お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2021-03-08
15:45
ONLINE オンライン開催 最大クリーク抽出アルゴリズムMCTのさらなる高速化
柳澤士朗富田悦次電通大)・片山謙吾金原一歩岡山理科大)・戸田貴久伊藤大雄若月光夫西野哲朗電通大COMP2020-35
筆者らが以前に提唱した最大クリーク抽出アルゴリズムMCT (FAW 2016, LNCS 9711, pp.215-22... [more] COMP2020-35
pp.38-45
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
14:20
ONLINE オンライン開催 Minimum-Entropy Couplings問題に対するCicalese-Gargano-Vaccaroアルゴリズムの改善
坂谷航平岩田賢一福井大)・藤崎礼志金沢大IT2020-151 ISEC2020-81 WBS2020-70
Minimum-Entropy Couplings 問題は,与えられた 2 つの周辺分布P_XとP_Yの条件下において,... [more] IT2020-151 ISEC2020-81 WBS2020-70
pp.239-244
COMP 2020-03-01
14:25
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
Power Vertex Cover問題の近似アルゴリズムについて
立松拓己・○林谷哲郎藤戸敏弘豊橋技科大COMP2019-50
Vertex Cover を拡張するPower Vertex Cover 問題について,新たに2つの2倍近似アルゴリズム... [more] COMP2019-50
pp.29-33
COMP 2018-10-26
11:15
京都 京都大学 近似最大クリーク抽出アルゴリズムIKLSの反復回数に対する適切な制御方法
長尾篤樹お茶の水女子大)・松崎空良富田悦次伊藤大雄若月光夫西野哲朗電通大COMP2018-23
筆者らが以前に提唱した最大クリーク抽出アルゴリズムMCT (FAW 2016, LNCS 9711, pp.215-22... [more] COMP2018-23
pp.17-24
COMP 2018-03-05
11:00
大阪 大阪府立大学 [招待講演]クエリ可能な確率的重み付き詰め込み問題
前原貴憲理研)・○山口勇太郎阪大/理研COMP2017-47
「重み付き詰め込み問題」とは,与えられた容量制約を満たすように要素を取捨選択し,取ると決めた要素の重みの総和を最大化する... [more] COMP2017-47
p.17
COMP 2016-09-06
11:30
富山 富山県立大学 フロベニウスの問題の近似困難性と被覆半径問題の関係について
松原俊一青学大COMP2016-16
与えられた $n$ 個の互いに素な正整数 $a_1,cdots,a_n$について,その非負整数結合 $sum_{i=1}... [more] COMP2016-16
pp.15-16
COMP 2015-03-09
16:00
京都 立命館大学 2近似葉最多全域木構築自己安定アルゴリズムについて
岡本圭祐片山喜章名工大COMP2014-50
葉最多全域木とは,考えられる全域木のうち葉の数が最多である全域木である.分散システム上に構築することは,MANETのルー... [more] COMP2014-50
pp.53-60
NS, IN
(併催)
2014-03-07
11:20
宮崎 宮崎シーガイア 故障時の通信経路長増加を抑制する高信頼リンク決定問題に対する近似アルゴリズム
西田幸平巳波弘佳関西学院大NS2013-241
インターネット等の発展に伴い,通信ネットワークが社会において必要不可欠なインフラとなった現在,信頼性の高いネットワークを... [more] NS2013-241
pp.373-378
NS, IN
(併催)
2014-03-07
08:50
宮崎 宮崎シーガイア リンク故障時においてもサーバへの可到達性を保障し距離増大を抑制するサーバ配置法
前田奈緒巳波弘佳関西学院大NS2013-243
近年,大容量コンテンツの利用増加,クラウドサービスの商用化に伴い,ネットワークトラフィックやコンテンツ配信サーバ、データ... [more] NS2013-243
pp.385-390
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2013-05-17
09:55
北海道 小樽商科大学 ターミナル数5の成分素シュタイナー木最大化問題に対する近似アルゴリズム
星加大輝宮野英次九工大COMP2013-9
