電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN 2015-05-15
14:30
東京 東京電機大学千住キャンパス [ポスター講演]OSHWを用いた住環境モニタリングシステム ~ 室内空気環境を対象として ~
漆原健太谷 明勲山邊友一郎神戸大ASN2015-14
近年, 種々のオープンソースハードウェア(OSHW)が開発され,安価なセンサも利用可能な状況であり,建築分野でも種々のモ... [more] ASN2015-14
pp.73-74
ITS, WBS
(併催)
2012-11-26
14:45
熊本 熊本大学 [ポスター講演]追従車両に対する先行車両の加減速情報の提示効果 ~ 被験者実験による運転への影響の考察 ~
佐藤宏明東京理科大/産総研)・齋藤裕一橋本尚久産総研)・伊丹 誠東京理科大)・加藤 晋産総研ITS2012-24
現在,日本の二酸化炭素排出量の約20%は運輸部門であり,その約9割が自動車からの排出とされている.そのため,自動車交通に... [more] ITS2012-24
pp.35-40
ITS, IEE-ITS
(連催)
2012-03-15
17:05
東京 電気学会本部 追従車両に対する加減速情報の提示効果
佐藤宏明東京理科大/産総研)・斉藤裕一橋本尚久産総研)・伊丹 誠東京理科大)・加藤 晋産総研ITS2011-63
本報告では,トラックの自動運転・隊列走行システムにおける,エコドライブ制御の後続車の一般車両への伝搬や無駄な加減速の減少... [more] ITS2011-63
pp.51-56
IA 2012-02-24
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]情報通信技術のCO2削減への貢献に関する考察
島田淳一北陸先端大)・竹下晴子総務省)・宇野裕太郎放送大IA2011-75
スマートグリッドは、米国において2000年代初めからの送配電網老朽化問題への対応だけではなく、情報通信技術(ICT)を使... [more] IA2011-75
pp.59-64
CS, CQ
(併催)
2010-04-26
14:25
青森 奥入瀬渓流ホテル(会場と宿泊パックのご案内) [特別講演]環境負荷削減に向けたグリーンICTの貢献
杉山泰之NTTCS2010-1 CQ2010-8
ICT機器数の増加や機器単体の電力使用量の増加などによって電力使用量が増加している.ICT機器を冷却するために必要な空調... [more] CS2010-1 CQ2010-8
pp.1-6(CS), pp.43-48(CQ)
ITE-AIT, IE, ITE-HI, ITE-ME, ITS
(共催)
2010-02-16
15:25
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 隊列走行車両における異常や故障を考慮したHMIの一検討
加藤 晋美濃部直子産総研)・津川定之名城大ITS2009-82 IE2009-176
本報告では,CO2削減と省エネルギーを目指すエネルギーITSプロジェクトのトラックの隊列走行システムにおけるヒューマンマ... [more] ITS2009-82 IE2009-176
pp.257-262
ITE-AIT, IE, ITE-HI, ITE-ME, ITS
(共催)
2010-02-16
15:50
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 隊列走行車両における周辺車両への提示情報の一検討
加藤 晋美濃部直子産総研)・津川定之産総研/名城大ITS2009-83 IE2009-177
本報告では,CO2削減と省エネルギーを目指すエネルギーITSプロジェクトのトラックの隊列走行システムにおける自車両内も含... [more] ITS2009-83 IE2009-177
pp.263-267
OFT, OPE
(共催)
2009-03-06
15:50
東京 機械振興会館 CO2レーザ照射を用いたテルライトファイバカプラの作製
中村祐介小林資昭横田浩久茨城大)・森 淳NTT)・佐々木 豊茨城大OFT2008-98 OPE2008-198
融着型ファイバカプラのテーパ部に屈折率変調グレーティングを形成した光ファイバグレーティングカプラ(FGC)を用いた全光ス... [more] OFT2008-98 OPE2008-198
pp.63-66
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会