お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 161件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-08
15:30
北海道 北海道大学百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低消費電力を指向した低遅延暗号MANTISをベースとした耐タンパ回路の実装評価
濵口晃輔竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-28
16:30
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
耐タンパPRINCEの深層学習電力解析攻撃
竹本 修池崎良哉野崎佑典吉川雅弥名城大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AI 2022-07-04
10:40
北海道 小樽経済センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ループ実装したPRINCEとMidori128に対するDL-SCA
竹本 修池崎良哉野崎佑典吉川雅弥名城大AI2022-3
近年,ドローンなどの小型の自律移動ロボットが拡大し,小型デバイスのサイバーセキュリティがより一層重要となっている.小型デ... [more] AI2022-3
pp.13-18
CNR 2022-07-01
14:30
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Tweakableブロック暗号を用いたSROS2の評価
竹本 修濵口晃輔池崎良哉野崎佑典吉川雅弥名城大CNR2022-7
近年,自律移動ロボットは産業分野をはじめとする幅広い領域で活用されており,ロボット開発の多機能化が求められている.また,... [more] CNR2022-7
pp.29-34
EMCJ 2022-06-10
13:50
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電波ばく露と青少年の健康影響に関する疫学研究を目的とした小児モデルの人体遮蔽特性推定
杉村海渡山本康平日景 隆大宮 学山崎圭子宮下ちひろ田村奈穂美池田敦子岸 玲子北大EMCJ2022-22
スマートフォンをはじめとした子どもに対する無線通信機器の普及により,子どもが電波にばく露する機会は増大している.一方,日... [more] EMCJ2022-22
pp.39-42
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-07
15:20
ONLINE オンライン開催 ブロックチェーン技術を用いたDNSキャッシュポイズニング検知方式の評価
田中健士朗布田裕一東京工科大)・岡崎裕之鈴木彦文信州大ICSS2021-65
インターネット通信の利用において必要不可欠なDNSへの攻撃として,DNSキャッシュポイズニングが存在する.高橋らは,ブロ... [more] ICSS2021-65
pp.38-43
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
13:00
ONLINE オンライン開催 低遅延暗号MANTISを利用したグリッチPUFの実装評価
濵口晃輔竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2021-96 HWS2021-73
PUFは認証だけでなく暗号鍵の生成などにも利用できることから,これまでに色々な種類のPUFが報告されている.FPGA実装... [more] VLD2021-96 HWS2021-73
pp.111-116
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
14:55
ONLINE オンライン開催 アンロールド実装されたAESハードウェア特有のサイドチャネル情報漏洩の評価
中嶋彩乃上野 嶺本間尚文東北大VLD2021-100 HWS2021-77
本稿では,アンロールド実装された AES ハードウェアの中間ラウンドから発生する特有のサイドチャネ
ル漏洩の評価につい... [more]
VLD2021-100 HWS2021-77
pp.135-140
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
10:55
ONLINE オンライン開催 送信プリコーディングと伝送路補間を用いた陸上音響通信に関する検討
山本捷義久保博嗣立命館大IT2021-31 SIP2021-39 RCS2021-199
本報告では,市販の音響電子機器を活用した72kbps陸上音響通信方式 (TRAC:terrestrial acousti... [more] IT2021-31 SIP2021-39 RCS2021-199
pp.18-23
SR 2021-11-05
13:50
ONLINE オンライン開催 Busy時間率を用いたバックオフ制御によるミリ波帯WBAN通信機会公平性改善手法
千田 司東北大)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2021-56
ミリ波帯 (60 GHz 帯) を用いた WBAN (Wireless Body Area Network) は WBA... [more] SR2021-56
pp.91-97
IA, ICSS
(共催)
2021-06-22
09:50
ONLINE オンライン開催 Etherpot:イーサリアムのクライアントへのサイバー攻撃を観測するためのハニーポット
