電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 131件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
16:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]モバイルセンシングと車車間Opportunistic Networkを用いた注意喚起スポットの検出
渡辺良人荘司洋三NICTSR2020-88
本稿では,業務用車両によるモバイルセンシングと車車間 Opportunistic Network を組み合わせた,道路上... [more] SR2020-88
pp.91-98
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
16:45
ONLINE オンライン開催 複数の隠れマルコフモデルの重み付けによるベイズ基準のもとでの最適な音素の予測
山岡大志齋藤翔太松嶋敏泰早大EA2020-76 SIP2020-107 SP2020-41
本研究では, 隠れマルコフモデルを用いた予測問題の予測方法について提案を行う.具体的には予測問題の一つである音素認識につ... [more] EA2020-76 SIP2020-107 SP2020-41
pp.97-102
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-29
10:10
ONLINE オンライン開催 隠れマルコフモデルを用いた非対称TSP解法のカオスニューロダイナミクスによる切替機構に関する考察
松野友哉橘 俊宏湘南工科大)・安達雅春東京電機大CAS2020-59 ICTSSL2020-44
橘らはこれまでにカオスニューラルネットワークを用いた非対称巡回セールスマン問題解法を複数提案してきた.これらの手法に共通... [more] CAS2020-59 ICTSSL2020-44
pp.107-110
IT 2020-12-02
09:40
ONLINE オンライン開催 音素認識問題におけるベイズ規準の下最適な予測に対する近似手法
山岡大志齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2020-30
本研究では,音素認識の一手法について提案する. 隠れマルコフモデルを用いた音素認識の従来の研究は,予測に用いる隠れマルコ... [more] IT2020-30
pp.32-37
HIP 2020-10-08
13:10
ONLINE オンライン開催 隠れマルコフモデルを用いた絵画印象評価における視線動作のモデリング
大上 俊法政大)・作田由衣子実践女子大)・赤松 茂法政大HIP2020-32
本研究では,時系列データを扱う機械学習手法である,隠れマルコフモデル(HMM)を用いた視線動作のモデリングにより,絵画に... [more] HIP2020-32
pp.1-6
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-07-30
15:15
ONLINE オンライン開催 ハイパーグラフに基づく感染モデルにおける感染者特定・隔離・追跡のためのアルゴリズムの検討
河野隆太多田大希井口 寧北陸先端大CPSY2020-3 DC2020-3
現在の爆発的な感染症拡大に対して、経済活動の維持と感染者・死亡者数の増加の抑制をいかに両立するかが世界的な課題となってい... [more] CPSY2020-3 DC2020-3
pp.15-21
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-29
14:10
ONLINE オンライン開催 脳腫瘍セグメンテーションのための階層的な隠れマルコフモデルの構築
本多拓哉中原悠太松嶋敏泰早大SIP2020-13 BioX2020-13 IE2020-13 MI2020-13
脳腫瘍セグメンテーションとは,近年注目されているコンピューターが医師の診断を補助するシステムの一つである.従来では,脳腫... [more] SIP2020-13 BioX2020-13 IE2020-13 MI2020-13
pp.61-66
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
10:45
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
時系列学習器を用いた介護時の動線の分類
市川祐衣電通大)・市村大輔電通大/大内病院)・浅田理恵山﨑 匡電通大NC2019-78
高齢化が進む中、介護業界は人材不足に直面している。そのため、データを活用し、介護士の業務を補助することは有用である。本研... [more] NC2019-78
pp.15-20
PRMU 2019-12-19
10:30
大分 大分大学 スイッチング型マルコフモデルの食品機能性評価への応用
甫喜本 司内山俊郎北海道情報大PRMU2019-46
機能性食品が注目される中で、食品の摂取が人間の健康状態に与える影響を評価するための方法に関心がもたれている。本研究では、... [more] PRMU2019-46
pp.1-6
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 隠れマルコフモデルに基づくモデル化から絵画の印象評価と視線動作パターンの関係を探る
大上 俊法政大)・作田由衣子実践女子大)・赤松 茂法政大
