お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-15
09:25
ONLINE オンライン開催 宅内生活行動観測のためのスマートタップセンサネットワークの開発と評価
井上龍一山本 寛立命館大NS2021-41
近年,スマートホームを対象としたデバイスが急速に普及し,独居高齢者の見まもりや家電の省エネ制御など生活を支援するサービス... [more] NS2021-41
pp.45-50
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-25
12:50
ONLINE オンライン開催 マルチモーダル情報に基づく就職面接練習システムの開発
竹内 直神田智子阪工大HCS2021-10 HIP2021-10
本研究では,被面接者の視線・表情・姿勢の非言語情報を視線追跡装置,カメラ画像を用いて認識し,被面接者の模範的な非言語行動... [more] HCS2021-10 HIP2021-10
pp.50-54
SeMI 2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]対象識別に向けたWiFiイメージングのシミュレーションによる検討
森田幸歩中川善博阪大)・内山 彰阪大/JSTさきがけ)・東野輝夫阪大SeMI2020-53
近年,メンテナンスが不要である行動認識手法として,WiFi電波を使ったセンシング(ワイヤレスセンシング)が注目を集めてい... [more] SeMI2020-53
pp.57-62
CQ, CBE
(併催)
2021-01-21
16:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]Threadメッシュネットワークを活用した宅内生活行動観測システムの検討
井上龍一山本 寛立命館大CQ2020-76
居住者の効果的な見まもりや省エネ制御が可能なスマートホームの実現には,居住者の生活行動を正確に認識する機能が必要となる.... [more] CQ2020-76
pp.66-67
HIP 2020-09-14
13:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 能の面(顔)と所作(身体)より感受する「曖昧なもの」について ~ 哲学および「顔・身体学」の視点より ~
小谷弥生信州大HIP2020-25
表情認知の研究対象として能面が注目を集めている.先行研究においては,能面の上下,左右,陰影等よりいかなる表情認知を行うか... [more] HIP2020-25
pp.7-12
ET 2020-01-25
11:20
和歌山 和歌山県JAビル 教員養成段階における実践的指導力の育成を目指した模擬授業の在り方 ~ 教師行動の量的分析に着目して ~
後藤壮史王寺小)・大井 翔立命館大ET2019-71
本研究では,実際の授業と模擬授業における教師行動の違いを明らかにし,より実践的な模擬授業の在り方を検討することを目的とし... [more] ET2019-71
pp.11-14
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 人物行動と物体配置に基づく日常生活空間の分節化
中浦昂樹角所 考関西学院大)・西口敏司阪工大)・飯山将晃京大
生活支援型ロボットは,人の行動パターンに応じた支援が期待される.そのためには,人が室内空間で,どのような場所で,時間帯に... [more]
HCS 2019-10-26 東京 日本大学三軒茶屋キャンパス 向社会性における「甘さ」の心理 ~ 香りによるプライミング効果の検討 ~
上原依子関西大HCS2019-51
先行研究において,甘い香りによる向社会性の促進効果が確認されてきた.本研究では,甘い香りの曝露をプライミングとして用い,... [more] HCS2019-51
pp.65-70
ET 2019-07-06
11:00
岩手 岩手県立大学 熟練・新任教師の動作パターンに基づく教師行動の定量的評価手法
姚 舜禹大井 翔野間春生立命館大ET2019-17
新任教員の課題の一つとして,「教師」として初日から講義をする必要がある.新任教員が実際の現場に近い環境で訓練することは困... [more] ET2019-17
pp.11-16
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:45
東京 電気通信大学 振り返り支援のための深層学習に基づく物体認識と手の移動軌跡に基づいた生活行動認識の検討
兒島宏樹阪工大)・大井 翔立命館大)・佐野睦夫阪工大BioX2018-51 PRMU2018-155
本研究室では高次脳機能障害者や高齢者に料理や掃除などの日常生活行動をベースとした認知リハビリテーション方式について研究を... [more] BioX2018-51 PRMU2018-155
pp.131-136
ET 2019-03-15
11:05
徳島 鳴門教育大学 模擬授業支援システムのためのST-GCNに基づく教師行動分類の検討
大井 翔姚 舜禹野間春生立命館大ET2018-97
新任教員の課題の一つとして,「教師」として初日から講義をする必要がある.講義をする機会としては,教育実習や塾などの講師な... [more] ET2018-97
