お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM 2019-03-14
10:40
沖縄 沖縄県青年会館 サブセル分割二重符号化を用いたQRシンボルへの電子署名の互換性を保つ実装検討
寺浦信之テララコード研)・越前 功NII)・岩村惠一東京理科大EMM2018-113
QRシンボルに記憶させたデータをスマートフォンで読み取り,WEBの参照や,読取った口座に支払い金額を振り込むことがなされ... [more] EMM2018-113
pp.117-122
NS 2019-01-18
13:05
長崎 長崎県美術館 サプライチェーンネットワークにおけるトレーサビリティ提供の一検討
川崎 健堀井基史栗田敏彦今井悟史富士通研NS2018-185
今日の複雑化したサプライチェーンのネットワークにおいて、トレーサビリティの確保は、サプライチェーンに関わるプレイヤーにと... [more] NS2018-185
pp.41-46
ICSS, IA
(共催)
2018-06-26
09:00
愛媛 愛媛大学 南加記念ホール ブロックチェーンを用いた認証システムの検討
江澤友基瀧田 愼白石善明髙野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・森井昌克神戸大IA2018-8 ICSS2018-8
個人認証,端末認証,機器認証などの認証技術は,インターネット上のサービスを利用する際の入り口として必要不可欠なものである... [more] IA2018-8 ICSS2018-8
pp.47-54
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-19
14:00
大分 別府 花菱ホテル 車々間通信における効率的電子署名方式
川上智史佐藤健哉同志社大MoNA2016-29
近年,協調型自動運転において車々間通信の研究が行われている.車々間通信において,悪意のあるデータの伝送やデータの改ざんが... [more] MoNA2016-29
pp.1-5
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2016-05-12
13:30
東京 東京大学駒場IIキャンパス An棟4階 中セミナー室1 医療保険の資格確認における公的個人認証サービスの活用に関する考察
福田賢一小尾高史永田和之鈴木裕之平良奈緒子大山永昭東工大LOIS2016-1
社会保障・税番号制度の導入に伴い,公的個人認証サービス(JPKI)について,その民間利用が可能になるとともに,利用者認証... [more] LOIS2016-1
pp.1-6
EMM 2016-03-02
15:40
鹿児島 屋久島環境文化村センター [ポスター講演]複数のコンテンツ間での編集制御を実現する著作権保護方式
藤本竜矢岩村惠市東京理科大EMM2015-84
従来のコンテンツの編集が許可されていない著作権保護技術とは異なり,コンテンツの編集に適した新たな著作権保護方式を提案する... [more] EMM2015-84
pp.45-50
LOIS 2015-03-06
11:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 金融・決済分野における公的個人認証サービスの活用に関する考察
藤田和重小尾高史谷内田益義李 中淳平良奈緒子奥 信人庭野栄一則武 智福田賢一岩丸良明大山永昭東工大LOIS2014-84
社会保障・税番号制度の導入に伴い,公的個人認証サービスにおいて,マイ・ポータルの利用等に活用できる「電子利用者証明」の仕... [more] LOIS2014-84
pp.135-140
EMM 2014-03-07
15:00
石川 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) [ポスター講演]署名継承と編集制御を同時に実現可能なコンテンツ保護方式
古賀克磨岩村恵市稲村勝樹東京理科大)・越前 功NIIEMM2013-111
本稿では、現在の著作権保護技術としてンテンツ循環の市場には不十分であり、コンテンツの編集を考慮した、権利継承と編集制御と... [more] EMM2013-111
pp.69-74
LOIS, ICM
(共催)
2014-01-16
15:40
長崎 長崎歴史文化博物館 公的個人認証サービスを用いた官民連携の可能性について
藤田和重小尾高史御代川知加大谷内田益義李 中淳夏目哲也平良奈緒子庭野栄一熊倉 誠岩丸良明大山永昭東工大ICM2013-40 LOIS2013-44
社会保障・税番号制度の導入に伴い,公的個人認証サービスにおいて,マイ・ポータルの利用等に活用できる「電子利用者証明」の仕... [more] ICM2013-40 LOIS2013-44
pp.29-34
ICSS 2012-11-22
10:45
広島 国民宿舎みやじま杜の宿(広島県廿日市市宮島町) VANETのためのランダムネットワーク符号化を用いた証明書失効リスト配布について
山本泰資松川智己名工大)・廣友雅徳佐賀大)・毛利公美岐阜大)・白石善明名工大ICSS2012-45
高度道路交通システム(ITS)には情報通信技術を用いて交通事故や交通渋滞を解決することを目的とした開発分野がある.交通事... [more] ICSS2012-45
pp.1-6
ICSS, IA
(共催)
2012-06-21
14:55
