お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1265件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-13
16:20
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
遠隔映像を用いた産業用ロボット制御における通信不完全性の制御作業品質への影響の実験的評価
佐々木郁治ベンナイラ シャドリア岡田 啓片山正昭名大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
13:00
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ラウンドトリップ低遅延化を実現する無線リソース制御に関する検討
荒井 甲小畑晴香鍋谷寿久東芝
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, RCS, NV
(併催)
2022-05-27
10:30
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]V2Xアプリケーションの高度化に向けた期待と課題 ~ 運転支援/自動走行における通信遅延の考え方を中心に ~
牧戸知史豊田中研IN2022-7 RCS2022-20
V2Xのアプリケーションというと1ms以下の超低遅延が必要とされ、パケット到達率も99.999%以上が必要であるなど厳し... [more] IN2022-7 RCS2022-20
pp.32-37(IN), pp.34-39(RCS)
IT, EMM
(共催)
2022-05-18
10:25
岐阜 岐阜大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
遅延型ビット置換符号化変調のラベル付け法
細谷 剛早大IT2022-9 EMM2022-9
本研究では,2次元の信号点配置に対しDBICM の適用について検討し,DBCIM容量は少ない遅延でCM容量と一致すること... [more] IT2022-9 EMM2022-9
pp.44-49
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
11:40
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ディジタルツインを用いた遠隔走行車制御におけるフィードバック周期の影響の実験的評価
皆川昌樹吉本雄大中村僚兵葉玉寿弥防衛大CS2022-2
インターネットを介した走行車遠隔制御において,ディジタルツイン(DT)の利用により伝送遅延や遅延揺らぎの影響を低減できる... [more] CS2022-2
pp.7-11
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
12:05
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
車載ネットワークを対象とした Network Calculus に基づく遅延性能評価手法
松田脩佑廣森聡仁山口弘純阪大)・陶山洋次郎泉 達也住友電工)・浦山博史オートネットワーク技術研究所)・小林史歩梅原茂樹谷 英哲住友電工システムソリューションCS2022-3
提案手法では,数学的理論を用いて最悪通信遅延を導出する Network Calculus により導出される通信遅延 に基... [more] CS2022-3
pp.12-17
CQ, CS
(併催)
2022-05-13
10:35
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
レースドローン向け低遅延IP映像伝送システムの設計と実装
水野史暁松谷健史中村 修慶大CQ2022-14
レースドローン向けの映像伝送方式はレイテンシが小さいアナログ映像伝送が主流である.しかしアナログ映像伝送は電磁ノイズが画... [more] CQ2022-14
pp.74-79
NS 2022-05-13
09:50
京都 京都大学楽友会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
連合型合意の提案と多数ノードによる性能評価実験
柳原貴明藤原明広千葉工大NS2022-15
パブリック・ブロックチェーンは,取引処理速度が極端に遅いという
スケーラビリティ問題があることが知られている.
