電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED 2019-08-06
16:40
東京 機械振興会館 La2O3/SnO2積層型CO2センサにおけるLa2O3の微細構造とCO2応答への影響
大野 賢豊橋技科大)・岩田達哉富山県立大)・高橋一浩澤田和明豊橋技科大
本研究では La2O3/SnO2積層型のCO2センサにおいて, La2O3の成膜状態が CO2応答に 与える影響および湿... [more] ED2019-31
pp.25-28
MBE 2019-05-19
15:25
新潟 新潟大学 Strucchangeを用いたAnaerobic Threshold(AT)の同定
相田武則野中尋史早見浩史内山尚志永森正人塩野谷 明長岡技科大)・木本理可藤女子大)・小林麻衣晴陵リハビリテーション学院)・高山亜美木村慎二南野 徹新潟大
近年,心疾患や腎疾患等の患者を対象とした運動療法分野において,最適な運動負荷強度の指標としてAnaerobic Thre... [more] MBE2019-12
pp.61-65
HPB
(第二種研究会)
2018-02-21
11:20
東京 東京電機大学 安価で不確かなCO2センサを用いた正確な値の変動取得手法
和田剛史岩井将行東京電機大
多くの室内の二酸化炭素濃度を計測するには,大量のCO$_2$センサが必要になる.
CO$_2$センサは,光学式と接触式... [more]

OFT 2017-10-13
09:55
高知 高知県立県民文化ホール 曲げ損失を用いた可変フォトニック結晶ファイバ光減衰器
横田浩久佐野智彦今井 洋茨城大
近年,波長多重伝送の多チャンネル化により光ファイバ中を伝搬する光パワーが高くなってきており,光減衰器の重要性が高まってき... [more] OFT2017-43
pp.23-26
ET 2017-01-28
16:05
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 教室内温熱・空気環境のマルチポイント同期計測システムの開発
森 菜穂子佐藤ゆかり小山智史弘前大
教室内の温熱・空気環境は,季節や天候,冷暖房の使用や換気の有無などによって変化し,子どもの健康や学習意欲に及ぼす影響も少... [more] ET2016-91
pp.69-73
RCS 2016-04-21
14:50
青森 弘前市・星と森のロマントピア 700MHz帯路車協調システムを用いた交通流制御に関する一検討
大野良太山里敬也名大
本稿では路車間通信システムを用いた交通流制御を提案する. 現在、交差点における交通流制御には信号機や道路標識が広く使われ... [more] RCS2016-3
pp.13-18
ASN 2015-05-15
14:30
東京 東京電機大学千住キャンパス [ポスター講演]OSHWを用いた住環境モニタリングシステム ~ 室内空気環境を対象として ~
漆原健太谷 明勲山邊友一郎神戸大
近年, 種々のオープンソースハードウェア(OSHW)が開発され,安価なセンサも利用可能な状況であり,建築分野でも種々のモ... [more] ASN2015-14
pp.73-74
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 モバイル臭気センシングのためのデータ収集手法
岩井将行東京電機大
スマートフォンを始めとするモバイルセンサにより,ユーザが容易に屋外にてセンシングを行うことが可能になった.スマートフォン... [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-07-17
13:00
東京 東京工業大学 [Co2MnSi/Pd]n人工格子膜の磁気異方性のMgO基板結晶方位依存性
松下直輝藤野頼信高村陽太東工大)・園部義明サムスン)・中川茂樹東工大
ハーフメタル強磁性体であるフルホイスラー合金Co2MnSi(CMS)とPdの人工格子を異なる面方位の単結晶MgO基板上に... [more] MR2014-8
pp.1-5
EMCJ, EMD
(共催)
2013-07-12
11:00
東京 機械振興会館 CO2雰囲気中におけるAg接点間アークの熱力学・輸送特性
原 拓也関川純哉静岡大
アーク放電現象の特性は,ガス圧力,ガスの種類,電流など多くの外的条件によって左右される.これらの外的条件を考慮した上で,... [more] EMCJ2013-40 EMD2013-25
pp.7-12
ITS, WBS
(併催)
2012-11-26
14:45
熊本 熊本大学 [ポスター講演]追従車両に対する先行車両の加減速情報の提示効果 ~ 被験者実験による運転への影響の考察 ~