東京 東海大学 高輪キャンパス 1号館2階 1206 教室 (1 日目) Webブラウザ拡張機能を用いた認証連携基盤の機能拡張フレームワークの提案
秋山豊和京都産大)・西村 健山地一禎中村素典NIIIA2012-3 ICSS2012-3
学術e-リソースの提供機関および利用機関からなる連合体「学認」において,
これまでにWebシングルサインイオンを用いた... [more]
IA2012-3 ICSS2012-3
pp.13-18
ISEC 2010-09-10
11:10
東京 機械振興会館 On the Security of the Algebraic Surface Signature Scheme
Koichi SakumotoTaizo ShiraiHarunaga HiwatariSonyISEC2010-39
駒野,秋山,花谷,三宅によって提案された,代数曲面を用いた電子署名方式ASS-CC に対する偽造攻撃法を提案する.提案ア... [more] ISEC2010-39
pp.9-12
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2010-07-02
16:35
青森 弘前大学 EMV署名に対するCNTW攻撃の計算量評価
酒見由美岡山大)・伊豆哲也武仲正彦富士通研)・野上保之森川良孝岡山大ISEC2010-36 SITE2010-32 ICSS2010-42
EMV 署名はクレジットカードなどで利用されている署名方式であり, ISO/IEC 9796-2署名に準拠した方式を利用... [more] ISEC2010-36 SITE2010-32 ICSS2010-42
pp.195-201
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-09
09:00
北海道 公立はこだて未来大学(函館) JetJigsawにおけるピース改ざん検知方法の提案
松下達之梅澤健太郎・○山中晋爾東芝IT2008-43 ISEC2008-101 WBS2008-56
著者らはSCIS2009において,新しい著作権保護機構を用いた大容量コンテンツ配信方式:JetJigsawを提案した[S... [more] IT2008-43 ISEC2008-101 WBS2008-56
pp.1-6
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2008-07-24
13:25
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 木構造を用いた墨塗り署名方式の効率評価
宮崎邦彦秦野康生本多義則日立
署名後の文書を一部削除(墨塗り)しても,元の署名に基づく真正性が確認可能な,墨塗り署名方式が数多く提案されている.200... [more] ISEC2008-22 SITE2008-16
pp.45-50
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2008-07-25
11:10
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 電子署名文書管理システム構築における課題と考察
高尾美由紀林 紘一郎情報セキュリティ大ISEC2008-38
電子署名法が施行されて7年が経過しているが、電子署名の普及は官公庁、建設業など特定の分野に
留まっており、期待通りには... [more]
ISEC2008-38
pp.23-30
ISEC 2008-05-16
16:35
東京 機械振興会館 強偽造不可なIDベース署名のスタンダードモデル
佐藤智史C4 Technology)・岡本 健岡本栄司筑波大ISEC2008-15
IDベース署名では,強EUF-ID-CMA安全な方式のスタンダードモデルを構成するという問題が未解決である.強EUF-I... [more] ISEC2008-15
pp.99-106
ISEC, LOIS
(共催)
2005-11-14
15:45
福岡 北九州学術研究都市 XTRに適したディジタル署名
白勢政明日比野 靖北陸先端大
本稿は,署名検証が効率的かつXTR (Efficient and Compact Subgroup
Trace Rep... [more]
ISEC2005-95 OIS2005-58
pp.39-44
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-21
13:00
岩手 岩手県立大学 オブリビアス署名の構成手法
椎名信行岡本 健岡本栄司筑波大
オブリビアス署名の暗号系は,署名者$\mathcal{S}$,受取人$\mathcal{R}$,検証者$\mathcal... [more] ISEC2005-31 SITE2005-29
pp.165-171
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-21
13:50
岩手 岩手県立大学 内部不正者を考慮した墨塗り箇所変更可能方式の提案
増渕孝延中村 創石井真之小川典子鹿志村浩史佐々木良一東京電機大
署名付き文書は,必ずしも署名したときのまま利用されるとは限らない.例えば,行政文書が情報公開制度に基づき開示される際,そ... [more] ISEC2005-33 SITE2005-31
pp.179-186
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会