電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-09
09:20
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 逐次射影法を用いた阻止域の複数要素が可変なIIRフィルタの一設計法
宮田統馬相川直幸東京理科大CAS2011-150 SIP2011-170 CS2011-142
本稿では,必要十分条件となる安定判別法を用いた逐次射影法による阻止域の振幅特性の複数要素が可変なIIRフィルタの設計法を... [more] CAS2011-150 SIP2011-170 CS2011-142
pp.239-244
MSS, CAS, VLD, SIP
(共催)
2011-06-30
09:40
沖縄 沖縄県青年会館 最大許容誤差を自動更新するFIRフィルタの複素チェビシェフ近似
寺本光佑宮田統馬・○相川直幸東京理科大)・杉田泰則吉川敏則長岡技科大CAS2011-3 VLD2011-10 SIP2011-32 MSS2011-3
従来の逐次射影法は,設計者が最大許容誤差を設定してフィルタを設計する必要がある.
その結果,与える最大許容誤差により解... [more]
CAS2011-3 VLD2011-10 SIP2011-32 MSS2011-3
pp.13-18
SP, EA, SIP
(共催)
2010-05-27
15:20
兵庫 甲南大学平生セミナーハウス 最大許容誤差を更新する逐次射影法による直線位相FIRフィルタの一設計法
寺本光佑宮田統馬相川直幸東京理科大)・杉田泰則吉川敏則長岡技科大EA2010-21 SIP2010-21 SP2010-21
本報告では,最大許容誤差を解析的に求め更新する逐次射影法による直線位相FIRフィルタの設計法を提案する.従来,逐次射影法... [more] EA2010-21 SIP2010-21 SP2010-21
pp.121-126
CAS, SIP, VLD
(共催)
2007-06-21
14:50
北海道 北海道東海大学 札幌キャンパス マルチメディアホール システム行列に基づく安定判別とIIRフィルタの設計への適応
宮田統馬相川直幸日大)・杉田泰則吉川敏則長岡技科大CAS2007-14 VLD2007-30 SIP2007-44
一般に,IIRフィルタを設計する場合には安定性の保証が必要であることが知られている.従来,繰り返し近似アルゴリズムにおい... [more] CAS2007-14 VLD2007-30 SIP2007-44
pp.79-84
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会