お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2021-10-15
16:50
ONLINE オンライン開催 IPフロー情報を利用した確定時間でのマルウェアトラフィック検知
小松聖矢桂 祐成垣内正年新井イスマイル藤川和利奈良先端大IA2021-27
ボットネットやランサムウェア等のマルウェアの活動による被害が社会問題となっている.マルウェアの活動を効率的に検知し被害を... [more] IA2021-27
pp.6-11
IA 2021-09-08
15:15
ONLINE オンライン開催 RPZを用いた不審なDNS外部クエリーの検知・遮断システムの一検討
一瀬 光金 勇東工大)・飯田勝吉北大IA2021-24
ボットの中でも組織内PCがDNSフルリゾルバを経由せずに直接外部にDNSクエリー(直接外部DNSクエリー)を送信するボッ... [more] IA2021-24
pp.59-64
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-10
14:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]DNS通信分析によるボットネット通信の検知・遮断技術の研究最前線
飯田勝吉北大)・一瀬 光金 勇東工大NS2020-41
ボットネットが大きな社会問題となっている。ボットネットとはマルウェアの一種であるボットが構築する論理的なネットワークであ... [more] NS2020-41
pp.3-6
NS, IN
(併催)
2020-03-06
10:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
[技術展示]大規模トラヒック解析のための機械学習パイプライン
森川 輝胡 博NTTNS2019-212 IN2019-103
近年、機械学習はネットワークトラヒックから脅威情報を自動的に抽出する手法として注目されており、ボットネット検知が一つの重... [more] NS2019-212 IN2019-103
p.191(NS), p.151(IN)
IA, SITE, IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2020-03-02
14:05
ONLINE オンライン開催 NXDOMAIN応答に着目したDGAを用いるボットの検知・遮断システムの実装と評価
井内裕貴北大)・金 勇一瀬 光東工大)・飯田勝吉高井昌彰北大SITE2019-89 IA2019-67
昨今ボットによる被害が増大している。本研究ではDomain Generation Algorithm (DGA) 型ボッ... [more] SITE2019-89 IA2019-67
pp.7-12
CS 2019-07-04
09:00
鹿児島 奄美市福祉協議会 奄美市社会福祉センター Traffic Feature-based Botnet Detection Scheme Emphasizing the Importance of Long Patterns
Yichen AnShuichiro HarutaSanghun ChoiIwao SasaseKeio Univ.CS2019-18
 [more] CS2019-18
pp.31-35
IN, NS
(併催)
2019-03-05
14:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター サイバー攻撃に焦点を当てたダークウェブマーケットのスクレイピングと統計的分析
岩永崇裕中尾彰宏東大NS2018-271
近年,サイバー攻撃ツールや攻撃代行サービスが,ダークウェブ上に構築されたマーケット(以下ダークウェブマーケット)で取引さ... [more] NS2018-271
pp.455-460
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM, IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催) [詳細]
2018-07-26
11:45
北海道 札幌コンベンションセンター 非負値Tucker分解を用いたリアルタイムボットネット検知システムの構築
金原秀明村上佑磨早大)・島村隼平クルウィット)・高橋健志NICT)・村田 昇早大)・井上大介NICTISEC2018-38 SITE2018-30 HWS2018-35 ICSS2018-41 EMM2018-37
本研究ではボットネット等にみられる協調動作の活動を早期に
把握すべく,テンソル分解を用いたダークネットトラフィック解析... [more]
ISEC2018-38 SITE2018-30 HWS2018-35 ICSS2018-41 EMM2018-37
pp.297-304
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
13:10
北海道 函館アリーナ [奨励講演]ダークウェブマーケット統計分析・可視化のためのデータ自動収集とレポジトリ生成の提案
岩永崇裕中尾彰宏東大NS2018-41
近年,サイバー攻撃ツールや攻撃代行サービスが,ダークウェブ上に構築されたマーケット(以下ダークウェブマーケット)で取引さ... [more] NS2018-41
pp.25-30
NS, IN
(併催)
2018-03-01
11:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート DDoS/Botnetに焦点を当てたダークウェブマーケットの統計的分析
岩永崇裕中尾彰宏東大NS2017-182
近年,サイバー攻撃ツールや攻撃代行サービスが,ダークウェブ上に構築されたマーケット(以下ダークウェブマーケット)で取引さ... [more] NS2017-182
pp.85-90
