お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME, IEE-DEI
(連催)
2021-03-01
14:35
ONLINE オンライン開催 自己組織化膜を正孔バッファー層に用いた逆型ペロブスカイト太陽電池の作製
上田隆夫佐藤光騎伊東栄次信州大)・小野博信郷田 隼日本触媒OME2020-21
本研究では、浸漬によって製膜したカルバゾール誘導体の自己組織化単分子膜、またはポリマー材料と酸化グラフェン(GO)の交互... [more] OME2020-21
pp.8-13
OME 2020-12-25
13:00
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
異なる還元方法を用いた還元型酸化グラフェン(rGO)薄膜を使用した抵抗式ガスセンサの作製およびガスセンシング特性の評価
髙野晃佑伊東栄次信州大)・小野博信郷田 隼日本触媒OME2020-8
本研究では酸化グラフェン水分散液から交互吸着法を用いて製膜した還元型酸化グラフェン(rGO)超薄膜の面内方向のシート抵抗... [more] OME2020-8
pp.1-6
OME 2019-12-20
16:05
佐賀 アバンセ(佐賀市:佐賀駅徒歩10分) 酸化グラフェン・セルロースナノファイバー複合フィルムに対する乾燥条件の検討
林 莉緒菜坂口幸一佐賀大OME2019-44
近年注目を集めるナノ材料に酸化グラフェン(GO)とセルロースナノファイバー(CNF)がある。高い電荷移動度や、熱伝導性、... [more] OME2019-44
pp.37-39
EE, OME, CPM
(共催)
2019-11-26
11:35
東京 機械振興会館 地下3階1号室 酸化グラフェン正孔バッファー層上に作製した逆構造ペロブスカイト太陽電池の高性能化にむけた製膜方法の検討
尾川 卓伊東栄次信州大)・小野博信郷田 隼日本触媒EE2019-41 CPM2019-83 OME2019-27
本研究では酸化グラフェン(GO)を正孔バッファー層として用いた逆構造ペロブスカイト太陽電池を作製した。交互吸着法と電気泳... [more] EE2019-41 CPM2019-83 OME2019-27
pp.29-34
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-07-06
11:05
新潟 トキ交流会館(新潟県佐渡市) 大気圧プラズマ法による親水性炭素材料の合成および電気特性評価
森田 翔松尾大樹白鳥 武・○坂口幸一佐賀大OME2019-16
グラファイトと過酸化水素水の混合液に大気圧プラズマを照射することで、親水化グラファイトを合成することができる。得られた材... [more] OME2019-16
pp.43-46
SDM 2013-12-13
15:10
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 [招待講演]グラフェン誘導体表面に構築したオンチップ型FRETアプタセンサ
上野祐子古川一暁NTTSDM2013-128
私たちが独自に考案した酸化グラフェンアプタセンサは,基板に固定した酸化グラフェン(GO)の表面を,蛍光標識したアプタマで... [more] SDM2013-128
pp.73-78
OME 2011-12-21
15:50
東京 機械振興会館 酸化グラフェン/結晶Si太陽電池
小野正浩猪野智久石川 良埼玉大)・後藤拓也三菱ガス化学)・上野啓司白井 肇埼玉大OME2011-71
可溶性グラフェン(GO)は、有機系太陽電池の正孔輸送層、光電変換材料、透明電極材料のキーマテリアルとして期待される。本研... [more] OME2011-71
pp.29-33
OME 2011-12-21
16:10
東京 機械振興会館 グラフェン塗布電極を用いた有機FETの作製と評価
菅沼洸一埼玉大)・斉木幸一朗東大)・後藤拓也三菱ガス化学)・上野啓司埼玉大OME2011-72
酸化剥離法により合成された酸化グラフェン溶液を用い,溶液塗布プロセスによる有機FET素子の電極形成を行った。作製したグラ... [more] OME2011-72
pp.35-39
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会