お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, CAS, VLD, MSS
(共催)
2021-07-05
10:50
ONLINE オンライン開催 スイッチング電源ノイズの超高分解能時間周波数解析
石山文彦NTTCAS2021-1 VLD2021-1 SIP2021-11 MSS2021-1
我々は、電磁ノイズ源の同定技術の確立を目指しての、電磁ノイズの測定と解析を進めてきている。その一環として、電磁ノイズの特... [more] CAS2021-1 VLD2021-1 SIP2021-11 MSS2021-1
pp.1-4
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
09:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 非線形振動子を用いた自律分散クラスタリングに基づくチャネル割当
中野隼輔稲毛 契都立産技高専SR2018-135
無線分散ネットワークの各端末が送信するビーコン送信タイミング決定に非線形振動子を用い,干渉関係にある端末が異なるグループ... [more] SR2018-135
pp.73-79
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-25
15:15
東京 機械振興会館 あるクラスの多モード2次元区分的非線形システムに対するリミットサイクル制御
前原光志甲斐健也東京理科大CAS2018-136 ICTSSL2018-55
本研究では,あるクラスの制御入力項をもつ多モード2次元区分的非線形制御システムに対して,所望の円形状リミットサイクルを生... [more] CAS2018-136 ICTSSL2018-55
pp.95-100
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
10:10
北海道 北海道大学 百年記念会館 円形状リミットサイクルをもつ区分的非線形振動子の一設計法
甲斐健也前原光志東京理科大NLP2018-98
本研究では,所望の円形状リミットサイクルを生成するような区分的非線形振動子の設計法を提案した.特に,導出した区分的非線形... [more] NLP2018-98
pp.11-16
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
09:55
北海道 函館アリーナ 非線形振動子を用いた干渉強度に基づいたグラフ彩色手法
中野隼輔稲毛 契都立産技高専SR2018-51
無線通信では利用可能なチャネル数は限られおり,効率的なチャネル利用には干渉関係にあるアクセスポイント(AP:Access... [more] SR2018-51
pp.139-144
NLP, CCS
(共催)
2018-06-08
15:15
京都 京都テルサ セル生産システムにおける同期的生産のためのAGVの配車制御
伊藤岳大NEC)・小西啓治阪府大)・○若山永哉但野紅美子前野義晴NECNLP2018-38 CCS2018-11
複数の工程からなるセル生産工場においては,各プロセスが協調し,高い生産効率を保つ必要がある.し かし,近年の消費者ニーズ... [more] NLP2018-38 CCS2018-11
pp.57-62
NLP 2017-03-14
14:30
青森 ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 3次元農用トラクタにおける非線形ダイナミクスの数値的解析
渡辺将央酒井憲司東京農工大NLP2016-113
農用トラクタのダイナミクスは,タイヤが地面から離脱するJump現象のような非線形性を内在している.Jump現象は,トラク... [more] NLP2016-113
pp.43-46
CCS 2016-11-04
15:55
京都 京都産大むすびわざ館 植物概日振動子集団の同期率低下に伴う位相応答の変化に関する数理モデル
増田亘作北岡竜太鵜飼和也福田弘和阪府大CCS2016-38
自然界における非線形振動子の一つに生物の概日時計がある.概日時計は一定条件下でも自律的に振動するとともに,周期的な外力に... [more] CCS2016-38
pp.41-44
NLP 2015-10-31
13:50
沖縄 大濱信泉記念館(沖縄県石垣市) バウンシングボール系における周波数応答解析
河津裕也軽部 周大分高専)・高坂拓司大分大NLP2015-109
機械系に発生する衝突振動を表す簡単な系として,バウンシングボール系がある.本研究では,周期的に振動する板上で跳ねるボール... [more] NLP2015-109
pp.11-16
CCS 2015-08-06
15:00
北海道 第一滝本館(北海道登別市) 環境揺らぎを用いた時間同期システムにおける完全同期達成手法の検討
安田裕之黒田佳織長谷川幹雄東京理科大CCS2015-32
Noise-induced synchronizationは非線形振動子が共通の入力により位相同期する現象である.
