お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME, IEE-DEI
(連催)
2022-07-19
10:10
長野 軽井沢観光振興センター会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
可溶性ポリマーを多層化して作製した青色及び白色発光逆構造有機EL素子
加藤正都関野太介伊東栄次信州大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
OME, IEE-DEI, IEE-EFM
(連催)
2022-02-10
11:30
ONLINE オンライン開催 プッシュコート法を用いて積層した逆構造ポリマー有機ELの作製と性能向上
加藤正都関野太介・○伊東栄次信州大OME2021-55
本研究では高分子材料を積層した逆構造有機ELの作製と性能向上について検討を行った.Al-doped ZnOナノ粒子(AZ... [more] OME2021-55
pp.5-10
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
ITE-IDY, EID, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2022-01-28
10:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) メソゲンデンドリマー配向剤とポリマー壁を用いたスマートウィンドウ用フレキシブル高分子分散液晶の作製
楠原隆生石鍋隆宏柴田陽生東北大)・桃井優一桃陽)・羽場 修山形大)・藤掛英夫東北大EID2021-5
高透過率と高い柔軟性を有するフレキシブルスマートウィンドウの実現に向けて、液晶性デンドリマーによる自発的な垂直配向(VA... [more] EID2021-5
pp.5-8
OME 2022-01-07
14:05
大阪 中央電気俱楽部 213号室 nチャネル高分子トランジスタを用いた有機フローティングゲートメモリのデバイス特性
西田直之服部励太郎永瀬 隆安達天規森川和慶小林隆史内藤裕義阪府大OME2021-48
高分子半導体をチャネルとするトップゲート有機電界効果トランジスタ (有機FET) に高分子絶縁体 (PMMA) と可溶性... [more] OME2021-48
pp.4-8
OME 2022-01-07
15:05
大阪 中央電気俱楽部 213号室 大出力糖類燃料電池のアノード触媒開発 ~ 導電性高分子、カーボンナノチューブとPtRuの複合膜 ~
金藤敬一宇戸禎仁阪工大OME2021-50
PEDOT*PSS, SWCNTとPtRu触媒の複合膜をアノード電極に用いたグルコース/KOH燃料電池を作製した。出力の... [more] OME2021-50
pp.14-19
OME 2022-01-07
15:55
大阪 中央電気俱楽部 213号室 D-A型共役高分子の液中凝集性を利用した一軸コーティング法による超高配向薄膜の作製
籔内湧太蓑輪 裕藤井彰彦阪大)・永松秀一九工大)・永野修作立教大)・梶井博武尾﨑雅則阪大OME2021-52
溶液中において棒状の凝集体を形成するドナー・アクセプタ型共役高分子PDPP-DTTを用い,バーコート法によって分子配向薄... [more] OME2021-52
pp.23-28
OME 2022-01-07
16:20
大阪 中央電気俱楽部 213号室 無機・有機ハイブリット誘電体ミラーを内包した絶縁型交流駆動有機EL素子の過渡応答特性の検討
梶井博武高山祐人黄 毛蔚森藤正人近藤正彦阪大OME2021-53
溶液プロセス可能な高い屈折率を有する無機材料は,誘電体ミラー等の光学部品を作製する上で重要である.強誘電性を有し,フッ素... [more] OME2021-53
pp.29-33
OME 2021-12-24
16:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]物理蒸着によるフッ素系高分子薄膜形成と光学応用
臼井博明東京農工大OME2021-34
フッ素系高分子薄膜は低屈折率,低誘電率,低損失,低表面エネルギーなど特徴的な物性を持つが,難溶性であることや環境負荷が大... [more] OME2021-34
pp.32-37
US 2021-02-22
17:15
ONLINE オンライン開催 薄層を介して送受信される超音波の理論モデルとその活用
燈明泰成東北大US2020-75
音波が薄層を通過する際,音圧透過率と反射率は周波数依存性を示し,共鳴周波数において前者は最大値を,後者は最小値を示す.本... [more] US2020-75
pp.41-44
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-28
13:05
ONLINE オンライン開催 凹レンズ効果によるリバースモード液晶素子の散乱特性向上に関する研究
伊藤耀希山口留美子秋田大EID2020-16
電圧オフ時に透過状態、電圧オン時に散乱状態を示すリバースモード液晶素子として働く散乱機構は、いくつか提案されている。その... [more] EID2020-16