我々... [more]
NS2022-15
pp.34-39
NS 2022-05-13
10:50
京都 京都大学楽友会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
vRANトラフィックをターゲットとした低遅延かつ省電力なサーバ内フレーム転送方式の提案
名取 廣藤本 圭白神彰則NTTNS2022-17
仮想化無線アクセスネットワーク (vRAN: virtualized Radio Access Network) におけ... [more] NS2022-17
pp.47-52
PN 2022-04-25
14:05
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]In-Band Network Telemetryによる遅延測定技術の取組み
藤井雅章福田利道山田智紀藤井宏行富士通PN2022-2
次世代ネットワークでは,超高速,大容量,低遅延に加え,サービスの要件やリソース状況に合わせて柔軟かつ自律的に運用可能であ... [more] PN2022-2
pp.9-13
NS 2022-04-15
13:00
東京 機械振興会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ハンドオーバ時のクラウドオフローディング処理遅延低減方法
杉園幸司宮本克真加納浩輝河野伸也NTTNS2022-4
モバイルサービスにおいてクラウド内サーバの豊富なリソースを利用して高負荷処理を実行するクラウ
ドオフローディングで低遅... [more]
NS2022-4
pp.19-24
MSS, NLP
(共催)
2022-03-28
14:55
ONLINE オンライン開催 時間遅延を伴うリレー結合システムに生じる部分振動停止現象の安定性解析
河野竜弥杉谷栄規茨城大MSS2021-65 NLP2021-136
本報告では, 時間遅延を伴うリレー結合システムに生じる部分振動停止現象の安定性解析を行う.先行研究[U.S. Thoun... [more] MSS2021-65 NLP2021-136
pp.51-54
NS, IN
(併催)
2022-03-11
10:40
ONLINE オンライン開催 LoRaネットワークにおけるACKを介した送信遅延制御による動的送信スケジューリング手法
坂東 力中尾彰宏東大NS2021-150
LPWA の 1 つである LoRa では MAC プロトコルに ALOHA を用いており, センサー数の増加によって通... [more] NS2021-150
pp.164-170
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
15:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 通信遅延下における力覚通信の安定性及び操作性向上の検討 ~ 予測反力フィードバックの効果 ~
渡邉 均井上大暉東京理科大)・黄 平国岐阜聖徳学園大)・石橋 豊名工大CQ2021-105
力覚通信は,ネットワークを介して力を伝えることで,視覚情報を補うことによる操作の確実化,物体表面の感触取得などの意義があ... [more] CQ2021-105
pp.25-30
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
17:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 車載無線通信における車内通信特性を考慮した固定バックオフ法の遅延評価
塩原拓海村瀬 勉名大CQ2021-137
本研究では、IEEE 802.11adを用いた車載無線通信において、計算機シミュレーションに実機実験による実測値を用いて... [more] CQ2021-137
pp.198-202
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
18:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 車載光リングネットワークにおけるセンサ情報の同期収集を可能とするスケジューリング方式
長塚大輝越智功士浅野 翔久保亮吾慶大CQ2021-138
車載システムの増加に伴い,車載ネットワークの大容量化,低遅延化,高信頼化が課題となっており,光リングネットワークを用いた... [more] CQ2021-138
pp.203-208
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
16:00
ONLINE オンライン開催 時間-デジタル変換に基づくOFDM無線受信機
楊 楊府川和彦張 裕淵東工大RCS2021-292
低消費電力かつ低コストのOFDM無線受信機を目指し,本報告ではリアルゼロ(RZ)技術に基づく新しいADC方式を検討する.... [more] RCS2021-292
pp.201-206
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
15:25
ONLINE オンライン開催 ルーティング制御を行うV2Xリレー伝送の基本特性評価
酒井 学帶金一真西本 浩青山哲也佐野裕康三菱電機RCS2021-296
C-V2X(Celluler Vehicle-to-Everything)は,自動運転やMaaS(Mobility as... [more] RCS2021-296
pp.223-228
MBE, NC
(併催)
2022-03-04
10:20
ONLINE オンライン開催 遅延聴覚フィードバック順応のカルマンフィルターモデル
朝倉暢彦阪大)・笹岡貴史広島大)・小川健二北大)・乾 敏郎追手門学院大NC2021-71
本研究では,聴覚フィードバックの時間遅れを発話運動に伴って学習するメカニズムをカルマンフィルターでモデル化し,遅延聴覚フ... [more] NC2021-71
pp.133-137
DC 2022-03-01
10:55
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オンチップ遅延測定における温度電圧の影響補正について
加藤隆明九工大)・三宅庸資プリバテック)・梶原誠司九工大DC2021-67
論理回路の経年劣化の問題に対して,フィールドで定期的に遅延測定することが有効である.フィールド測定した遅延値は測定時の温... [more] DC2021-67
pp.18-23
 1265件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会