電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ 2019-05-31
14:50
広島 広島市立大学 通信遅延に適応した搬送ロボットの遠隔協調制御
吉田裕志熊谷太一安田真也NEC
クラウドネットワークを介して様々な外部センサやコンピュータを活用してロボットを遠隔制御することで,ロボットの機能や性能を... [more] CQ2019-31
pp.101-106
RCS 2019-04-18
14:40
北海道 登別グランドホテル [依頼講演]セルラ網の通信品質を考慮した自動運転車向け遠隔制御技術
眞下大輔柚木祥慈日立
近年,自動車の自動運転技術は急激に進展している.自動運転における重要な課題の1つは,工事現場や緊急車両等,想定外の状況の... [more] RCS2019-9
p.43
PRMU, CNR
(共催)
2019-02-28
16:20
徳島 徳島大学 複数ロボットの無線遠隔制御による協調搬送実現のためのロボット測位手法
安田真也熊谷太一吉田裕志NEC
2台のロボットが協調して荷物を運搬する協調搬送ロボットシステムのプロトタイプを開発した.本システムでは,通常行われるよう... [more] PRMU2018-120 CNR2018-43
pp.31-36
CQ, CBE
(併催)
2019-01-18
09:55
東京 首都大学東京 無線LAN遠隔制御走行車の走行特性に対する遅延変動吸収バッファの効果
永井勇希奥田和也中村僚兵葉玉寿弥防衛大
無線LANを利用した遠隔制御走行車システムの実現性について検討している.共用型の無線LANを利用する場合,電波環境の変動... [more] CQ2018-82
pp.35-40
CQ, CBE
(併催)
2019-01-18
15:15
東京 首都大学東京 力覚を用いた遠隔制御システムにおける粘弾性の適応制御のQoE評価 ~ ネットワーク遅延の変化に対する効果 ~
阿部拓哉名工大)・大西 仁放送大)・石橋 豊名工大
本報告では, 力覚を用いた遠隔制御システムを対象とし, 文字を書く作業に対して, ネットワーク遅延が作業途中で大きく変化... [more] CQ2018-91
pp.89-94
CNR
(共催)
MoNA, IN
(併催) [詳細]
2018-11-15
16:05
佐賀 唐津市民交流プラザ [招待講演]通信ネットワークを介した遠隔制御手法と複数ロボットによる協調搬送への応用
吉田裕志安田真也熊谷太一NEC)・大下裕一阪大)・里田浩三NEC)・村田正幸阪大
通信ネットワークを介して外部のセンサやコンピュータを活用してロボットを遠隔制御することで,ロボットの機能や性能の大幅な向... [more] IN2018-55 MoNA2018-32 CNR2018-29
pp.19-24(IN), pp.61-66(MoNA), pp.67-72(CNR)
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
10:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 遅延ジッタにロバストな状態予測制御手法
吉田裕志安田真也熊谷太一NEC
通信ネットワークを介した遠隔制御システムでは,通信遅延がむだ時間要素となり,システムの安定性を損なわせる問題がある.これ... [more] IN2018-36
pp.83-88
CQ 2018-08-23
16:30
滋賀 立命館大学びわこ・くさつキャンパス [招待講演]通信遅延変動を有するネットワークを介した遠隔制御システムのための予測制御手法
吉田裕志安田真也熊谷太一NEC
近年,IoT構想の浸透に伴い,様々な機械が無線IPネットワークによって接続され,さらに遠隔からリアルタイムに制御されるよ... [more] CQ2018-50
pp.23-27
CQ 2018-08-24
14:25
滋賀 立命館大学びわこ・くさつキャンパス 力覚を用いた遠隔制御システムにおける粘弾性の適応制御のQoE評価 ~ 運筆速度の変化に対する効果 ~
阿部拓哉石橋 豊名工大)・大西 仁放送大
本報告では, 一人の利用者が触覚インタフェース装置を用いてビデオを見ながら遠隔地にある別の触覚インタフェース装置を操作す... [more] CQ2018-60
pp.83-88
MoNA 2018-08-02
14:55
北海道 小樽市民センター 無線制御ビークル PicoRover2
富樫宏謙古賀郁海松尾優祐九大)・古川 浩PicoCELA
近年,増大する無線トラフィックに適応するための技術として,基地局のカバーエリアを縮小するスモールセル化が注目されている.... [more] MoNA2018-9
pp.19-24
IN, CCS
(併催)
2018-08-01
16:25
