お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]アニーリングを用いた制約充足問題ソルバ
小津泰生名大
世の中の多くの問題は制約充足問題 (CSP) として与えられるが、これらは連言標準形 (CNF) の形に変換され、 SA... [more]
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]音楽と音声への選択的注意が引き込み応答に与える影響
松井亮祐田中聡久東京農工大EA2018-140 SIP2018-146 SP2018-102
音楽と音声に対して選択的注意を向けた際の引き込み応答について調査した. 人は複数人の会話や音楽が混在した環境の中でも,B... [more] EA2018-140 SIP2018-146 SP2018-102
pp.237-242
CAS, CS
(共催)
2019-03-08
13:25
神奈川 湘南工科大学 低帯域外漏洩電力特性を有するNCSP-OFDM信号のPAPR抑圧法
太田正哉阪府大CAS2018-142 CS2018-110
一般にOFDM信号には,帯域外漏洩電力(Out-of-Band Emission, OOBE)やピーク対平均電力比(Pe... [more] CAS2018-142 CS2018-110
pp.21-25
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 触覚刺激による音源方向推定能力の代替デバイス
佐久間亮太倉橋知己藤田佑樹善甫啓一筑波大
本研究は、音の方向推定が困難な聴覚障害者に対し,日常的な音源方向推定能力の補完を目的とする。そこで、マイクロフォンアレイ... [more]
ASN, SRW
(併催)
2018-11-06
10:50
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス 室内環境における各種音源の位置推定手法とその基礎的評価
門倉 丈川喜田佑介五百蔵重典田中 博神奈川工科大ASN2018-73
筆者らは,これまで高精度な位置検出が可能な拡散音源を用いた屋内測位システムについて検討してきた.これを一般の音源に拡張し... [more] ASN2018-73
pp.109-114
VLD, HWS
(併催)
2018-02-28
11:00
沖縄 沖縄県青年会館 制約充足問題を利用した多端子ネットに対する高速配線手法
山口沙樹高島康裕北九州市大VLD2017-92
本論文では,多端子ネットに対する配線問題に関して,制約充足問題(CSP)を利用して高速に配線を実現する手法を提案する.
... [more]
VLD2017-92
pp.19-24
IBISML 2013-11-12
15:45
東京 東京工業大学 蔵前会館 [ポスター講演]運動想起型BCIのための被験者間共通空間パターンフィルタ
横田達也山下幸彦東工大)・アンジェイ チホツキ理研IBISML2013-47
脳コンピュータインターフェース(BCI)とは,ヒトの脳波を通してコンピュータや機械,ロボットなどを操作する技術である. ... [more] IBISML2013-47
pp.85-90
MBE, NC
(併催)
2013-03-14
15:05
東京 玉川大学 アルファ波成分を用いた脳波ASSRデータの2クラス判別
南波寛直中村 尭松本 隆早大MBE2012-104
ブレイン・コンピュータインターフェースのひとつに,音声刺激への選択注意を用いたものが提案さ れている.これは短い刺激時間... [more] MBE2012-104
pp.79-82
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-01
13:40
広島 広島市立大学、講堂 小ホール 並行システム記述におけるフォールトパターンに関する考察
張 漢明野呂昌満沢田篤史吉田 敦蜂巣吉成横森励士南山大SS2012-40
モデル検査では,デッドロックや仕様が満たされないことを検出した場合,反例が提示されるが,その原因となるフォールトの特定は... [more] SS2012-40
pp.41-46
EA, SP, SIP
(共催)
2012-05-25
16:25
大阪 大阪大学中之島センター ブラインドインパルス応答推定を用いた残響下音源位置推定法の提案
倉谷泰弘林田亘平中山雅人森勢将雅西浦敬信山下洋一立命館大EA2012-32 SIP2012-32 SP2012-32
マルチチャネル2D-CSP法などの従来のマイクロホンアレーを用いた音源位置推定法は, マイクロホン間に生じる音波の到来時... [more] EA2012-32 SIP2012-32 SP2012-32
pp.185-190
SS 2011-10-28
10:30
石川 北陸先端科学技術大学院大学 パターンに基づくCSP記述の検査に関する考察
張 漢明野呂昌満沢田篤史吉田 敦蜂巣吉成横森励士南山大SS2011-35
