お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2021-03-06
14:05
ONLINE オンライン開催 プログラミングにおけるコーディング過程の指導支援ツールの開発
大川内隆朗日大)・平野智紀内田洋行
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MSS, SS
(共催)
2017-01-27
11:10
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 複数開発支援システムのパッケージ化と配付運用方法の提案
塚本良太佐藤隆佑田村孝之三菱電機MSS2016-71 SS2016-50
企業におけるソフトウェア開発では客先や社内規定のセキュリティ要求などにより,孤立したネットワークで開発する場合がある.近... [more] MSS2016-71 SS2016-50
pp.83-87
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
09:55
山口 下関商工会議所 大規模通信ソフト開発環境へのOSSツール適用の評価
菊間一宏・○篠田貴彦NTT)・福田 晃九大NS2016-112
IoTが牽引するブロードバンド通信市場の世界的拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を余儀なくさせてい... [more] NS2016-112
pp.61-66
ISEC 2016-09-02
14:50
東京 機械振興会館 GUIを用いた暗号開発環境への安全性評価機能の実装
中村聡宏岩井啓輔松原 隆黒川恭一防衛大ISEC2016-46
暗号における安全性評価は,暗号開発と表裏一体の関係にある.
安全性評価とは,その暗号が解読に対してどれだけ強いかを評価... [more]
ISEC2016-46
pp.49-56
SS 2014-05-08
14:20
三重 いせ市民活動センター 組み合わせて実施されたリファクタリングの調査
雜賀 翼崔 恩瀞後藤 祥阪大)・吉田則裕名大)・井上克郎阪大SS2014-1
リファクタリングを支援するツールが研究されているが,組み合わせて実施されるリファクタリングについてはあまり研究されておら... [more] SS2014-1
pp.1-6
SS 2014-03-12
11:05
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 ビジュアルブロックを採用したドメイン特化言語とその開発ツールの実現手法
栗原あずさ佐々木 晃法政大)・脇田 建東工大SS2013-88
本研究ではビジュアルブロックを用いたドメイン特化型言語の開発手法を提案する.ブロックベースの言語は,自然言語で表記したブ... [more] SS2013-88
pp.97-102
VLD 2014-03-04
16:10
沖縄 沖縄県青年会館 [記念講演]Co-simulation Framework for Streamlining Microprocessor Development on Standard ASIC Design Flow
Tomoyuki NakabayashiTomoyuki SugiyamaTakahiro SasakiMie Univ.)・Eric RotenbergNCSU)・Toshio KondoMie Univ.VLD2013-154
近年,プロセッサは計算性能を向上するためにより複雑なアーキテクチャを採用しており,最先端プロセッサの設計・試作にかかる時... [more] VLD2013-154
p.113
CNR 2012-10-11
14:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 マイクロブログを用いたユビキタスデバイス連携基盤に関する一検討
大村 廉豊橋技科大
本研究では,センサネットワークアプリケーションを一般ユーザでも容易に作成できるようにするための,アプリケーション実行環境... [more]
CPSY, DC
(共催)
2012-04-10
15:40
東京 東京工業大学 教育クラウドにおけるDEVaaSの提案
松本勝慶木部真一郎上原 稔森 秀樹東洋大CPSY2012-7 DC2012-7
現在,学生が利用しているPCは制限ユーザとして利用されているため,
操作に制限が掛かってしまう.そのため,さまざまな... [more]
CPSY2012-7 DC2012-7
pp.37-42
LOIS 2012-03-08
10:25
沖縄 名桜大学 センサネットワークのためのデータベースシステムの構築
浅川和久瀬川典久澤本 潤岩手県立大LOIS2011-79
近年、無線通信機能と計算機能を有した小型センサノードを多数配置することで、温度や湿度、光量など 様々な情報を収集するセン... [more] LOIS2011-79
pp.37-42
SS, MSS
(共催)
2012-01-26
10:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと フィジカルコンピューティングのためのスマートフォンを用いた開発環境の提案
上村祐加高田喜朗高知工科大MSS2011-55 SS2011-40
近年,電子工作やマイコンのプログラミングを通じた身体体験的なコンピュータ教育手法
ならびに人とコンピュータの対話方法の... [more]
MSS2011-55 SS2011-40
pp.3-8
