電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, MW
(併催)
2018-09-21
09:30
東京 東京工業大学 26GHz帯ダイレクトディジタルRF変調器用イメージエンハンスメント型1ビットDAC
張 俊皓数野将史本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大MW2018-62
我々は,直接ディジタル信号からナイキスト周波数を超えるRF信号を生成することができるダイレク ダイレク トディジタル ト... [more] MW2018-62
pp.17-21
AP, MW
(併催)
2017-09-22
11:10
埼玉 埼玉大学 高次ナイキストゾーンにおけるマンチェスタ符号を用いた1ビットバンドパスΔΣ変調器のSNR
数野将史本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大MW2017-73
RF信号をディジタル回路から直接生成する方法として第1ナイキストゾーンを用いた1ビットΔΣ変調器が報告されている.高次ナ... [more] MW2017-73
pp.29-34
RCS 2013-04-19
14:15
沖縄 石垣市民会館 定包絡線変調受信機のための1bit量子化A/D変換器の構成と試作評価
兼本大輔牟田 修福永龍太古川 浩金谷晴一吉田啓二九大RCS2013-22
著者等は, 無線機における送信電力増幅器の電力効率改善と受信アナログ回路の簡素化の観点から, 受信機において1bit A... [more] RCS2013-22
pp.119-124
SR 2012-05-24
13:00
神奈川 慶応大(日吉キャンパス) [技術展示]ユーザセントリックワイヤレスネットワークにおける1ビット圧縮センシング技術と巡回ランダム行列による圧縮技術
山田貴之李 斗煥加保貴奈芝 宏礼山口 陽赤羽和徳上原一浩NTTSR2012-10
ユーザが無線方式の世代交代や違いを意識することなく,無線方式の端末でもいつでも簡易にネットワークにアクセス可能なユーザセ... [more] SR2012-10
pp.59-64
AP 2010-03-08
16:25
埼玉 埼玉大学 ミリ波イメージング用リフレクトアレーアンテナ
鴨田浩和岩崎 徹津持 純九鬼孝夫NHKAP2009-219
ミリ波イメージング用の電子走査アンテナとして,60GHz帯リフレクトアレーアンテナを試作・評価した.リフレクトアレーの反... [more] AP2009-219
pp.85-90
MW 2009-09-25
09:25
東京 電通大 PINダイオードを用いた60GHz帯電子走査リフレクトアレーアンテナ
鴨田浩和岩崎 徹津持 純九鬼孝夫NHKMW2009-75
60GHz帯電子走査リフレクトアレーアンテナの試作・評価を行った.反射素子は,誘電体基板上に形成されたマイクロストリップ... [more] MW2009-75
pp.7-12
US 2008-02-26
15:10
東京 シャープ・市ヶ谷ビル・エルムホール 1ビット信号処理による相互相関処理を用いた超音波距離計測実験
平田慎之介黒澤 実東工大)・片桐 崇すてきなUS2007-117
パルスエコー法を用いた超音波距離計測では,送信した超音波パルスと計測対象から反射するエコーとの時間遅れ(Time of ... [more] US2007-117
pp.49-54
OFT, OCS
(併催)
2007-08-23
14:30
北海道 北見工業大学 1ビット遅延デュアルチャネル型線形光サンプリング法を用いた光差動位相変調信号の観測
岡本圭司伊藤文彦NTTOFT2007-14
近年,基幹系ネットワークでは光位相変調方式を用いた高速光伝送システムが導入されつつあり,その診断技術の重要性も高まってい... [more] OFT2007-14
pp.1-6
NLP 2007-08-07
10:45
静岡 静岡大学工学部 1状態1ビット通信セルラ・オートマトンの数列生成能力について
上川直紀梅尾博司阪電通大NLP2007-56
セルラ・オートマトン(CA)は,John von Neumannによって考案された.
自己複製機械の研究で考案されたセ... [more]
NLP2007-56
pp.19-24
NLP 2007-06-08
13:00
広島 広島工業大学広島校舎 2状態1ビット通信セルラ・オートマトンで生成可能な2次多項式数列について
上川直紀梅尾博司阪電通大NLP2007-11
セルラ・オートマトンは,John von Neumannによって考案された.
自己複製機械の研究で考案されたセルラ・オ... [more]
NLP2007-11
pp.1-5
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会