本稿では,成分素なシュタイナー木の最大埋め込み問題(以下では成分素なMaxPST
問題と呼ぶ)を考える.無向グラフ$G... [more]
COMP2013-9
pp.7-12
COMP 2013-03-18
10:20
岐阜 岐阜大学 ストリームに対するO(log log n)領域を用いたReservoir sampling
園田尚人山内由紀子来嶋秀治山下雅史九大COMP2012-53
本論文ではストリーム中の要素を一様ランダムにサンプルするための簡単なアルゴリズムを提案する.本アルゴリズムは,未知の入力... [more] COMP2012-53
pp.5-12
COMP 2011-03-09
14:10
東京 中央大学 ナップサック問題に対する定数時間近似アルゴリズム
伊藤大雄・○清島 奨吉田悠一京大COMP2010-51
本稿ではナップサック問題に対する定数時間近似アルゴリズム,
すなわち出力と最適解の絶対誤差が$\epsilon$以下と... [more]
COMP2010-51
pp.29-36
COMP 2010-12-03
16:35
福岡 九州工業大学 Kyutechプラザ 最大支配問題
宮野英次九工大)・○小野廣隆九大COMP2010-46
グラフにおける頂点/辺支配集合問題の新しい亜種について考える.ある頂点はその頂点自身と隣接点を支配すると言い,同様にある... [more] COMP2010-46
pp.53-60
COMP 2010-03-12
13:20
東京 国立情報学研究所 d-claw freeグラフ上の独立集合問題に対する局所探索法について
北山数行藤戸敏弘豊橋技科大COMP2009-54
グラフの独立集合問題は,多項式時間では近似することすら難しいNP困難問題で
あるが,$d$-claw freeグラフ... [more]
COMP2009-54
pp.33-38
NS, IN
(併催)
2010-03-05
09:50
宮崎 宮崎シーガイア 故障時性能劣化が小さいリンク数最小ネットワーク設計法
片山 希藤村武史巳波弘佳関西学院大)・上山憲昭長谷川治久吉野秀明NTTNS2009-228
インターネットをはじめ,通信ネットワークが社会において必要不可欠なインフラとなった現在,ネットワークには高い信頼性が求め... [more] NS2009-228
pp.369-374
COMP 2009-10-16
15:25
宮城 東北大学 最大サイズ最大安定度マッチング問題に対する近似下限の改良
濱田浩気・○宮崎修一岩間一雄京大COMP2009-37
安定結婚問題で不完全希望リストを許すと,同じ例題に対する全ての安定マッ
チングは同サイズになる.しかし,安定性を無視す... [more]
COMP2009-37
pp.35-40
AI 2009-09-25
13:00
京都 京大百周年時計台記念館 [招待講演]安定マッチング問題に関する最近の話題
宮崎修一京大AI2009-12
安定マッチング問題とは,男女の集合と,各人の異性に対する希望リストが与えられたとき,「安定性」と呼ばれる性質を満たす男女... [more] AI2009-12
pp.19-22
COMP 2009-06-29
14:05
北海道 北海道大学 高さの制限された無順序木の編集距離問題に対する近似アルゴリズム
深川大路NII)・阿久津達也京大)・高須淳宏NIICOMP2009-22
二つの無順序木の編集距離を計算する問題は MAX SNP-hard である事が知られている.本稿では,この問題に対する ... [more] COMP2009-22
pp.31-36
IN, NS
(併催)
2009-03-03
11:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 故障時における性能劣化を抑制するネットワーク設計法
片山 希藤村武史巳波弘佳関西学院大)・上山憲昭長谷川治久吉野秀明NTTNS2008-164
インターネットをはじめ,通信ネットワークが社会において必要不可欠なインフラとなった現在,ネットワークには高い信頼性が求め... [more] NS2008-164
pp.117-122
IN, NS
(併催)
2009-03-03
11:10
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 特定ノードへのフロー集中を抑制する経路設定法
横井俊宏宮田高道山岡克式東工大IN2008-140
特定ノードにフローが集中する事で,通信品質の劣化等の,様々な問題が生じる.そこで本稿では,中継フロー数最大ノードの中継数... [more] IN2008-140
pp.49-54
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会