お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 2件中 1~2件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IE, MI
(共催)
2010-05-14
09:45
愛知 中部大 2次元主成分分析を用いた少数サンプル症例からの統計形状モデル構築
健山智子田中泰史小原伸哉立命館大)・Amir H Foruzanテヘラン大)・古川 顕滋賀医科大)・陳 延偉立命館大IE2010-32 PRMU2010-20 MI2010-20
統計形状モデルは医用画像データの統計解析による人体臓器の個体間のバラツ
キを記述したものであり, 計算解剖学や術前計... [more]
IE2010-32 PRMU2010-20 MI2010-20
pp.103-108
PRMU 2009-03-14
10:45
宮城 東北工業大 2次元主成分分析を用いたMahalanobis距離最小化による高次元線形写像計算法:2D-M3
岡 藍子和田俊和和歌山大PRMU2008-267
高次元ベクトル間の写像を単純な回帰計算で求めた場合,学習サンプル数よりも入力次元数が高い場合に多重共線性の問題が生じる.... [more] PRMU2008-267
pp.183-190
 2件中 1~2件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会