お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, ITS
(共催)
ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2021-02-18
13:25
ONLINE オンライン開催 画像注視時の脳活動データを用いた質問応答生成モデルに基づく意味内容の推定に関する検討 ~ VQAモデルのfine-tuningに基づく高精度化 ~
高田紗弥藤後 廉小川貴弘長谷山美紀北大
本稿では,画像注視時の脳活動データを用いた質問応答生成モデルに基づく意味内容の推定手法を提案する.提案手法では,fMRI... [more]
CQ
(第二種研究会)
2021-01-21
13:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]脳ビッグデータを用いた創造性の個性
小川剛史ATR
ビッグデータを用いた機械学習技術の発展は,画像処理や自然言語処理だけでなく,脳活動データの情報処理にも大きく影響を与えて... [more]
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
09:50
ONLINE オンライン開催 In vivoフラビンタンパク蛍光イメージングにおける血液量変動由来ノイズの補正法
岡野峻也外川龍之介岡 賢太郎中尾光之片山統裕東北大MBE2020-13
フラビンタンパク質自家蛍光イメージング (FAI) 法は、細胞の代謝レベルに応じて緑色自家蛍光特性が変化する性質を利用し... [more] MBE2020-13
pp.5-8
MI 2020-09-03
14:55
ONLINE オンライン開催 畳み込みニューラルネットワークを用いたアルツハイマー病識別の高精度化
遠藤大樹伊藤康一青木孝文東北大MI2020-31
アルツハイマー病 (Alzheimer's disease: AD) は,進行性の脳疾患であり,正常加齢と異なるパターン... [more] MI2020-31
pp.63-67
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
13:25
愛知 豊橋技術科学大学 マイクロ磁気刺激におけるコイル誘導電場の数値解析と神経誘発応答に基づく評価
須貝俊介西川 淳舘野 高北大MBE2019-51 NC2019-42
磁気刺激法は近年神経疾患の治療法として広く注目されている.一般に,微小電極を用いた電気刺激法に比較して,経頭蓋磁気刺激法... [more] MBE2019-51 NC2019-42
pp.37-42
HIP 2019-03-09
15:30
高知 高知工科大 永国寺キャンパス [招待講演]視覚記憶のマルチスケール神経回路
竹田真己高知工科大HIP2018-85
「我々はどのようにして、ものを思い出すのだろうか」、ヒトをヒトたらしめるこの“記憶”という情報処理にはいまだ不明な点が多... [more] HIP2018-85
pp.19-20
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
15:05
東京 電気通信大学 fNIRSを用いた短期運動学習過程における安静時脳活動変化の評価
柄澤 匠草野利樹南部功夫和田安弘長岡技科大MBE2018-114
何も行動などを行っていない安静時にも脳は活動しており,安静時脳活動と呼ばれる.これまでに,安静時脳活動に対する運動学習の... [more] MBE2018-114
pp.141-146
MICT, MI
(共催)
2018-11-06
18:00
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 3D-CNNを用いた脳MRI画像からの年齢推定とその応用に関する検討
上田 大伊藤康一東北大)・呉 凱華南理工大)・佐藤和則瀧 靖之東北大)・福田 寛東北医科薬科大)・青木孝文東北大MICT2018-57 MI2018-57
ヒトの脳は,正常加齢に伴って,その形態が萎縮していくことが知られている.この傾向を利用することで,脳画像から年齢を推定す... [more] MICT2018-57 MI2018-57
pp.79-82
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
16:30
東京 機械振興会館 [特別講演]脳と暮らしをつなぐ ~ ブレイン・コンピュータ インターフェースとその先 ~
加納慎一郎芝浦工大MBE2017-99 NC2017-67
昨今,脳波や脳血流量,眼電図,心電図などの生体信号から情報を取り出し,ユーザの体や心の状態を推定するための試みが再びクロ... [more] MBE2017-99 NC2017-67
p.97(MBE), p.1(NC)
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-16
11:15
北海道 北海道大学 機械学習を用いたMR画像からの転移性脳腫瘍の分類に関する一検討
菅田健斗小川貴弘長谷山美紀タ キンキン工藤與亮白土博樹北大
本稿では, magnetic resonance (MR) imaging 装置により得られた MR 画像に対して, 機... [more]
MBE, NC
(併催)
2017-12-16
13:50
愛知 名古屋大学 EEG data analysis during postural sway induced by optic flow
Takahiro KagawaAichi Inst. Tech.)・Makoto MiyakoshiScott MakeigJohn IversenJohanna WagnerUCSD)・Hiroyuki KambaraNatsue YoshimuraTokyo Tech.)・Hirokazu TanakaJianwu DangJAIST)・Yoji UnoNagoya Univ.)・Yasuharu KoikeTokyo Tech.NC2017-45
人間の立位姿勢の制御には外界に対する身体姿勢の情報が必要なため,その神経制御は体性感覚だけではなく視覚や前庭感覚の多種感... [more] NC2017-45
pp.29-33
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2017-05-26
09:20
愛知 名古屋工業大学 脳 MRI 画像を用いた脳局所特徴量に基づく年齢推定手法とその性能評価
藤本竜一伊藤康一東北大)・呉 凱華南理工大)・佐藤和則瀧 靖之東北大)・福田 寛東北医科薬科大)・青木孝文東北大SIP2017-13 IE2017-13 PRMU2017-13 MI2017-13
大規模な脳 MRI 画像データベースを用いた統計解析を通して,
加齢に伴って脳組織が萎縮することが知られている.
