電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催)
2019-02-27
13:55
沖縄 沖縄県青年会館 選択的な端子対接続による集合対間配線手法
赤木佳乃佐藤真平高橋篤司東工大
集合対間配線問題に対し,最大配線長と配線長差の小さい配線パターンを効率よく生成する手法を提案する.提案手法は,まず,最大... [more] VLD2018-99 HWS2018-62
pp.37-42
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-08
15:55
熊本 くまもと県民交流館パレア 集合対間配線問題のための二段階のILPにより最大配線長と配線長差を最小化する配線手法
原 秀太郎藤吉邦洋東京農工大
集合対間配線問題はプリント基板の設計などで生じる配線問題であり、グリッドグラフ上に指定された同数のソース端子とシンク端子... [more] VLD2017-60 DC2017-66
pp.241-246
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
10:55
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 集合対間配線問題のための配線の付け替えによる配線長差最小化手法
原 秀太郎藤吉邦洋東京農工大
集合対間配線問題はプリント基板の設計などで生じる配線問題で、
最長の配線と最短の配線の
長さの差(配線長差)を最小化... [more]
VLD2016-57 DC2016-51
pp.79-84
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2015-05-14
10:05
福岡 北九州国際会議場 折れ曲がり制約を含む配線問題のNP完全性
本江俊幸高橋篤司東工大
次世代リソグラフィ技術の一つである側壁プロセスを2回用いるSAQP(Self-Aligned Quadruple Pat... [more] VLD2015-3
pp.13-18
VLD 2015-03-02
14:15
沖縄 沖縄県青年会館 集合対間配線における配線付け替えのためのゼロ閉路探索手法
中谷勇太高橋篤司東工大
接続要求が端子集合対に与えられる配線を求める問題として集合対間配線問題がある.集合対間配線問題は,プリント基板上の受動部... [more] VLD2014-156
pp.19-24
VLD 2015-03-02
14:55
沖縄 沖縄県青年会館 集合対間配線手法と混合整数計画法に基づく対称配線手法
伊藤正人董 青中武繁寿北九州市大
本稿では、アナログレイアウトで頻出する対称配線問題に限定し、高い配線率を実現する配線手法を提案する。左右完全対称な配線問... [more] VLD2014-157
pp.25-30
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
15:35
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 集合対間配線における総配線長および配線長差の削減手法
中谷勇太高橋篤司東工大
プリント基板上の配線問題のひとつである集合対間配線問題では,
接続要求は端子集合に与えられる.
プリント基板の設計で... [more]
VLD2014-87 DC2014-41
pp.111-116
VLD 2014-03-04
09:15
沖縄 沖縄県青年会館 集合対間配線に対する配線長差削減アルゴリズムの改良
山本祐作高橋篤司東工大
近年の回路の高速化に伴い,
信号の伝搬遅延を高い精度で実現することが求められている.
プリント基板(PCB)の配線設... [more]
VLD2013-142
pp.49-54
CAS 2013-01-28
13:50
大分 別府国際コンベンションセンター 格子グラフ上の二重入れ子状矩形境界間を接続する互いに点素なパスについて
花田英人高藤大介田岡智志渡邉敏正広島大
格子グラフ上の1つの矩形内部にもう1つの矩形が配置されている状況で,2つの矩形境界間の領域を$G$とする.ここで$m$個... [more] CAS2012-73
pp.41-45
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-30
10:05
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 PCB一層配線における集合対間配線のフローを用いた配線長差削減アルゴリズム
山本祐作高橋篤司阪大
近年の回路の高速化に伴い,
信号の伝搬遅延を高い精度で実現することが求められている.
プリント基板(PCB)の配線設... [more]
VLD2011-87 DC2011-63
pp.203-208
VLD 2011-09-26
15:55
福島 会津大学 産学イノベーションセンター(UBIC) 3Dシアター 集合対間配線問題に関する一考察
高橋篤司阪大
本稿は,接続要求が端子間には与えられず,2つの端子集合の間に与えられる集合対間配線問題おいて,主に総配線長最小の条件のも... [more] VLD2011-44
pp.23-28
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会