お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT 2021-08-20
14:45
ONLINE オンライン開催 支援機器における科学的かつ実現可能性の高い臨床評価手法に関する予備的検討 ~ 発達障害などの個別性が高い事例への対応に向けて ~
白銀 暁国立障害者リハビリテーションセンターWIT2021-16
障害者や高齢者らを支援する機器において,臨床使用あるいは関連する制度適用の判断に資するエビデンス構築への期待が高まってい... [more] WIT2021-16
pp.17-22
HCS 2021-03-15
15:40
ONLINE オンライン開催 エンドユーザのための個人適応エージェント対話フレームワークの開発
陳 思楠佐伯幸郎中村匡秀神戸大HCS2020-74
超高齢化の世界的な進行で要介護者の数が年々増加し,福祉施設や人材不足が社会状況になっている.施設介護から在宅介護へ転換す... [more] HCS2020-74
pp.37-42
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-05
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]肢体不自由者の支援技術研究の歩み(追記版) ~ 将来展望と課題について ~
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターWIT2020-29
2010年1月に開催された第51回WIT研究会において,「肢体不自由者支援技術研究のレビューと将来への展望」と題して当時... [more] WIT2020-29
pp.1-6
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 視覚障害者のユビキタスな情報環境構築に向けたオンデマンドかつピンポイントな音提示技術
倉友乃康宮川春菜水津龍馬筑波大)・益子 宗楽天/筑波大)・山中敏正善甫啓一筑波大
本研究は、視覚障害者がどこにいても必要なときに必要なだけ情報音が得られる、聴覚を用いるユビキタスな情報環境の構築を目指し... [more]
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-14
13:30
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
[招待講演]肢体不自由者の支援技術研究の歩み ~ 将来展望と課題について ~
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターWIT2019-57
2010年1月に開催された第51回WIT研究会において,「肢体不自由者支援技術研究のレビューと将来への展望」と題して当時... [more] WIT2019-57
pp.103-107
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 聞こえるカルタ ~ 視覚障害者参入型可聴化カードゲームを実現する際の音アイコンの設計と評価 ~
宮川春菜倉友乃康ヒシャム エルセル善甫啓一筑波大
本研究では, 視覚障害者が晴眼者とともに遊ぶことができるカードゲームの実現のためにカードの内容を音で提示する聴覚カードゲ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 床面投影を用いた逐次的な教示による清掃行動手順の習得支援
大木美加筑波大)・秋月秀一中京大)・ブロー バチスト鈴木健嗣筑波大
本研究では、大規模床面投影システムを備える特別支援学校の体育館(ミライの体育館)を利活用し,清掃行動手順の習得の支援を目... [more]
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]End-to-end構音障害者音声認識のための複数データベースを用いたデータ拡張
高島悠樹滝口哲也有木康雄神戸大EA2018-156 SIP2018-162 SP2018-118
本報告では,アテトーゼ型脳性麻痺による日本人構音障害者の音声認識を行う. 意図的な動作時や緊張状態にある場合に筋肉の不随... [more] EA2018-156 SIP2018-162 SP2018-118
pp.335-340
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
15:45
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [特別講演]発達障がい児支援とICT
縄手雅彦島根大WIT2018-74
2004年の発達障害者支援法の施行以来徐々にではあるが発達障がいを持つ人々への支援についての理解が進んできた.彼らが様々... [more] WIT2018-74
pp.99-104
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2018-12-05
16:15
東京 産総研臨海副都心センター(東京) オンスクリーンキーボードを用いた視線入力による文字入力作業における視線の運動解析
加藤 奏林 豊彦棚橋重仁新潟大WIT2018-43
近年,重度肢体不自由者が支援機器を用いるときの入力法として,視線入力が一般化してきている.現在の視線入力のユーザインター... [more] WIT2018-43
pp.53-58
WBS, MICT
(共催)
2018-07-06
12:10
神奈川 横浜三井ビルディング リハビリテーションにおけるモチベーションと身体的努力を向上するための支援技術
ヤーッコ ヒリュ小林 匠河野隆二横浜国大WBS2018-13 MICT2018-33
 [more] WBS2018-13 MICT2018-33
pp.45-48