王 佳佐々木貴之横浜国大)・面 和成筑波大)・吉岡克成松本 勉横浜国大IA2021-11 ICSS2021-11
近年, Ethereum は暗号通貨の取引に加え, 任意のプログラム可能な計算を実行するスマートコントラク ト機能で大き... [more] IA2021-11 ICSS2021-11
pp.56-61
ISEC 2021-05-19
13:50
ONLINE オンライン開催 Romulus-N及びRomulus-Mに対する識別攻撃及び偽造攻撃
土生 亮名大)・峯松一彦NEC)・岩田 哲名大ISEC2021-6
Romulusはtweakableブロック暗号を利用した認証暗号方式であり,NIST Lightweight Crypt... [more] ISEC2021-6
pp.25-31
HWS 2021-04-12
13:30
東京 東京大学 武田先端知ビル(武田ホール)/オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]PFB: Tweakableブロック暗号ベースの軽量認証暗号モード
内藤祐介三菱電機)・○菅原 健電通大HWS2021-6
本稿は,同著者らによる論文に基づく.ブロック長を短くすることは,軽量なブロック暗号の設計における一般的な設計方針であり,... [more] HWS2021-6
p.26
EMM 2021-03-04
14:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]監視カメラにおける映り込み領域に対する顔検出とプライバシ保護に関する考察
中井康貴栗林 稔舩曵信生岡山大)・藤井爽平石原洋之システムズナカシマEMM2020-69
本稿では, 監視カメラを想定した広角カメラでの画像から人物の顔を検出し, 顔検出領域を暗号化することでプライバシを保護す... [more] EMM2020-69
pp.13-18
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
09:25
ONLINE オンライン開催 Tweakableブロック暗号を用いた4ブロックのType-2 Feistel暗号
中家一輝岩田 哲名大IT2020-118 ISEC2020-48 WBS2020-37
Tweakableブロック暗号(TBC)を用いることで,安全なブロック暗号を構成できる.本稿では,設計が比較的容易である... [more] IT2020-118 ISEC2020-48 WBS2020-37
pp.37-44
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
13:55
ONLINE オンライン開催 Ethereumネットワークにおけるハニーポット設置に向けた攻撃活動の分析
陳 浩太面 和成筑波大IT2020-155 ISEC2020-85 WBS2020-74
近年,ブロックチェーンを基盤とする暗号資産への注目が集まっており,暗号資産Ethereumでは,設定が脆弱なノードをター... [more] IT2020-155 ISEC2020-85 WBS2020-74
pp.265-272
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:30
ONLINE オンライン開催 ブロックチェーンを用いたクラウドソーシングのワーカ評価システム
許斐健太上山憲昭福岡大NS2020-172
近年クラウドソーシングが新たなサービス提供方式として注目され,普及が広がっている.しかしクラウドソーシングではサービス事... [more] NS2020-172
pp.293-298
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-04
09:50
ONLINE オンライン開催 ミリ波帯WBAN超過密環境下のバックオフ制御を用いた送信機会公平化の基礎検討
千田 司亀田 卓末松憲治東北大SR2020-69
無線 WBAN (Wireless Body Area Network) はウェアラブルデバイスや HMD (Head-... [more] SR2020-69
pp.35-39
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
15:20
ONLINE オンライン開催 低遅延実装のMidori128に対する電力解析攻撃とその評価
竹本 修池崎良哉野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2020-87 HWS2020-62
軽量暗号Midoriは低消費電力動作を指向した暗号アルゴリズムとして提案され,電源供給に課題のあるIoTデバイスのセキュ... [more] VLD2020-87 HWS2020-62
pp.108-113
SITE, IA
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2021-03-01
10:55
ONLINE オンライン開催 ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの適用領域の考察
金子雄介日本総研)・安土茂亨chaintope)・岡田仁志NII)・山崎重一郎近畿大SITE2020-39 IA2020-35
本稿は,ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクト・プラットフォームを提案し,スマートコントラクトの適用領域につい... [more] SITE2020-39 IA2020-35
pp.1-6
 161件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会