お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, SAT
(併催)
2014-07-25
10:55
岐阜 下呂市民会館 年間降水量の異なる地点における短時間降水量に対する降雨減衰分布の検討 ~ 21GHz帯放送衛星の放射パターン制御による降雨減衰補償に向けた基礎検討 ~
亀井 雅中澤 進田中祥次NHKAP2014-62 SAT2014-15
21GHz帯衛星放送において,降雨減衰の増大という課題に対し,放射パターンの適応制御により,日本全国を一定の電力,降雨減... [more] AP2014-62 SAT2014-15
pp.79-83(AP), pp.17-21(SAT)
RCS, SAT
(併催)
2011-08-26
14:15
新潟 新潟大学 WINDS再生交換中継における各種TCP伝送特性の一検討
寺田岳大片山典彦高橋 卓NICTSAT2011-38
超高速インターネット衛星WINDSは再生交換中継方式で最大155Mbpsの通信が可能である。しかしTCP通信の場合、高遅... [more] SAT2011-38
pp.123-128
AP, SAT
(併催)
2008-07-25
11:45
北海道 北海道大学 21GHz帯放送衛星システムの降雨減衰補償効果の検討 ~ 2.2m反射鏡と素子数61としたフェーズドアレーアンテナ構成の場合 ~
中澤 進田中祥次正源和義NHKSAT2008-16
21GHz帯放送衛星は,スーパーハイビジョンなどの大容量信号を伝送する手段として有力である.しかし,この周波数帯は降雨に... [more] SAT2008-16
pp.55-60
AP, SAT
(併催)
2007-07-20
10:50
北海道 第一滝本館(登別) 降雨量から降雨減衰量の計算方法と21GHz帯衛星放送への適用
中澤 進田中祥次・○正源和義NHKSAT2007-17
21GHz帯衛星放送はスーパーハイビジョンなどの大容量伝送が期待される。しかし、21GHz帯電波は降雨減衰が大きいため、... [more] SAT2007-17
pp.27-30
SAT 2007-04-20
13:25
三重 三重大学 21GHz帯衛星搭載フェーズドアレーアンテナの整形増力ビームの検討
田中祥次中澤 進小郷直人正源和義NHKSAT2007-2
走査線4000本以上の超高精細映像(スーパーハイビジョン)放送の伝送メディアとして21GHz帯衛星放送を検討している.し... [more] SAT2007-2
pp.7-12
AP 2005-01-21
11:35
佐賀 佐賀大学 21GHz帯放送衛星搭載アレー給電反射鏡アンテナの検討
田中祥次中澤 進亀井 雅正源和義NHK
超高精細映像や多チャンネルHDTV放送のためのメディアとして21GHz帯衛星放送の検討をおこなっている.21GHz帯の周... [more] AP2004-216
pp.37-42
SANE, SAT
(共催)
2004-12-17
15:00
茨城 NICT(鹿島) 衛星放送における蓄積受信を用いた降雨減衰補償用伝送方式
山崎雷太今井一夫正源和義NHK
衛星放送は、激しい降雨によって映像の遮断が起こるため、筆者らは蓄積受信を用いた非リアルタイム放送系の降雨減衰補償用伝送方... [more] SANE2004-71 SAT2004-159
pp.43-49
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会