お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2020-09-10
11:30
石川 北陸先端科学技術大学院大学 金沢駅前オフィス A Study of Grammar-Concept Understanding Problem for Java Programming Learning Assistant System
Soe Thandar AungNobuo FunabikiYan Watequlis SyaifudinMinoru KuribayashiOkayama UnivET2020-15
Nowadays, Java has been broadly used in societies as a relia... [more] ET2020-15
pp.29-34
SS 2019-03-05
17:15
沖縄 沖縄産業支援センター 企業内ソースコードに対する自動バグ修正技術適用の試み
池田 翔中野大扉亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大)・吉武 浩矢川博文富士通九州ネットワークテクノロジーズSS2018-84
バグ修正の時間削減による生産性の向上を目的として,自動バグ修正の研究は盛んに行われている.
自動バグ修正は自動でバグ修... [more]
SS2018-84
pp.193-198
ET 2018-12-08
11:00
新潟 長岡技術科学大学 個人適応型ヒント提示・誘導方式によるプログラミング演習授業の支援
鈴木孝幸野上裕二納富一宏神奈川工科大ET2018-67
初学者を対象としたプログラミング教育では,アルゴリズムの理解やプログラミング言語の文法の理解が必要となる.著者らは,コメ... [more] ET2018-67
pp.9-14
ET 2018-01-27
11:25
兵庫 神戸大学 問題の自動生成とバックトラック型学習支援手法に関する研究
儀保敬人花城涼太桃原岳史宮里智樹琉球大ET2017-81
近年,就職採用試験においてリクルートマネジメントソリューションズが提供するSPI総合検査(略:SPI)が広く利用されてい... [more] ET2017-81
pp.9-12
ET 2011-03-04
10:50
徳島 徳島大学(変更されました) Javaプログラミングの予約語学習のためのオンライン穴埋め問題機能の実装
伊永洋輔松島由紀子舩曵信生中西 透天野憲樹岡山大ET2010-114
Javaは,信頼性,可搬性,学習性に優れたプログラミング言語として,多くの大学や専門学校で教育が行われている.そのため,... [more] ET2010-114
pp.125-130
SP, NLC
(共催)
2008-12-10
16:10
東京 早稲田大学(小野記念講堂) 質問応答データベースの自動作成に基づく音声対話システムの評価
森本高弘伊藤 仁東北大)・鈴木基之徳島大)・伊藤彰則牧野正三東北大NLC2008-69 SP2008-124
一問一答形式の音声対話システムにおいて質問応答データベースを用いた用例ベースの応答生成は様々な発話に頑強だが,新たなシス... [more] NLC2008-69 SP2008-124
pp.267-272
KBSE 2007-11-19
14:10
福岡 九州産業大学 シナリオの部品化とそれを用いたシナリオ作成支援
鎌石 翼大西 淳立命館大KBSE2007-28
部品化したシナリオを用いたシナリオの作成支援手法を提案する.本手法は(1)既存のシナリオからシナリオ部品を作成するプロセ... [more] KBSE2007-28
pp.7-12
ET 2007-09-01
13:35
大阪 大阪府立工業高等専門学校 技術文章を対象とした校正学習のための演習問題自動生成システム
大野博之稲積宏誠青学大ET2007-31
高等教育での日本語教育に関する重要性が高まるなか,技術文章を対象として校正・推敲支援をベースにした教育支援ツールの開発を... [more] ET2007-31
pp.39-44
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会