電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]端部円形放射素子を用いたミリ波帯二次元任意角直線偏波マイクロストリップコムラインアレーアンテナの試作特性
小島亮輔榊原久二男菊間信良名工大
マイクロストリップアンテナは,基板の上に金属パターンを施し,製作される.そのため,金属パターンにより様々な特性を実現でき... [more]
AP 2017-10-20
13:00
青森 八戸商工会館 [チュートリアル講演]次世代移動通信端末のためのOTA評価
本田和博富山大
本論文では,5Gスモールセル移動通信環境におけるMIMO端末あるいは激しい人体動的変化を伴うBAN通信端末などの次世代移... [more] AP2017-103
pp.45-50
MICT, WBS
(共催)
2016-07-20
12:30
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス [ポスター講演]人体動的チャンネルにおけるBANダイバーシチアンテナのOTA性能評価
李 鯤村田圭丞本田和博小川晃一富山大
本論文では,人体動的チャンネルにおけるBANダイバーシチアンテナのOTA性能評価を行った.2次元フェージングエミュレータ... [more] WBS2016-13 MICT2016-14
pp.13-18
EMCJ 2015-07-09
13:00
東京 機械振興会館 無線周波数帯における間接ESDによる電磁雑音特性の統計測定及び通信特性評価
中屋 稜安藤秀尚安在大祐王 建青藤原 修名工大
ヘルスケア・医療の高度化に向けて,人体におけるバイタル信号のセンシングとその伝送の無線化が進められている. 一方で, 帯... [more] EMCJ2015-35
pp.25-30
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2014-12-19
10:50
静岡 静岡大学 人体における30MHz/400MHz帯デュアルモード通信の伝送路特性とBER評価
吉田瑶平安在大佑王 建青名工大
人体無線網 (BAN: Body Area Network) は医療・ヘルスケア分野への応用が期待できる無線通信技術とし... [more] EMCJ2014-77
pp.19-24
SAT 2014-10-24
13:40
海外 釜山(韓国) 64QAMにおける固定レートSpinal符号の誤り率特性
田代穂高阪市大)・森島 佑鈴鹿高専)・岡 育生阿多信吾阪市大
Spinal codes are the new approach for rateless codes. Spinal... [more] SAT2014-45
pp.141-144
MICT, RCC
(共催)
2014-05-30
15:25
東京 機械振興会館 人体伝送路におけるデュアルモード通信方式の特性評価
吉田瑶平高木祐貴光家隆司安在大祐王 建青名工大
人体無線網 (BAN: Body Area Network) は医療・ヘルスケア分野への応用が期待できる無線通信技術とし... [more] RCC2014-19 MICT2014-19
pp.93-98
CS, CAS, SIP
(共催)
2014-03-07
15:40
大阪 大阪市立大学 学術情報総合センター ハイブリッド車における高電圧電源線通信のノイズ特性と通信特性
高梨昌樹高橋篤弘田中宏哉林 宏明原田知育服部佳晋豊田中研
近年,ハイブリッド自動車や電気自動車など車両のモータ駆動化や,予防安全,快適機能の実現ため,多くの電子機器が自動車に搭載... [more] CAS2013-122 SIP2013-168 CS2013-135
pp.187-192
NS, RCS
(併催)
2011-12-15
09:35
山口 山口大学 搬送波周波数偏移におけるPSK-ZCZ-CDMAの検討
吉田純也松元隆博松藤信哉山口大)・畔柳功芳中部大
ZCZ-CDMA方式は、零相関領域を有するZCZ系列と準同期方式の採用により、他局間干渉の無い同時多元接続を実現する。本... [more] RCS2011-233
pp.7-10
IT 2010-05-21
15:00
徳島 徳島大学 最大事後確率復号における判定変数の統計的性質に関する検討
海津亜希岡 育生阿多信吾阪市大
現在, 畳込み符号の誤り率評価では計算機シミュレーションが多用されている. 解析的な評価法として誤り 率の上界式あるいは... [more] IT2010-7
pp.35-38
ITS, WBS
(併催)
2009-12-08
15:25
熊本 熊本大学工学部 [ポスター講演]MB-OFDM UWB方式を用いた車内無線通信の通信範囲予測に関する検討
