お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-16
13:35
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
身体運動としてのダンスが心理的健康を促進するメカニズム
酒井美鳥名大)・清河幸子東大HCS2022-27 HIP2022-27
ダンスは学校教育の必修科目であり,身近な存在となっている.また,ダンスは心理療法としても行われており,これまでに多くの先... [more] HCS2022-27 HIP2022-27
pp.132-135
HIP 2021-09-17
10:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 自分と他人の声の境界は変化するか
中川優奈田中章浩東京女子大HIP2021-26
私たちは,自分の顔や声を知覚すると「自分のものである」という所有感を感じる。他人の顔を自分の顔のように感じる錯覚があるよ... [more] HIP2021-26
pp.25-30
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 Phantact:実世界におけるプロテウス効果生起システムの提案
鹿内裕介磯山直也酒田信親清川 清奈良先端大MVE2020-30
自身の見た目を変えることで,態度や行動が変容するプロテウス効果がVR環境にて知られている.
心的障害や社会問題の解決に... [more]
MVE2020-30
pp.1-6
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 自己の身体の外から自分を見る仮想非現実体験による認知の拡張に関する研究
花島 諒大山潤爾産総研/筑波大
身体を外から見る3人称視点を利用することで、通常では把握できない全身の動作を把握することを可能にし、VRと組み合わせるこ... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
12:55
沖縄 沖縄産業支援センター 身体形状認識の変形を伴う身体像拡張手法の提案
松井和輝古川正紘安藤英由樹前田太郎阪大HCS2015-29 HIP2015-29
失った身体部位の補綴としての義手ではなく,新たな身体部位として活用可能な装具を用いることで,多人数が必要とされた複雑な共... [more] HCS2015-29 HIP2015-29
pp.187-192
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
09:25
東京 玉川大学 ゴム手形状や手姿勢を変化させた場合のRubber Hand Illusionの解析
山本耕資郎福村直博豊橋技科大NC2009-117
触覚情報と視覚情報の統合による身体イメージを調べる実験として,Rubber Hand Illusion (RHI)と呼ば... [more] NC2009-117
pp.173-178
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会