IA 2017-11-15
14:15
海外 KMITL, タイ・バンコク Design and implementation of NS record history database for detecting DNS-based botnet communication
Hikaru IchiseTokyo Tech./Hokkaido Univ.)・Yong JinTokyo Tech.)・Katsuyoshi IidaTokyo Tech./Hokkaido Univ.IA2017-31
 [more] IA2017-31
pp.7-11
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:30
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル C&Cセッション分類によるボット感染PC検出手法
師井日向子川原崎雅敏筑波大IN2016-99
トラフィックの特性解析によるマルウェア検出では,汎用的な検出手法や特定のマルウェアに特化した手法が研究されている.本研究... [more] IN2016-99
pp.13-18
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-21
13:20
愛知 名古屋工業大学 [奨励講演]自律進化型ボットネットの拡散にトポロジ構造が与える影響
工藤隆則摂南大)・木村共孝東京理科大)・井上文彰阪大)・阿萬裕久愛媛大)・平田孝志関西大NS2016-63
著者らはこれまでに先行研究として,ゾンビコンピュータ資源を利用してソフト
ウェアの脆弱性を発見し,さらに自律進化するよ... [more]
NS2016-63
pp.69-74
IA, SITE, IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-03
14:15
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) Detection and Control of DNS-based Botnet Communications by using SDN-Ryu Solution
Sebastian LiYong Jin・○Katsuyoshi IidaTokyo TechSITE2015-61 IA2015-93
Domain Name System (DNS) is the most widely used protocol in... [more] SITE2015-61 IA2015-93
pp.73-78
IA, IPSJ-IOT, SITE
(連催) [詳細]
2015-03-06
10:50
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) DNSにおける直接外部クエリー分析と不正通信検知手法の検討
一瀬 光金 勇飯田勝吉東工大SITE2014-74 IA2014-106
組織の内部のいずれのPCもDNSリゾルバも把握していない外部のコンピュータへの直接DNS通信は不自然であり、ボットプログ... [more] SITE2014-74 IA2014-106
pp.173-178
ICSS 2015-03-03
14:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) DGAの時間的局所性を用いたボットネット検知手法の実装と評価
福田鉄平石原知洋東大)・加藤 朗慶大ICSS2014-66
近年,ボットネットによる攻撃が多数観察されている.本研究では,ホ&#12... [more] ICSS2014-66
pp.19-24
ICSS 2014-11-28
11:35
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス(変更しました) 機械学習を用いたDNS応答パケット分析によるマルウェア感染端末検知手法の検討
津田 航門林雄基・○藤原寛高山口 英奈良先端大ICSS2014-62
ネットバンキングを利用した不正送金,スパムメール,DDoSといったセキュリティインシデントが多発し,社会問題となっている... [more] ICSS2014-62
pp.67-72
IA 2014-09-12
11:00
東京 東工大蔵前会館 DNSにおけるTXTレコードの利用方法の分析
一瀬 光金 勇飯田勝吉東工大IA2014-16
ボットネット攻撃においてDNSのTXTレコードを用いた通信の利用が報告されている。そのため、TXTレコードを用いたボット... [more] IA2014-16
pp.13-18
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
11:40
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) Hadoopを利用したDNSトラヒックのセキュリティ解析をおこなう基盤についての一検討
石原知洋田崎 創東大)・岡田和也奈良先端大)・宮本大輔関谷勇司東大ICSS2013-80
こんにち,ボットネットを初めとする様々なセキュリティ上の脅威は増加しており,その規模や被害も拡大している.ボットネットを... [more] ICSS2013-80
pp.131-135
ICSS 2009-11-13
15:55
宮崎 宮崎大学 ダークネット観測データに基づく攻撃挙動の特徴抽出に関する考察
福島祥郎堀 良彰櫻井幸一九大/九州先端科学技研ICSS2009-60
ワームによるスキャン,DDoS攻撃などによるインターネット上の脅威を早期に検知,対策するためには,ネットワーク観測による... [more] ICSS2009-60
pp.37-42
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会