電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2021-03-06
12:30
ONLINE オンライン開催 眼球情報を用いたプログラムコード読解行動評価に関する検討
原田紘人中山 実東工大ET2020-66
コード読解能力は眼球反応の特徴を反映している可能性があるため,眼球情報を分析することにより,新たな評価指標として用いるこ... [more] ET2020-66
pp.83-86
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-15
13:25
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
点字図書館等による視覚障害者等向けアウトリーチの現状調査
松田七海鶴見大)・元木章博鶴見大/東北大WIT2019-62
図書館の利用に障害のある人々へのサービスは,近年の障害者差別解消法や読書バリアフリー法制定等により,さまざまな取り組みが... [more] WIT2019-62
pp.151-154
ET 2017-03-10
09:40
愛媛 新居浜工業高等専門学校 プログラム意味理解学習におけるソースコード構造化の枠組みに基づく補助問題出題機能の設計・開発
渡辺圭祐東京理科大)・東本崇仁東京工芸大)・藤森 進赤倉貴子東京理科大ET2016-108
プログラミング学習において,プログラムを作るだけでなく,“読む行為”もプログラミング学習に良いとされている.著者はプログ... [more] ET2016-108
pp.85-88
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
10:55
北海道 北海道大学 児童がデザイン可能な図書紹介ロボットによる読書への興味促進
工藤佑介佐藤拓也栢野 航大澤博隆筑波大PRMU2016-162 CNR2016-29
学校図書館は児童に読書への習慣づけを行うための機能を十分に発揮することが求められている.読書への習慣づけをさせるためには... [more] PRMU2016-162 CNR2016-29
pp.57-62
CPSY, DC
(併催)
2014-07-28
18:15
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 商用マルチコアCPUにおけるHTMを用いた投機的並列処理の性能評価
松野 穣大津金光大川 猛横田隆史宇都宮大CPSY2014-16
近年普及しているマルチコアプロセッサを効果的に活用する方法としてスレッドレベル並列性を活用した並列処理が必須であり, そ... [more] CPSY2014-16
pp.37-42
ET 2014-06-14
10:30
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) 多重ループ理解を支援するコードリーディング支援環境を用いた教育実践
山下浩一浜松大)・長尾貴正小暮 悟野口靖浩小西達裕伊東幸宏静岡大ET2014-9
我々は先行研究において,対象世界・プログラム・操作系列の対応を視覚化するコードリーディング支援環境を利用し,多重ループを... [more] ET2014-9
pp.7-12
ET 2008-12-13
16:00
宮崎 宮崎大 新学習指導要領を視野に入れた情報モラルの学習と言語活動への取り組み
伴 浩美東京未来大)・伴 太牧西東京市立田無第三中学校ET2008-72
2006年のOECDによるPISA(Programme for International Student Assess... [more] ET2008-72
pp.81-86
SITE 2008-10-17
16:35
神奈川 神奈川大学KUポートスクエア(みなとみらい) 新学習指導要領の頻出語彙分析
伴 浩美東京未来大)・伴 太牧西東京市立田無第三中学校SITE2008-35
2006年のOECDによるPISA(Programme for International Student Assess... [more] SITE2008-35
pp.27-30
ET 2007-03-09
13:55
高知 高知工科大学 デバッガとの連携によるC言語学習支援システムの提案
西 輝之岡山県立大)・劉 渤江岡山理科大)・横田一正岡山県立大
プログラミング言語の演習形式によるe-Learningが普及しつつある。しかし作成したプログラムの評価が重視され、学習途... [more] ET2006-136
pp.173-178
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会