お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
13:00
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス 鮮鋭化・ぼやけピクチャを用いた画面間予測による動画像符号化
松尾康孝NHKIMQ2019-35 IE2019-117 MVE2019-56
ぼやけ度合が変化するシーンの符号化効率を改善するために,画面間予測の参照ピクチャとして従来の局部復号ピクチャに加えてその... [more] IMQ2019-35 IE2019-117 MVE2019-56
pp.97-102
SIS 2017-12-15
11:30
鳥取 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館) 多次元ヒストグラム転写を用いたコントラスト強調法の一提案
植田祥明山口大)・古賀崇了徳山高専)・末竹規哲内野英治山口大SIS2017-52
画像のコントラスト強調法のひとつに,ヒストグラム均等化がある.ヒストグラム均等化では,画像の輝度値の出現頻度を求め,その... [more] SIS2017-52
pp.107-112
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-20
10:00
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 強い色かぶりをもつ水中画像の鮮鋭化に関する検討
馬場達也京地清介奥田正浩北九州市大IT2016-91 SIP2016-129 RCS2016-281
本稿では水中画像における画像鮮鋭化手法を提案する.水中で撮影される画像は,特定色が画像全体を支配し,さらには霞がかってい... [more] IT2016-91 SIP2016-129 RCS2016-281
pp.261-266
IMQ 2016-05-27
14:05
千葉 千葉大学 高臨場表示システムのための斜め視と鮮鋭度に関する主観評価実験
杉山賢二大池 歩丸山由比粟野直之成蹊大IMQ2016-2
超高精細画像(4K/8K) 映像システムを用いると単一ディスプレイで高臨場表示が可能になる。そこでは、伝送での負担を軽減... [more] IMQ2016-2
pp.7-12
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
18:25
沖縄 名桜大 waifu2xに基づく画像縮小
井上光平原 健二浦浜喜一九大IMQ2015-52 IE2015-151 MVE2015-79
最近,画像を高品質に拡大するwaifu2xというツールが公開され,話題になって
いる.本論文では,waifu2xに基づ... [more]
IMQ2015-52 IE2015-151 MVE2015-79
pp.135-138
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-07
09:35
大分 別府国際コンベンションセンタ イメージワーピングによる画像強調の一検討
尾島修一崇城大IMQ2013-57 IE2013-166 MVE2013-95
画像の鮮鋭感を増す手法にエッジの幅を急峻化する手法がある.また,エッジをシャープにするだけでなく,黒領域や白領域を伸長す... [more] IMQ2013-57 IE2013-166 MVE2013-95
pp.159-164
SIS 2013-12-12
09:45
鳥取 とりぎん文化会館(鳥取) DCT符号情報の埋め込みとその拡大画像鮮鋭化への応用
古川翔大茨木風太末竹規哲内野英治山口大SIS2013-29
本報告では,画像拡大によるぼけた画像の鮮鋭化を行うために原画像のエッジ情報を用いた新しい方法を提案する.高解像度画像はデ... [more] SIS2013-29
pp.13-16
SIS 2012-12-13
10:40
千葉 日大津田沼キャンパス 対話型遺伝的アルゴリズムに基づくユーザの嗜好を考慮した画像鮮鋭化システム
植田祥明宇部高専)・倉本陽平山口大)・久保田良輔宇部高専)・末竹規哲内野英治山口大SIS2012-31
ディジタル撮像機器やパーソナルコンピュータの普及に伴い,ディジタル画像の取得・保存・加工が手軽に実現できるようになった.... [more] SIS2012-31
pp.13-18
MI 2009-07-15
09:30
東京 産総研臨海副都心センター 別館11F 会議室1 FREBAS展開を利用した単一画像の超解像的拡大法
原田祐志伊藤聡志宇都宮大)・山田芳文元宇都宮大MI2009-40
本研究では,画像が実関数との拘束条件と我々が提案するFREBAS変換とにより反復的に画像の鮮鋭化を行う方法を提案する.一... [more] MI2009-40
pp.1-5
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-06
12:30
山口 山口大学 常盤キャンパス 雑音除去と鮮鋭化によるデジタル画像の画質改善
田中 豪末竹規哲山口大)・内野英治山口大/ファジィシステム研CAS2007-116 SIP2007-191 CS2007-81
アンシャープマスキング(UM)は,不鮮明な画像を鮮鋭にするために広く用いられている。しかし,入力画像に雑音が重畳している... [more] CAS2007-116 SIP2007-191 CS2007-81
pp.45-50
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会