pp.59-62
IN, NS
(併催)
2019-03-05
15:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター 深層学習に基づく自動車の半径・内角が異なるカーブ走行時における統一的な運転スキル分析
香川琢也ナイワラ P. チャンドラシリ工学院大IN2018-151
自動車技術の進歩と消費者の自動車購入意欲の結果から,将来の自動車社会では自動運転車両と手動運転車両が共存することが考えら... [more] IN2018-151
pp.403-408
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
09:45
北海道 北海道大学 ラストマイル自動走行における車両内外安全に対応した複数人の乗降動作判定システムの研究開発
川端伸一朗産総研/東京理科大)・加藤 晋産総研ITS2018-60 IE2018-81
産総研では,高齢過疎地等における新たな公共的移動手段として,自動運転技術を用いた端末交通システムの研究開発と実証実験(ラ... [more] ITS2018-60 IE2018-81
pp.33-36
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
16:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 ラストマイル自動走行における車両内外安全に対応した乗降状態確認システムの研究開発
川端伸一朗産総研/東京理科大)・加藤 晋産総研WBS2018-56 ITS2018-39 RCC2018-87
現在我が国では,高齢過疎地の移動手段の確保やドライバ不足の解消,コスト低減などに対して,自動運転技術を用いた新たな交通シ... [more] WBS2018-56 ITS2018-39 RCC2018-87
pp.159-163
MBE, BioX
(共催)
2018-07-26
15:15
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 2者間の教授場面における学習者の非言語的行動に着目した他覚的理解度の推定
三好 遼田口皓一橋本 学中京大BioX2018-10 MBE2018-18
本稿では,2者間の教授場面において,教授者からみた学習者の理解状態(他覚的理解度)を画像認識によって推定する手法を提案す... [more] BioX2018-10 MBE2018-18
pp.17-22
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-19
16:30
東京 青山学院大学 青山キャンパス スマートフォンの加速度センサーを用いた歩行時の個人識別における複数端末の比較検討
陳 奕舟渡邊裕司名古屋市大BioX2017-70 PRMU2017-206
我々の先行研究では,同一のスマートフォン端末で加速度を取得して歩行時の被験者の識別を行ってきた.本研究では,同じ被験者に... [more] BioX2017-70 PRMU2017-206
pp.201-206
ITS, IEE-ITS
(連催)
2018-03-07
16:15
京都 京都大学 道路環境における多物体認識を用いた行動予測に関する一検討
川波 稜松島宏典久留米高専ITS2017-87
近年,自動運転技術が注目を集めている.自動運転技術の更なる高度化のため,危険な場面に遭遇した際に衝突を回避する技術から,... [more] ITS2017-87
pp.35-40
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-20
11:45
和歌山 和歌山大学 認知リハビリテーションのための一人称視点映像を用いた掃除行動認識の検討
大井 翔兒島宏樹佐野睦夫阪工大PRMU2017-169 CNR2017-47
高次脳機能障害者の認知リハビリテーションとして,生活行動を活用したリハビリテーションは,日常生活に復帰するためにも重要で... [more] PRMU2017-169 CNR2017-47
pp.139-144
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2017-10-12
15:40
奈良 東大寺総合文化センター 自己組織化マップを用いた犬の無駄吠え行動の特徴解析
白石拓己河野英昭井上創造九工大SIS2017-27
ドッグトレーニングには報酬を呈示してしつけする方法と罰を与えてしつけする方法がある.しかし,市販の無駄吠え防止グッズには... [more] SIS2017-27
pp.35-39
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-16
15:45
東京 東京大学 本郷キャンパス 深層学習を用いた調理行動認識の検討
大井 翔池ヶ谷 剛佐野睦夫阪工大PRMU2017-61 IBISML2017-33
我々は,認知障がい者の日常生活の自立を促すために,調理行動を始めとする生活行動をリハビリ対象として,在宅で認知リハビリテ... [more] PRMU2017-61 IBISML2017-33
pp.195-201
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会