お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2016-03-03
13:30
東京 東工大南3号館S322講義室 マスター電極を用いた静電塗布法によるマスクレスパターニング
田中 光山内 博酒井正俊岡田悠吾飯塚正明工藤一浩千葉大OME2015-86
静電塗布法によるRoll to Rollプロセスの実現を目指して、パターン形成されたマスター電極を用いたフレキシブル基板... [more] OME2015-86
pp.1-4
OME, IEE-DEI
(連催)
2015-07-29
16:30
富山 富山大学工学部 静電塗布法における溶媒蒸発時間が有機薄膜太陽電池の特性に与える影響
戸田明日来鈴木勝己・○福田武司埼玉大OME2015-40
静電塗布法は任意の有機層の積層化やナノファイバーの形成が可能であり、新しい有機薄膜太陽電池の作製技術として期待されている... [more] OME2015-40
pp.43-46
OME 2013-03-08
16:00
東京 機械振興会館 B1-2 静電塗布法を用いた積層型有機薄膜太陽電池
福田武司高木健次Liao Yingjie本多善太郎鎌田憲彦埼玉大OME2012-113
ウェットプロセスでp-nもしくはp-i-n積層型有機薄膜太陽電池を形成するためには、p型とn型の有機材料を溶解する溶媒を... [more] OME2012-113
pp.35-38
OME 2012-10-17
16:40
東京 機械振興会館 B1F 3号室 静電塗布法を用いたフラーレン誘導体薄膜の成膜
高木健次武志一正福田武司埼玉大/理研)・鎌田憲彦埼玉大)・朱 正明山形 豊理研)・田島右副理研/埼玉大OME2012-54
ウェットプロセスでp-nもしくはp-i-n積層型有機薄膜太陽電池を形成する為には、p型とn型の有機材料を溶解する溶媒を選... [more] OME2012-54
pp.45-48
OME 2012-05-24
14:00
東京 NTT武蔵野研究開発センター 有機薄膜光電変換素子のための水分散有機半導体コロイドを用いた静電塗布(ESD)技術
青山哲也高久英明朱 正明理研)・松鷹 宏FLOX)・折井孝彰山形 豊田島右副理研OME2012-22
有機半導体材料ポリチオフェン(P3HT)をコロイド化して水溶性有機半導体インクを調製し,静電塗布(ESD)法でP3HT薄... [more] OME2012-22
pp.17-20
OME 2012-05-24
14:30
東京 NTT武蔵野研究開発センター ナノミスト堆積(NMD)法を用いた有機薄膜の成膜とOLEDへの応用
菊池昭彦入江崇之上智大OME2012-24
エレクトロスプレー法の一種であり、ノズル近傍に引出電極を装荷したナノミスト堆積(NMD)法を用いて、緑色発光高分子である... [more] OME2012-24
pp.25-29
OME 2011-05-27
15:20
東京 NTT武蔵野研究開発センター 静電塗布法における有機薄膜の表面平坦性改善と有機薄膜太陽電池
高木健次浅野 俊福田武司埼玉大/理研)・本多善太郎鎌田憲彦埼玉大)・朱 正明山形 豊青山哲也田島右副理研OME2011-20
ウェットプロセスでバルクヘテロジャンクション型有機薄膜太陽電池を形成する為には、p型とn型の有機材料を溶解する溶媒を選択... [more] OME2011-20
pp.31-34
OME 2010-10-22
13:50
東京 NTT武蔵野研究開発センター 静電塗布法を利用した太陽電池用有機材料の平坦化技術
浅野 俊高木健次福田武司埼玉大/理研)・朱 正明理研)・本多善太郎鎌田憲彦埼玉大)・田島右副青山哲也埼玉大/理研)・山形 豊理研OME2010-48
ウェットプロセスでバルクヘテロジャンクション型有機太陽電池を形成する為には、p型とn型の両材料を溶解する溶媒を選択する必... [more] OME2010-48
pp.11-14
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会