pp.5-8
MW 2019-12-19
14:40
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス [特別講演]マイクロ波帯・ミリ波帯における導電性高分子含有布の電波遮蔽特性
枝松航輝本良瑞樹末松憲治三浦 健鳥光慶一東北大MW2019-123
近年,電磁波の人体へ暴露や 機器への電磁干渉が問題となっている. そのため 導電性布で被干渉源を覆
い電磁波を遮蔽し ... [more]
MW2019-123
pp.25-30
OME 2018-11-28
16:30
兵庫 じばさんビル502室(姫路) 狭帯域検出に向けたポリ(3-ヘキシルチオフェン)系有機受光素子の作製と受光感度特性の検討
奥井陽有人梶井博武近藤正彦阪大OME2018-35
様々な膜厚を有するpoly(3-hexylthiophene)(P3HT)および[6,6]-phenyl C61-but... [more] OME2018-35
pp.37-40
OME 2017-12-28
14:10
東京 機械振興会館 固体高分子型燃料電池カソード触媒としてのFe/N/C型酸素還元触媒前駆体に対する亜鉛塩の添加による影響
小野遼真城石英伸東京高専)・齋藤守弘東京農工大)・吉田 司山形大)・宮澤薫一田中優実東京理科大OME2017-51
白金代替に向けて非白金系酸素還元触媒の更なる活性向上が求められている。本研究では1,10-フェナントロリン(phen),... [more] OME2017-51
pp.11-14
OME 2017-11-17
15:40
大阪 大阪大学中之島センター 陰極にポリアニリンを用いたキャパシタの充放電特性
河原司征川浪慎太郎井戸翔也木戸英樹大澤利幸阪工大OME2017-32
陽極及び陰極の両極にポリアニリン厚膜を用いたキャパシタのエネルギー密度(18mAh/g)は、陰極膜厚・陰極のドーピングレ... [more] OME2017-32
pp.27-31
OME, CPM, EMD
(共催)
2017-06-16
14:20
東京 機械振興会館 PTB7-Th:C70光電池の低照射光特性
多田和也兵庫県立大EMD2017-7 CPM2017-15 OME2017-11
光電池(太陽電池)は強い太陽光の下でのみ使用されるというわけではなく,弱い照射光下でも使用される。またIoT(Inter... [more] EMD2017-7 CPM2017-15 OME2017-11
pp.11-15
OME, IEE-DEI
(連催)
2017-01-18
15:00
愛知 アイランドホテル浦島(日間賀島) 低コスト・高純度高分子を用いた有機薄膜太陽電池の開発
安田 剛物質・材料研究機構)・桑原純平神原貴樹筑波大
有機薄膜太陽電池においてエネルギー変換効率(PCE)12%が論文報告されているが、高性能共役高分子の価格は非常に高価であ... [more] OME2016-68
pp.7-12
OME 2016-09-30
15:45
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館3F 会議室B [招待講演]積層メタ原子,メタ表面の近接相互作用と機能応用
松井龍之介三重大OME2016-33
従来の光学の常識を超える新規光学効果の発現を可能とする技術としてメタマテリアルに関する研究が国内外において近年活発になさ... [more] OME2016-33
pp.1-6
OME 2016-09-30
16:55
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館3F 会議室B I-V曲線にS字特性を有する高分子光電池の低照射光特性
多田和也兵庫県立大OME2016-36
有機半導体などの新規な材料を用いた光電池(太陽電池)では,時折,電流―電圧特性にS字型のカーブを示す.光電池は晴天の強い... [more] OME2016-36
pp.19-23
OME, IEE-DEI
(連催)
2016-07-14
13:55
石川 金沢大学 (7/14),しいのき迎賓館 (7/15) 導電性高分子ポリピロール薄膜をリニアアクチュエーターとして利用したテラヘルツ・メタサーフェスの電界変調
松井龍之介猪瀬優人三重大)・David A. PowellIlya V. Shadrivov豪国立大OME2016-28
高ドープポリピロール薄膜をリニアアクチュエーターとして用い,共鳴応答を電界により変調可能なテラヘルツメタマテリアルを開発... [more] OME2016-28
pp.3-7
OME, IEE-DEI
(連催)
2016-07-15
11:25
石川 金沢大学 (7/14),しいのき迎賓館 (7/15) 無修飾フラーレンを用いた高分子光電池の低照射光特性
多田和也兵庫県立大OME2016-32
光電池(太陽電池)は晴天の強い太陽光の下でのみ使用されるというわけではなく,弱い照射光でも使用される.またIoT(Int... [more] OME2016-32
pp.51-55
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会