金古亮平前原文明早大
近年,自動車の高性能化に伴い,通信ケーブル敷設のための作業コストの増加や通信ケーブルの重量増加に起因した燃費の低下といっ... [more] WBS2009-40
pp.23-28
OFT 2009-10-29
14:10
大分 別府国際コンベンションセンター【変更】 SI-HPCFコードを用いた高速伝送特性
相葉孝充若林知敬古川眞一矢崎総業)・小山田弥平茨城大
屈曲性と耐熱性を考慮したSI-HPCFコードを用いた高速伝送の可能性を検証する為に伝送特性の評価を行った.伝送帯域評価で... [more] OFT2009-35
pp.11-16
WBS 2009-10-16
13:00
大阪 大阪市立大学 文化交流センター [ポスター講演]擬3進M系列を用いるSS方式の誤り率
榎本 良羽渕裕真橋浦康一郎茨城大
本稿では、擬3進M系列を用いる直接拡散(Direct Sequence/Spread Spectrum:DS/SS)方式... [more] WBS2009-34
pp.55-60
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
10:15
北海道 公立はこだて未来大学(函館) サブバンド間の周波数特性を考慮したMB-OFDM UWB方式のビット誤り率に関する理論解析
金古亮平前原文明早大
UWB 通信に適用されるMB-OFDM 方式は,サブキャリヤ信号を周波数軸上に幅広く拡散することから,大きな周波数ダイバ... [more] IT2008-117 ISEC2008-175 WBS2008-130
pp.481-485
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-04
16:30
神奈川 YRP 周波数選択性MIMO通信路におけるUEP多重伝送方式の検討
土屋侑生岩波保則岡本英二名工大)・早川敬一郎高梨昌樹豊田中研
車々間通信や路車間通信のような劣悪な移動体通信環境下においては,再送無しのリアルタイムで信頼できるデータを送受信すること... [more] RCS2008-229
pp.101-106
SR, RCS, USN, AN
(併催)
2008-10-24
15:55
沖縄 沖縄産業支援センター 無線マルチホップネットワークにおける物理層ネットワークコーディングに関する一検討
Bui Anh Hong横浜国大)・Marco HernandezNICT)・河野隆二横浜国大
近年,無線マルチホップネットワークにおいて、ネットワークコーディングという革新的な転送プロトコルに関する研究が注目を集め... [more] RCS2008-128
pp.153-158
WBS 2007-10-16
08:40
広島 広島市立大学 DFTを用いるCP-MFSKのビット誤り率特性
林 隆次露木景一朗浜村昌則高知工科大)・太刀川信一長岡技科大
本論文ではMFSK (M-ary frequency shift keying) にCPM (continuous ph... [more] WBS2007-39
pp.1-6
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2006-11-17
15:25
東京 機械振興会館 地下3階2号会議室 帯域補償/多値変調技術を用いたLED高速光ワイヤレス伝送方式の検討
長谷和俊木下圭介安本英雄家田知明笹井裕之布施 優松下電器
次世代高速ワイヤレス伝送技術として、高速性と経済性の両立を目的に、LEDを用いた拡散型1Gbps光ワイヤレス伝送方式の検... [more] OCS2006-72
pp.57-61
RCS 2006-06-23
11:00
愛知 名古屋工業大学 60GHz 帯屋内マルチパス伝搬特性
トラン ハオ ゴク高木 潤小熊 博亀田 卓中瀬博之高木 直坪内和夫東北大
現在,1.5Gbit/s の超高速無線 LAN (Local Area Network) システムを実現するために,周波... [more] RCS2006-47
pp.71-76
CS, CAS, SIP
(共催)
2005-03-15
14:00
岡山 岡山県立大学 変形テントマップを用いたディジタル方式カオス同期通信法の一提案
井谷良太藤林則孝佐々木逸雄阪府大)・青木一弘阪府高専
ペコラとキャロルの研究以来,カオスの同期性を通信に適用する研究が注目されている.カオスを通信に利用することは,その予測不... [more] CAS2004-114 SIP2004-157 CS2004-250
pp.99-102
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会