本研究では絵画に対する印象評価と絵画鑑賞時における視線動作との間に何らかの関係があるかを探ることを目的としている.視覚刺... [more]
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
09:30
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 顔観察時の視線停留の動的なパターンと顔認知特性との関係を探る
大上 俊山田涼子赤松 茂法政大IMQ2018-26 IE2018-110 MVE2018-57
本研究では顔再認課題における視線動作と顔再認特性との間にどのような関係が認められるかを検討した.この際,視線動作を注視す... [more] IMQ2018-26 IE2018-110 MVE2018-57
pp.19-24
SR 2019-01-24
15:20
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) ビタビアルゴリズムを用いた機械学習分類器の誤り訂正手法
渡辺良人荘司洋三NICTSR2018-105
本稿では機械学習分類器が生成し得る誤分類結果を訂正する手法を提案する.具体的には,系列データのフレーム単位の分類プロセス... [more] SR2018-105
pp.57-61
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
15:40
北海道 北海道大学 百年記念会館 隠れマルコフモデルとランダムフォレストによるマウスの睡眠ステージ判定
松崎 舜東大)・坂口昌徳筑波大)・大西立顕東大NLP2018-123
マウスの睡眠ステージ(ノンレム,レム,覚醒)を全自動で判定することは,睡眠研究を効率的に進める上で重要である.
主な判... [more]
NLP2018-123
pp.143-148
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) HMMに基づく視線動作モデルの個人性と顔再認特性との関係を探る
大上 俊山田涼子赤松 茂法政大
本研究では顔再認課題における視線動作と再認成績との関係について,個人間でどのような差が認められるかを観察することを通して... [more]
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
09:30
北海道 函館アリーナ 協調センシングにHMMを用いた時空間電波環境データベース構築法
青木祐也藤井威生電通大SR2018-30
近年,コグニティブ無線を用いた周波数共用の実現のために,電波環境データベース(RED:Radio Environment... [more] SR2018-30
pp.57-64
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-13
13:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 可変次数無限隠れマルコフモデル
内海 慶デンソーアイティーラボラトリ)・持橋大地統計数理研IBISML2018-5
 [more] IBISML2018-5
pp.31-38
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
15:40
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク モバイルセンシングと遅延耐性ネットワークの融合による地域内データ協調処理型異常検出システムの検討
渡辺良人荘司洋三NICTSR2017-115
本稿では,タクシー等の事業用車両によるモバイルセンシングと車車間(Vehicle-to-Vehicle; V2V)の遅延... [more] SR2017-115
pp.25-30
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
09:30
大阪 大阪府立大学 人物行動モデルによる軌跡のセマンティックセグメンテーション
小川大輔玉木 徹Bisser Raytchev金田和文広島大PRMU2017-112 MVE2017-33
軌跡のクラスタリングや分類などの多くの場合では,計算の前処理として軌跡の分割が用いられる.本稿では,学習済みの... [more] PRMU2017-112 MVE2017-33
pp.1-7
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 複数系列における重複状態を表現可能な隠れセミマルコフモデルの提案
成松宏美笠井裕之電通大IBISML2017-49
隠れセミマルコフモデル(HSMM)をベースとして,複数系列の入力をモデル化するための重複状態を表現可能な隠れセミマルコフ... [more] IBISML2017-49
pp.109-114
EA, ASJ-H
(共催)
2017-10-21
14:30
富山 牛岳温泉リゾート 署名運筆音を用いた記述者識別の検討
朝倉大智三重大)・西野隆典名城大)・成瀬 央三重大EA2017-45
本研究では,記述する際に生じる「運筆音」で記述者を識別することを検討する.これまでに隠れマルコフモデルを用いた識別器によ... [more] EA2017-45
pp.11-12
 131件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会