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
14:40
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 PTaaS (Platform for Tool as a Service) ~ クラウドサービスを通じて開発ツールを提供する ~
神戸隆行クオリアークテクノロジーソリューションズ)・守山朋弘吉松則文九州先端科学技研)・村上和彰九大CPSY2011-47
クラウド・コンピューティングの普及に伴い、開発ツールを提供する際にオンライン・サービスとしての
提供、即ちTool a... [more]
CPSY2011-47
pp.27-32
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
14:40
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 演算器アレイ型アクセラレータの実装とその分析
齊藤光俊下岡俊介吉村和浩姚 駿中田 尚中島康彦奈良先端大CPM2011-159 ICD2011-91
我々は,一般的な機械語命令を演算器アレイに写像して高い効率で実行する線形アレイ型アクセラレータLAPP(Linear A... [more] CPM2011-159 ICD2011-91
pp.53-58
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2011-01-18
10:00
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス 再構成可能論理デバイスをもちいた認識制御システムの試作環境の基礎検討
泉 知論立命館大VLD2010-101 CPSY2010-56 RECONF2010-70
自ら認識・判断し制御する高度な機器を再構成可能論理デバイスを用いて構築するための試作環境の検討を行う。高度な画像認識アル... [more] VLD2010-101 CPSY2010-56 RECONF2010-70
pp.123-126
SS 2010-12-15
09:30
群馬 伊香保温泉 ホテル天坊 ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用支援
山本哲男立命館大)・○吉田則裕奈良先端大)・肥後芳樹阪大SS2010-48
効率的にソフトウェアを開発するための手段として再利用が注目されている.しかし,再利用に必要な作
業(コピーアンドペース... [more]
SS2010-48
pp.55-60
LOIS, IPSJ-DC
(併催)
2010-07-22
15:00
岩手 岩手県立大学(アイーナキャンパス) センサネットワークアプリケーション開発のための開発環境の提案
浅川和久瀬川典久澤本 潤岩手県立大LOIS2010-10
近年,センサネットワークの研究が着目されている.例えば,各種製品のトレーサヒ&#1244... [more] LOIS2010-10
pp.1-6
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2010-01-26
09:00
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス 動的リコンフィギャラブルプロセッサMuCCRA-3向け開発ツールの整備
弘中和衛西村克信東海大)・天野英晴慶大VLD2009-69 CPSY2009-51 RECONF2009-54
動的リコンフィギャラブルプロセッサは,小さく単純な演算機能を持つProcessing Element(PE)をアレ
イ... [more]
VLD2009-69 CPSY2009-51 RECONF2009-54
pp.1-6
RECONF, CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-01-17
16:50
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス ソフトウェア開発環境自動構築ツールArchCのVLIW拡張
森本剛徳関西学院大)・久村孝寛NEC)・石浦菜岐佐関西学院大)・池川将夫NEC)・今井正治阪大VLD2007-134 CPSY2007-77 RECONF2007-80
ArchC は C++/SystemC を基にしたオープンソースのソフトウェア開発環境自動構築ツールであり,比較的簡単な... [more] VLD2007-134 CPSY2007-77 RECONF2007-80
pp.95-100
AI 2007-11-26
10:25
東京 関西学院大学東京丸の内キャンパス City Compiler:情報空間と実空間の統合的な設計/開発ツールの構想と設計
三浦稔隆中西泰人慶大AI2007-12
現在,実空間の設計では社内コミュニケーション活性化を目的とした情報システムの導入など,実空間の設計と共に情報システムの開... [more] AI2007-12
pp.5-10
SS 2006-06-23
10:30
岡山 岡山大学創立五十周年記念館 追跡性を考慮したソースコード差分の抽出
大森隆行山本哲男丸山勝久立命館大
版管理システムに格納された2つの版の間には一般的に複数の変更が含まれる.このため,他の開発者が版間の差分から過去に行われ... [more] SS2006-22
pp.13-18
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会