モデル検査では,デッドロックや仕様が満たされないことを検出した場合,反例が提示されるが,その原因となるフォールトを特定す... [more] SS2011-35
pp.49-54
SP 2011-07-23
13:00
北海道 定山渓グランドホテル瑞苑 CSP係数の識別に基づく話者の頭部方向推定の検討
高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2011-51
本稿では2chマイクロホンによる話者の音源位置と頭部方向の識別手法について検討する.近年提案されつつある話者の頭部方向の... [more] SP2011-51
pp.57-62
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2011-01-20
10:00
神奈川 慶応大学(日吉) 超小型SiPを実現するハイブリッドFPCを用いた3次元実装手法
和田喜久男大須良二NECアクセステクニカ)・樋野滋一HINO実装設計)・山崎信行慶大
本論文では3次元実装の手法であるFFCSP(Flexible carrier Folded real Chip
Siz... [more]
ICD2010-129
pp.1-6
EA 2010-03-26
13:00
東京 機械振興会館 方向性/拡散性雑音に対する重み付けを利用した音源方向推定
仲村浩尚片岡章俊龍谷大EA2009-115
本報告は,マイクロホンアレーを用いて音声を高品質で受音するために,雑音環境下における音源方向を推定する方法について検討し... [more] EA2009-115
pp.1-6
SS 2010-03-08
10:00
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス E-AoSAS++における振舞い検証の枠組み
張 漢明沢田篤史野呂昌満南山大SS2009-64
アスペクト指向に基づくソフトウェアアーキテクチャの設計では,複数の関心事をモジュールとして分離することができる反面,全体... [more] SS2009-64
pp.97-102
OPE, EMT, LQE, PN, IEE-EMT
(共催)
2010-01-29
11:10
京都 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 平面光波回路(PLC)型光パフォーマンスモニタ
水野隆之郷 隆司大山貴晴橋詰泰彰金子明正NTTPN2009-55 OPE2009-193 LQE2009-175
近年の波長分割多重(WDM)光伝送システムにおいて,多地点の信号光パワーや光信号対雑音比(OSNR)を監視できる光パフォ... [more] PN2009-55 OPE2009-193 LQE2009-175
pp.107-111
MSS 2010-01-21
15:00
愛知 豊田中央研究所アクタスCホール プロセス代数CSPによるシーケンス図設計の詳細化と検証
海津智宏北陸先端大)・磯部祥尚産総研)・鈴木正人北陸先端大CST2009-40
ソフトウェアのモジュール構造の設計には,シーケンス図が用いられる場合が多い.本論文では,プロセス代数CSP を利用して,... [more] CST2009-40
pp.19-24
OFT 2010-01-21
17:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 10Gbps光アクセスシステムに向けた3D-CSPモジュールの基礎検討 ~ モジュール試作とその送受信特性 ~
田中健一松岡康信細見和彦佐川みすず菅原俊樹崎川幸夫高井俊明秦 昌平日立OFT2009-75
我々は,10 Gbps光アクセスシステムにおいて,組立工数が簡素化された超小型ONUとして,3 Dimension Ch... [more] OFT2009-75
pp.73-76
ED, MW
(共催)
2010-01-15
11:45
東京 機械振興会館 WLCSP技術を用いた次世代通信向け高性能・低コストMMICの開発
藤田清次今川昌樹佐藤富雄徳満恒雄長谷川祐一住友電工ED2009-195 MW2009-178
Ku帯向けに、Wafer-Level chip sizeパッケージ技術を用いた、アップコンバータとダウンコンバータMMI... [more] ED2009-195 MW2009-178
pp.117-121
OPE, CPM, R
(共催)
2009-04-17
14:45
東京 機械振興会館 多チャネルモニタ用PDアレイにおけるクロストーク特性の検討
土居芳行小川育生大山貴晴金子明正NTT)・赤堀裕二NELR2009-4 CPM2009-4 OPE2009-4
光通信システムにおいて使用される光強度モニタ部品として、フォトダイオード(PD)アレイを用いた多チャネルモニタは小型集積... [more] R2009-4 CPM2009-4 OPE2009-4
pp.17-21
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会