こ... [more]
SIP2017-13 IE2017-13 PRMU2017-13 MI2017-13
pp.67-70
HIP 2017-03-10
14:40
大阪 脳情報通信融合研究センター MEG脳機能イメージングが示唆する社会的注意に対する顔刺激の重要性
呉 恵寧CiNet)・カイ曙光ECNU)・番 浩志CiNetHIP2016-91
顔は表情や視線などから強い社会的意味を含有するため、バーチャルリアリティ空間におけるコミュニケーションを考える上で重要な... [more] HIP2016-91
pp.93-98
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-02-10
15:20
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) タブレット端末を用いた頭の体操システムの利用意欲促進に関する研究 ~ 利用情報フィードバックと難易度自動調整機能に関する検討 ~
北越大輔・○清水俊平東京高専)・鈴木健太郎杏林大)・鈴木雅人東京高専WIT2016-67
著者らの研究グループでは,主に高齢者を対象とした,記憶力の維持・向上が期待できる認知訓練を実施可能となることを目指し,タ... [more] WIT2016-67
pp.25-30
MI 2017-01-18
15:24
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) 胎児脳のMRI再構築画像
小山理恵岩動ちず子千田英之佐々木由梨羽場 厳金杉智宣菊池昭彦杉山 徹岩手医科大)・ソニア プジョールバーバード大MI2016-115
 [more] MI2016-115
pp.171-176
SIS 2016-12-08
17:10
広島 広島市立大学サテライトキャンパス [招待講演]MRIを用いた生体内水分子の拡散現象の計測と解剖構造推定への応用
増谷佳孝広島市大SIS2016-41
拡散MRIとは複数の条件で撮影した拡散強調像群の総称で,信号値群に各種のモデルを適用することにより,様々な生体構造の推定... [more] SIS2016-41
pp.71-72
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと オノマトペ産生の深部脳活動
今井絵美子神戸医療専/神戸大)・片桐祥雅NICT/神戸大
クオリアに直結し得るオノマトペは言語表出が困難な失語症者に対して理解および発話を促進するとされている.近年,オノマトペを... [more]
MI 2016-07-25
15:15
北海道 苫小牧市民会館 年齢推定に有効な脳局所特徴量の効率的な選択方法に関する検討
藤本竜一伊藤康一東北大)・呉 凱華南理工大)・佐藤和則瀧 靖之東北大)・福田 寛東北医科薬科大)・青木孝文東北大MI2016-38
脳の形態変化から推定される年齢を利用することで,アルツハイマー病などの病気に対する診断支援や早
期発見につながると考え... [more]
MI2016-38
pp.13-18
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-05
16:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 ヒト機能的MRIを用いた不安に関わる全脳機能的結合の同定
高木 優奈良先端大/ATR)・酒井雄希京都府立医科大/ATR)・田中沙織ATRNC2016-6
不安は,目標指向性の行動を駆動する一方で,それに拘泥することで時に日常生活の妨げともなる.このような不安の神経基盤に関し... [more] NC2016-6
pp.159-164
MBE, NC
(併催)
2016-05-21
13:50
富山 富山大学 皮質電流源推定法による運動皮質活動の高感度イメージング
澁澤柊花土元翔平春日翔子加藤健治慶大)・山田絵美江端広樹済生会)・里宇明元牛場潤一慶大NC2016-3
慢性期脳卒中片麻痺患者を対象とした運動機能回復のためのブレイン・マシン・インターフェース (BMI) リハビリテーション... [more] NC2016-3
pp.11-16
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会