お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
13:30
大阪 大阪大学中之島センター CIP法における異なる格子間の電磁界接続に関する一検討
谷口宣明大西崚平呉 迪日大)・山口隆志都立産技研センター)・大貫進一郎日大PN2018-72 EMT2018-106 OPE2018-181 LQE2018-191 EST2018-119 MWP2018-90
CIP(Constrained Interpolatoin Profile)法は,電磁界解析において数値誤差の少ない計算... [more] PN2018-72 EMT2018-106 OPE2018-181 LQE2018-191 EST2018-119 MWP2018-90
pp.225-228
EMT, EST, LQE, MWP, OPE, PEM, PN, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2018-01-26
10:20
兵庫 姫路西はりま地場産業センター 電磁波散乱問題へのCIP法の適用 ~ 媒質境界の取扱いに関する一考察 ~
谷口宣明日大)・山口隆志都立産技研センター)・大貫進一郎日大PN2017-89 EMT2017-126 OPE2017-167 LQE2017-149 EST2017-125 MWP2017-102
CIP法は,電磁界解析において計算精度の高い手法として期待されている.しかし電磁波の伝搬速度が変わる媒質境界において,そ... [more] PN2017-89 EMT2017-126 OPE2017-167 LQE2017-149 EST2017-125 MWP2017-102
pp.299-302
US, EA
(併催)
2018-01-23
13:00
大阪 関西大学 [ポスター講演]CIP-MOC法を用いた音響ドップラー効果の時間領域数値解析
園部拓郎大久保 寛田川憲男首都大東京)・土屋隆生同志社大US2017-97
CIP法は,音場の空間微分値を陽に計算に組み込み,同時に解く手法である.
また,音圧と粒子速度が同一の格子点上で計算が... [more]
US2017-97
pp.77-82
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]媒質の移流を考慮した音波伝搬解析へのCIP法の適用と評価
福田晃大大久保 寛首都大東京)・大嶋拓也新潟大)・土屋隆生同志社大)・金森正史JAXAEA2016-90 SIP2016-145 SP2016-85
CIP法は,音場の空間微分値を陽に計算に組み込み,同時に解く時間領域数値解析手法である.そのため,広帯域における音場の計... [more] EA2016-90 SIP2016-145 SP2016-85
pp.49-54
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
09:00
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]特性曲線法を用いた媒質の移流を含む音響伝搬数値解析の検討
福田晃大大久保 寛首都大東京)・大嶋拓也新潟大)・土屋隆生同志社大)・金森正史JAXAEA2015-107 SIP2015-156 SP2015-135
特性曲線法は,音場の支配方程式を移流方程式に変形して解く方法であり,媒質の移流がある場合に有効である.本研究では,特性曲... [more] EA2015-107 SIP2015-156 SP2015-135
pp.225-230
US 2014-06-23
13:25
東京 首都大学東京 南大沢キャンパス 不均一グリッドを用いたCIP-MOC法による音響数値シミュレーション
松村勇汰大久保 寛首都大東京)・土屋隆生同志社大)・田川憲男首都大東京)・石塚 崇清水建設US2014-17
CIP法は特性曲線法の1つであり,数値分散が発生しにくい計算手法として知られている.この手法の特徴として、波動の伝搬を計... [more] US2014-17
pp.5-8
CAS 2013-01-29
09:25
大分 別府国際コンベンションセンター CIP法に基づく微細構造を含む電磁界解析に関する一考察
関口雄太關根惟敏浅井秀樹静岡大CAS2012-80
本稿では,微細構造を含む場合と含まない場合の電磁界解析を行い,CIP (constrained interpolatio... [more] CAS2012-80
pp.83-88
OPE, LQE, OCS
(共催)
2012-10-26
16:10
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) ポストアレイ導波路における電磁界の閉じ込めについて
篠原拓也富浦和也陳 慧麗前田 洋安元清俊福岡工大OCS2012-73 OPE2012-124 LQE2012-90
本報告では、ポストアレイ導波路における電磁界の閉じ込めを、三角格子構造を有するピラー型2次元フォトニック結晶のスケールモ... [more] OCS2012-73 OPE2012-124 LQE2012-90
pp.165-170
MW 2011-12-16
15:15
山口 山口大学 差分法による誘電体の移動速度及び厚みの検出シミュレーション
