お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-3DMT, ITE-IDY
(共催)
SID-JC
(共催)
EID, IEE-OQD
(連催) [詳細]
2021-11-12
13:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]テーブルの全周から観察できる裸眼3Dディスプレイ技術fVisiOn
吉田俊介京都橘大EID2021-1
我々が開発したテーブル型3Dディスプレイ「fVisiOn」は,何もないテーブルの中央に人数を問わず全周360°から裸眼で... [more] EID2021-1
p.1
CQ 2019-07-18
15:50
新潟 新潟大学 [特別招待講演]超臨場感コミュニケーション技術俯瞰と今後のQoE評価への期待 ~ 超臨場感による空間価値創造 ~
板倉英三郎ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズCQ2019-51
近年のICTの急速な発達により、従来型映像音声コミュニケーションシステムとは質的に異なる超臨場感コミュニケーションが実現... [more] CQ2019-51
pp.73-77
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2014-05-29
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター リーチング運動における対象の視知覚位置推定技術の精度向上方法の検討 ~ カイ2乗分布の関数を用いた推定 ~
松島和輝ピヤラット シラパスパコォンウォン海野 浩鈴木雅洋上平員丈竹田裕一神奈川工科大HCS2014-3 HIP2014-3
本研究では,リーチング運動から視知覚位置を推定する技術の正確性を向上させる方法を検討する.3D映像と観察者の身体との相互... [more] HCS2014-3 HIP2014-3
pp.11-16
HCS 2014-03-04
17:00
石川 山代温泉 瑠璃光 映像の3Dらしさに対する感性評価の時間的変化
伊丸岡俊秀神宮英夫金沢工大HCS2013-114
3D映像クリエイターのインタビューから選定した感性評価語を用いて,家庭用3Dテレビでの3D映像視聴に対する感性評価を測定... [more] HCS2013-114
pp.57-60
IMQ 2013-12-13
15:50
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 3D映像の評価に関するアンケート結果の統計的分析
河畑則文宮尾 克名大IMQ2013-22
今までに,映像の視覚疲労や映像酔いについて,多くの研究がなされてきた.一方で,近年の3D映像を視聴する機会の増加により,... [more] IMQ2013-22
pp.27-32
CQ 2013-07-12
10:15
北海道 北海道大学 パケットロス環境における3D映像通信に向けた主観評価実験
山崎貴宏西 敬OKICQ2013-23
遠隔オフィス間コミュニケーションを高い臨場感で実現するためには,3D 映像によるリアルタイム通信が有効であると考える.遠... [more] CQ2013-23
pp.55-60
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-12
10:35
福岡 福岡工業大学 音楽技能習得における3D映像の活用可能性について
馬田一郎伊藤禎宣NICT)・小川純一ヤマハ)・安藤広志NICTCQ2012-91
3D映像の技能伝達における効果を検証するため,音楽技能伝達を題材とした分析について紹介した.模範として3D映像を用いる場... [more] CQ2012-91
pp.43-46
IMQ 2013-01-25
13:50
兵庫 神戸大学 3D映画視聴時の輻輳と調節の不一致についての考察
渋田優輝川村祐太東海大)・小玉博也アストロデザイン)・山田光穗東海大IMQ2012-29
これまで3D映像が人に与える影響につて多くの研究が行われている。3D映像を見ている際に引き起こされるとされている、眼精疲... [more] IMQ2012-29
pp.5-8
MoNA, CQ
(併催)
2012-09-27
11:40
香川 丸亀町レッツホール(高松市) 3D映像サービスに対する他覚的疲労感評価法の一検討
川嶋喜美子岡本 淳NTT)・石川和夫東京工芸大)・根岸一乃慶大CQ2012-43
お客様に快適な3D映像サービスを提供するためには,従来までの画質評価に加えて,3D映像サービスの安全性(疲労感・映像酔い... [more] CQ2012-43
pp.13-18
MoNA, CQ
(併催)
2012-09-28
10:40
香川 丸亀町レッツホール(高松市) 3D映像を対象とした主観品質評価法の性能比較
河野太一山岸和久NTTCQ2012-51
近年,3D映像を用いたサービスが普及してきている.サービスプロバイダが高い品質の3D映像をユーザに提供するためには,ユー... [more] CQ2012-51
pp.53-58
CQ 2012-07-13
13:35
愛媛 愛媛大学 遠隔オフィス間における実用的な3D映像通信へ向けた主観評価実験
山崎貴宏西 敬野中雅人OKICQ2012-36
臨場感の高い遠隔オフィス間コミュニケーションの実現のために,3D映像によるリアルタイム通信が有効であると考える.遠隔オフ... [more] CQ2012-36
pp.113-117
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-19
14:20
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス [チュートリアル招待講演]魅力的な3D映像の制作技術
田中 勉デジタルコンテンツ協会CQ2011-66 PRMU2011-157 MVE2011-66
輻輳と調節が乖離しない“快適3D表示空間(視差量)”が存在する。この快適3D空間と三次元相似な制作空間を使用すれば、被写... [more] CQ2011-66 PRMU2011-157 MVE2011-66
pp.61-66(CQ), pp.97-102(PRMU), pp.97-102(MVE)
HIP 2011-07-24
10:50
富山 富山国際会議場 対象に触れる身体運動を利用した立体表示仮想対象の視知覚位置推定技術 ~ 視知覚位置の推定確度・精度における身体運動距離の依存性 ~
高沢渓吾鈴木雅洋上平員丈神奈川工科大HIP2011-36
本研究では,我々がこれまでに提案した観察者の運動から仮想対象の視知覚位置を推定する技術について,この技術が有効に作用する... [more] HIP2011-36
pp.41-45
EID, ITE-IDY, IEE-EDD, IEIJ-SSL
(連催)
2011-01-29
11:35
高知 高知工科大学 研究教育棟B DFD技術を用いたリアルタイム実写3D映像の表示
安藤康子小澤史朗磯 和之向内隆文松浦宣彦NTTEID2010-42
DFD(DFD : Depth Fused 3-D)ディスプレイは、電子ディスプレイ2面を奥行き方向に重ねて3D表示を行... [more] EID2010-42
pp.133-136
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2010-06-10
16:15
宮城 東北大学電気通信研究所 [招待講演]次世代コンテンツの動向と記録メディアへの期待
青木輝勝東北大MR2010-6
本稿では、次世代コンテンツの原理、歴史、技術動向について3D映像、五感コンテンツを対象として概観するとともに、それらのコ... [more] MR2010-6
pp.37-44
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会