我... [more]
CCS2015-32
pp.17-21
NLP 2015-07-21
15:20
北海道 ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) 環境ノイズを用いた時間同期手法におけるデータ入力間隔の検討
安田裕之黒田佳織長谷川幹雄東京理科大NLP2015-71
Noise-induced synchronizationは非線形振動子が共通の入力により位相同期する現象である.
我... [more]
NLP2015-71
pp.23-26
NLP 2015-01-27
11:35
大分 コンパルホール ロウソク炎の同期振動におけるフラストレーション効果
岡本佳子古屋 健木島章文山梨大)・梅野宜崇東大)・島 弘幸山梨大NLP2014-134
複数本のロウソクを一束にまとめた「ロウソク束」を二束用意して着火し、二つの炎を接近させると、炎が互いにリズムを揃えて振動... [more] NLP2014-134
pp.123-126
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 結合非線形振動子系と生体系の相互作用
吉田彩乃櫻沢 繁公立はこだて未来大
多くの非線形振動子系が相互に引き込まれることによって同期する過程を知覚体験する時,それらの系の振動に引き込まれるような感... [more]
NLP, CAS
(共催)
2014-10-16
15:50
愛媛 愛媛大学 環境ノイズを用いた非線形振動子の位相同期とその回路実装の検討
本田悠貴安田裕之長谷川幹雄東京理科大CAS2014-65 NLP2014-59
環境ノイズを用いた非線形振動子の位相同期を応用した機器同士の時間同期手法 を提案している.近隣の機器を同期させるために,... [more] CAS2014-65 NLP2014-59
pp.73-76
NLP 2014-01-22
15:40
北海道 ニセコパークホテル 所与の周期軌道と位相応答特性を持つ振動子の設計
石井 翼紅林 亘中尾裕也東工大NLP2013-160
近年,非線形振動子による同期現象の工学的応用が試みられている.
同期現象のダイナミクスは外力に対する振動子の応答特性に... [more]
NLP2013-160
pp.163-166
MW, AP
(併催)
2013-09-12
13:00
東京 NHK技研 注入同期の物理的限界の実現について ~ 理論 ~
田中久陽電通大MW2013-88
弱入力を受ける非線形振動子の注入同期(周波数引き込み)物理的限界の存在を示し, これを実現する理論を構築したので,これを... [more] MW2013-88
pp.1-3
NLP 2013-03-14
11:10
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス ノイズ環境下での周波数引き込みによる位相応答曲線の推定
吉川貴博西山英里田中久陽電通大NLP2012-148
ノイズ環境下で弱入力を受ける非線形振動子の周波数引き込み特性のデータより,非線形振動子に内在する固有の位相応答曲線(PR... [more] NLP2012-148
pp.25-26
NLP 2013-03-14
15:15
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 最適注入同期とその応用
西山英里吉川貴博田中久陽電通大NLP2012-155
弱入力を受ける非線形振動子の最適注入同期(周波数引き込み)を実現する理論を構築し,その有用性を系統的な数値実験により検証... [more] NLP2012-155
pp.59-60
NLP 2013-03-15
09:25
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 環境データを用いた非線形振動子の共通ノイズ同期現象の解析
風間正弘蓑島勇太紅林 亘中尾裕也東工大NLP2012-161
近年,非線形振動子の共通ノイズ同期現象を工学応用するための試みがなされているが,実世界における ノイズは完全に共通ではな... [more] NLP2012-161
pp.87-90
NC 2012-10-04
13:10
福岡 九州工業大学 生命体工学研究科 [招待講演]神経振動子によるロボットの運動制御
松岡清利九工大NC2012-40
近年,歩行ロボットのようなリズミックな運動をするロボットに対して,振動子を適用する例が数多く見られるようになった.基本的... [more] NC2012-40
pp.21-26
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会