電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1〜8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2019-05-11
13:25
大分 J:COM ホルトホール大分 有向グラフ構造を持つ遅延結合ベルヌーイ写像系にカオス同期を生じさせるパラメータ設計
飯塚哲也杉谷栄規茨城大
本研究では,有向グラフ構造を有する遅延結合ベルヌーイ写像系にカオス同期を誘発するパラメータ設計を行う.先行研究[Y.Su... [more] NLP2019-16
pp.87-91
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
11:40
北海道 北海道大学 百年記念会館 ビット情報の効果的な利用を考慮したカオスMIMOシステムとその性能解析
山崎 凌東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大
無線通信の手法として, 複数のアンテナを用いて通信を行う Multiple-Input Multiple-Output ... [more] NLP2018-102
pp.35-40
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2013-07-12
14:10
熊本 熊本大学 カオス理論に基づいた後処理による2値乱数の自己相関特性
森川晃大常田明夫熊本大
確率的現象を乱数で模倣するモンテカルロシミュレーションにおいては, 無相関な乱数のみでなく, 特定の自己相関特性を有する... [more] CAS2013-29 VLD2013-39 SIP2013-59 MSS2013-29
pp.159-163
NLP 2013-03-15
12:55
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 同期現象が生じる遅延結合カオス写像系の設計 ~ 結合遅延に依存しない設計手法の提案 ~
杉谷栄規小西啓治原 尚之阪府大
遅延結合ベルヌーイ写像系に生じる同期現象が安定となる結合強度と写像パラメータの設計手順を提案する.ただし,この結合写像系... [more] NLP2012-167
pp.121-126
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-03-01
14:50
東京 早稲田大学 進行数可変カオスMIMO方式の多値変調化の検討
岡本英二名工大
無線通信の物理層で秘匿性を確保することは,マルチホップ,リレー通信などにおいて簡易な中継伝送を行う際などに上位層のプロト... [more] RCS2012-350
pp.393-398
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-17
09:00
福岡 福岡大学 移動通信環境における物理層秘匿性を有するカオスMIMO-OFDM方式の検討
岡本英二名工大
無線マルチホップ,リレー通信のように,近年第三者を介して情報伝送を行う無線システムが現実的になってきた.そのため必要なユ... [more] RCS2012-125
pp.1-6
SR, RCS, SRW
(併催)
2012-03-07
16:40
神奈川 YRP カオスMIMOのカオス進行数可変による伝送誤り率特性改善に関する検討
岡本英二名工大
カオスMIMO(chaos multiple-input multiple-output: C-MIMO)はMIMO多重... [more] RCS2011-331
pp.89-94
RCS 2011-06-23
11:50
沖縄 琉球大学 個人変調
岡本英二名工大
本稿では無線伝送の個人識別の手段として変調方式を用いることを提案する.マルチホップ伝送やピコセル,フェムトセルのような小... [more] RCS2011-43
pp.49-54
 8件中 1〜8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会