WIT, SP
(共催)
2017-10-20
08:50
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) [招待講演]高齢者の認知機能低下と認知症の予防を目的とする会話支援技術の開発
大武美保子理研SP2017-47 WIT2017-43
本稿では,高齢者の認知機能低下と認知症予防を目的として,認知機能を活用する会話ができるよう,ルールを加えた会話支援手法と... [more] SP2017-47 WIT2017-43
pp.75-76
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-02-11
11:25
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 重度運動機能障害者のためのモジュール型ジェスチャインタフェースの基礎的評価
中山 剛伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター)・依田育士産総研WIT2016-73
脳性まひ,脳卒中後遺症,頸髄損傷,進行性筋疾患,進行性神経疾患などが原因となり,汎用のキーボードやマウスではパソコン操作... [more] WIT2016-73
pp.57-60
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2015-12-08
17:10
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 臥位から歩行を可能にする自立生活サポートシステムの開発
所 晃史太田浩貴小林 宏東京理科大WIT2015-69
本研究では介護現場において,介護者の負担を軽減し,被介護者が自立して生活できるようにするための介護機器として,ベッドから... [more] WIT2015-69
pp.33-38
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2015-12-08
18:30
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 便座からの起立・着座動作時の頭部運動に着目した身体的負担に関する考察
近井 学産総研)・小澤恵美昭和伊南総合病院)・土井幸輝特総研)・島田茂伸都立産技研センター)・和田親宗九工大)・井野秀一産総研WIT2015-73
本研究では,加齢などにより下肢筋力が低下した人たちの立ち上がり動作などの日常生活における身体的負担を軽減するための小型動... [more] WIT2015-73
pp.53-57
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
16:50
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 情報コストに基づく支援機器開発スタートアップ時における確認項目
梶谷 勇産総研PRMU2015-47 SP2015-16 WIT2015-16
障害者や高齢者の活動を支援する機器(支援機器)の開発が活発に行われているものの,開発されたもののすべてが商品化されて定着... [more] PRMU2015-47 SP2015-16 WIT2015-16
pp.89-94
WIT 2015-03-14
10:10
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス 汎用コミュニケーションエイドVCAN/3Aのログデータを用いた言語能力評価の試み
笹川佳蓮林 豊彦入山満恵子新潟大)・青木さつき白根大通病院)・乾 浩明信原病院WIT2014-106
コミュニケーション障がい児に対してコミュニケーション支援するために,言語およびコミュニケーションの能力を「言語検査」を用... [more] WIT2014-106
pp.119-124
WIT 2014-12-11
13:50
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 重度肢体不自由者向け操作スイッチGSN/1の誤入力除去性能の改善
遠藤雅也林 豊彦新潟大)・織田 孝日本ALS協会)・遁所直樹自立生活福祉会)・山口俊光新潟市障がい者ITサポートセンター)・乾 浩明信原病院WIT2014-62
重度肢体不自由者は意思伝達のためにパソコンを利用する必要がある.パソコン操作には,わずかな運動でも操作できる操作スイッチ... [more] WIT2014-62
pp.51-56
WIT 2013-08-29
15:40
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 ケアサービスへの技術導入に関する調査報告
梶谷 勇阪口 健松本吉央谷川民生神徳徹雄産総研WIT2013-28
高齢者や障害者の支援を行う技術の導入を検討する際、その技術についての情報を探索するコストの高さが、現場における技術導入に... [more] WIT2013-28
pp.27-30
SP, WIT
(共催)
2013-06-13
10:30
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 地磁気センサを用いた操作スイッチGSN/1の振戦時における性能評価
遠藤雅也林 豊彦新潟大)・織田 孝JALSA)・遁所直樹自立生活福祉会)・山口俊光新潟市障がい者ITサポートセンターSP2013-31 WIT2013-1
重度肢体不自由者は,意思伝達装置や環境制御装置などの支援機器を用いることにより,生活の自立性を高めることができる.このよ... [more] SP2013-31 WIT2013-1
pp.1-6
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会