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 環境センサーを用いたロボットの無線遠隔制御の実機実験
安田真也NEC)・大下裕一阪大)・熊谷太一吉田裕志里田浩三NEC)・村田正幸阪大
本稿では,環境センサーを用いたロボットの無線遠隔制御を実際の移動ロボットを用いて実験を行った結果を報告する.環境センサー... [more] IN2018-15
pp.15-20
CS 2018-07-13
10:55
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) 屋内遠隔制御車いすのための無線LANハンドオーバー技術の提案
奥田和也永井勇希中村僚兵葉玉寿弥防衛大
自律走行を行う車いすの研究開発が進められている.車いすの自動制御技術は,介護のための労力の低減や高齢者の活動サポートに貢... [more] CS2018-38
pp.127-132
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 遠隔制御システムにおける粘弾性の適応制御
小松佑輔名工大)・大西 仁放送大)・○石橋 豊名工大
本報告では, 一人の利用者がビデオを見ながら一つの触覚インタフェース装置を用いて, 遠隔にある別の触 覚インタフェース装... [more] CQ2017-120
pp.99-104
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 遠隔制御の応答性を改善するための制御周期の動的調整手法
安田真也吉田裕志NEC
近年,IoT (Internet of Things) に代表されるように,あらゆる機器やロボットがインターネットに接続... [more] IN2017-105
pp.93-98
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
15:35
滋賀 彦根勤労福祉会館 通信網経由遠隔リアルタイム制御に対する伝送品質の影響度の実験的評価
葉玉寿弥後藤和正皆川昌樹長崎兼大中村僚兵防衛大
自動車の自動運転技術は実用化が近い.小型無人機についても,自動操縦を低コストで実現できれば,様々な分野への応用が期待でき... [more] CAS2016-134 CS2016-95
pp.111-116
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-20
16:15
北海道 北海道大学 遠隔地にあるBluetooth LE機器のシームレス接続手法に関する研究
岡田真実鈴木秀和名城大
近年,宅内にある多くの情報家電機器がスマートフォンにより制御できるようになった.しかし,Bluetooth 通信には通信... [more]
CQ 2017-01-20
11:25
大阪 大阪大学中之島センター 遠隔制御システムにおける粘性の適応制御
小松佑輔名工大)・大西 仁放送大)・石橋 豊名工大
本報告では,一人の利用者がビデオを見ながら一つの触覚インタフェース装置を用いて, 遠隔にある別の触覚インタフェース装置を... [more] CQ2016-101
pp.63-68
EE, WPT
(併催)
2016-10-06
11:30
京都 龍谷大学 セミナーハウス ともいき荘 (京都市) 海水中での磁力波通信およびWPTシステムの検討 ~ 潜航ロボットのための遠隔制御システムの提案 ~
河野實則RCS)・三島智和神戸大
あらまし
我々は,送信コイルと受信コイルの両方が非共振状態であり,或は共振状態に近い非共振状態の場合に,海水中での... [more]
WPT2016-21
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2016-03-04
11:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) ネットワーク装置設定一括管理を実現するゼロタッチConfigオペレーション
新納拓弥濱 竹志沼田直樹本田奈月NTT西日本
現状のネットワークは,様々なベンダ,機種のネットワーク装置によって構成されており,装置設定等の運用管理オペレーションに大... [more] IN2015-134
pp.153-158
CS, OCS
(併催)
2016-01-21
14:05
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) モバイル網を利用した遠隔無人機制御のためのスパイク遅延回避法の検討
小倉雅樹中村僚兵葉玉寿弥防衛大
無人機の新たな利用価値が注目されており、適用領域が拡大している。遠隔制御型の無人機は信号伝送のために通信リンクが必要であ... [more] CS2015-79
pp.37-42
 41件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会