電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
09:50
熊本 くまもと県民交流館パレア Face-down積層型3次元FPGAの性能評価
明石啓司郎尼崎太樹趙 謙飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2017-42
次元FPGA(Field programmable Gate Array) は微細化とは異なる方法で集積度,遅延を改善す... [more] RECONF2017-42
pp.31-36
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
10:55
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 3次元FPGA向け消費電力解析ツール
池邊雅登趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2016-46
近年は微細化によらず集積度を高める技術として3 次元積層技術が注目を集めている.
しかし,垂直配線に用いられるTSV(... [more]
RECONF2016-46
pp.35-40
RECONF 2015-06-19
12:00
京都 京都大学 高速シリアル通信機構をもつ3次元FPGAの面積最適化
竹内悠登趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2015-4
微細化に依存しないLSI(Large Scale Integration)の性能向上の手段として,3次元積層技術が注目さ... [more] RECONF2015-4
pp.17-22
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-29
11:05
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス レイヤ間接続を削減した3次元FPGAアーキテクチャの検討
趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大VLD2014-120 CPSY2014-129 RECONF2014-53
More than Mooreを代表する技術として3次元積層技術が注目を集めている.特にFPGAの3次元化は配線短縮,小... [more] VLD2014-120 CPSY2014-129 RECONF2014-53
pp.41-46
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
10:45
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 3次元FPGAアレイ"Vocalise"を用いたhw/sw複合体による移動体システム
久保泰正黎 江横田 怜荻島裕一関根優年東京農工大RECONF2014-37
本研究室では3次元FPGAアレイHPCシステムとして“Vocalise”(Virtual Object by Confi... [more] RECONF2014-37
pp.19-24
RECONF 2014-06-12
11:15
宮城 片平さくらホール 高速シリアル通信を用いた3次元FPGAの検討
梶原拓也尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2014-7
LSI(Large Scale Integration)の性能向上の手段として,微細化に依存しない 3次元積層技術が注目... [more] RECONF2014-7
pp.31-36
RECONF 2013-09-19
13:00
石川 北陸先端科学技術大学院大学 3次元FPGAアレイVocaliseの回路構成方法
久保泰正黎 江集 祐介小笠原 麦関根優年東京農工大RECONF2013-32
制御用と演算用2つのFPGAを搭載したFPGAカードを多数組み合わせることで3次元FPGAアレイHPCシステム,Virt... [more] RECONF2013-32
pp.73-78
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会