辰巳隆二松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大MW2011-140
本研究では、FDTD法やCIP法の様な差分法による電磁波伝搬解析を用いて、誘電
体壁が移動することによる影響を考察した... [more]
MW2011-140
pp.83-86
LQE, OPE, OCS
(共催)
2010-10-28
09:30
福岡 門司港レトロ・港ハウス CIP法による誘電体円柱の平面波散乱解析
寺嶋寛之丸山哲生廣中伸二郎前田 洋福岡工大OCS2010-52 OPE2010-88 LQE2010-61
現在,電磁波伝搬解析にはFDTD法が広く用いられている.しかし,パルス波の解析において誤差拡散が生じ,また,解析領域の終... [more] OCS2010-52 OPE2010-88 LQE2010-61
pp.1-6
US 2010-09-29
13:25
宮城 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 FDTD解の振幅情報とCIP解の位相情報を用いた音波伝搬解析
杉村将一土屋隆生同志社大)・大久保 寛首都大東京US2010-49
本報告では,時間領域の音波伝搬解析において,数値特性の異なる2つの手法を周波数領域で合成し,逆変換により時間波形を得る手... [more] US2010-49
pp.7-12
US 2010-06-24
09:25
東京 東京農工大学 小金井キャンパス BASE本館1F 講義室1 FDTD法とCIP法を用いたハイブリッド音響シミュレーションに関する検討
大宮理生大久保 寛首都大東京)・土屋隆生同志社大)・田川憲男首都大東京US2010-15
本研究では,大規模な音響シミュレーションの精度向上のための検討として,FDTD法とCIP法を組み合わせたハイブリッドシミ... [more] US2010-15
pp.7-11
US 2010-04-22
14:55
東京 電気通信大学創立80周年記念会館リサージュ3Fホール 移流計算に非線形効果を組み入れたCIP法による2次元非線形音波伝搬解析
土屋隆生田中真幸同志社大)・大久保 寛首都大東京US2010-4
本報告では,CIP (Constrained Interpolation Profile) 法を用いた2次元非線形音波伝... [more] US2010-4
pp.13-18
CAS 2010-01-28
14:15
京都 京大会館 FPGAアレイに実装するポアソン方程式とCIP法演算回路の性能評価
佐藤一輝黎 江高橋健一田向 権小林祐一関根優年東京農工大CAS2009-67
近年,FPGAをHPC用途に使用する例が増加しつつある.
我々は,大規模FPGAを搭載し,三次元方向にI/Oを装備した... [more]
CAS2009-67
pp.19-24
AP 2009-01-23
10:20
福岡 福岡大学 CIP法のFPGA実装における時空間パイプラインによる高速化
遠藤 翔園田 潤仙台電波高専)・佐藤源之東北大AP2008-177
著者らはこれまで,FDTD 法のFPGA 実装において時空間パイプラインという新しいハードウェアアルゴリズムを提案し,従... [more] AP2008-177
pp.157-161
AP 2008-09-12
09:45
神奈川 防衛大学校 CIP-FDTDハイブリッド法の分散性による数値誤差についての検討
チャカロタイ ジェドヴィスノプ陳 強澤谷邦男東北大AP2008-89
近年,電磁界解析手法としてCIP法が新しく提案され,従来のFDTD法と比較して数値分散特性が優れているという点が注目を浴... [more] AP2008-89
pp.85-90
EMCJ 2007-11-16
15:15
東京 東京工業大学 CIP法を用いた完全導体円柱による平面パルス電磁波散乱解析
橋本将司西方敦博東工大EMCJ2007-94
筆者らは,近年提案されたCIP法を用いた音場解析や電磁界解析の研究を進めている.本研究では,TM波における2次元電磁界解... [more] EMCJ2007-94
pp.71-76
EMCJ 2007-03-09
15:15
東京 機械振興会館 電磁界解析におけるCIP法の分散関係式による数値分散誤差特性
古賀雅典園田 潤仙台電波高専EMCJ2006-126
近年,CIP (Constrained Interpolation Profile)法を用いた新しい電磁界数値解析手法に... [more] EMCJ2006-126
pp.59-64
AP 2006-09-07
13:00
東京 大橋会館(池尻大橋) C型CIP法を用いた電磁界解析
吉田雄一大久保 寛竹内伸直秋田県立大AP2006-70
著者らは,近年提案されたCIP法を用いた電磁界解析の研究を進めている.多次元CIP法としては,M型,C型及びA型があるが... [more] AP2006-70
pp.7-12
AP 2006-06-22
14:20
東京 機械振興会館 M型CIP法を用いた電磁界解析の精度に関する検討
吉田雄一・○大久保 寛竹内伸直秋田県立大AP2006-36
著者らは,近年提案されたCIP法を用いた電磁界解析の研究を進めている.本論文では,M型CIP法を用いた電磁界解析の精度に... [more] AP2006-36
pp.13-18
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会