佐藤宏明東京理科大/産総研)・齋藤裕一橋本尚久産総研)・伊丹 誠東京理科大)・加藤 晋産総研
現在,日本の二酸化炭素排出量の約20%は運輸部門であり,その約9割が自動車からの排出とされている.そのため,自動車交通に... [more] ITS2012-24
pp.35-40
ITS, IEE-ITS
(連催)
2012-03-15
17:05
東京 電気学会本部 追従車両に対する加減速情報の提示効果
佐藤宏明東京理科大/産総研)・斉藤裕一橋本尚久産総研)・伊丹 誠東京理科大)・加藤 晋産総研
本報告では,トラックの自動運転・隊列走行システムにおける,エコドライブ制御の後続車の一般車両への伝搬や無駄な加減速の減少... [more] ITS2011-63
pp.51-56
IA 2012-02-24
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]情報通信技術のCO2削減への貢献に関する考察
島田淳一北陸先端大)・竹下晴子総務省)・宇野裕太郎放送大
スマートグリッドは、米国において2000年代初めからの送配電網老朽化問題への対応だけではなく、情報通信技術(ICT)を使... [more] IA2011-75
pp.59-64
MoNA, AN, USN
(併催)
2012-01-19
15:50
三重 戸田家(三重県鳥羽市) uTupleSpaceを用いたセンサ利用サービスの開発を支援する「実世界開発スタジオ」の提案と評価
森 皓平中村隆幸柏木啓一郎荒川 豊中村元紀松村 一東島由佳NTT)・石田繁巳猿渡俊介翁長 久森川博之東大
本稿では複数の開発チームによるセンサ利用サービスの分担開発を支援する「実世界開発スタジオ」を提案する.センサ利用サービス... [more] USN2011-72
pp.89-94
US 2011-10-31
13:00
山梨 山梨大学甲府キャンパス 情報メディア館 5F 多目的ホール 超臨界CO2中における弾性表面波共振子の共振特性
林 克洋垣尾省司近藤英一山梨大
気体と液体の性状を有する超臨界流体を利用した,マイクロ・ナノ材料加工に関する研究開発が活発に行われているが,反応速度の加... [more] US2011-58
pp.1-6
USN 2011-05-20
16:00
東京 機械振興会館 [招待講演]センサー情報を活用した視える化によるエネルギー最適利用 ~ 24時間小型店舗(コンビニエンスストア)の統合エネルギーマネジメント実証試験 ~
馬郡文平東大
センサー情報を活用したエネルギーの視える化によるエネルギーの最適利用に関して、横浜市、ローソン他の運用中の施設における実... [more] USN2011-9
pp.39-44
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-07
09:30
長崎 やすらぎ伊王島 ミュージアムにおける通過人数とCO2濃度の関係の検討
成谷 峻ソン ヨンア橋田朋子苗村 健東大
ミュージアムなどのパブリックな空間においては,プライバシーに配慮しつつ空間の中の人々を検出することが必要となっている.
... [more]
IE2010-146 MVE2010-134
pp.3-8
OCS, OFT
(併催)
2010-08-26
15:55
北海道 旭川ときわ市民ホール 光テープ入出力部をもつ光部品のコンパクト実装用ファンナウトアダプタ
勝山 豊惣元 亮生島佳祐小山長則山田 誠阪府大
CO2レーザによるファイバ被覆除去システムを用いた光部品のコンパクト実装、特に光テープ入出力部をもつ光部品のコンパクト実... [more] OFT2010-20
pp.23-28
SANE 2010-08-25
15:20
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 風と二酸化炭素分布を計測するコヒーレントライダーの開発
水谷耕平石井昌憲NICT
情報通信研究機構では風や二酸化炭素分布を計測できるライダー装置の研究開発を行っている。この研究では単一波長で発振する2μ... [more] SANE2010-65
pp.27-30
OFT 2010-05-27
16:25
広島 鞆公民館(福山市) CO2レーザによるファイバ被覆除去システムを用いた光部品の余長フリーコンパクト実装
勝山 豊生島佳祐惣元 亮小山長規山田 誠阪府大
CO2レーザによるファイバ被覆除去システムを提案し、被覆除去に必要なパワーPとスキャン速度Vの最適領域を実験的に明らかに... [more] OFT2010-8
pp.37-42
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会