおいては,利用周波数帯や無線帯域の異なるセルによる無線システムのオーバレイ配置による多層セ... [more] RCS2017-22
pp.113-118
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会