電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 583件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, MI
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-09-04
15:30
岡山 岡山大学 正例自動サンプリングPositive Unlabeled-Learningを用いた光超音波画像における体毛領域認識
吉川 亮備瀬竜馬九大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MBE 2019-07-20
10:55
徳島 徳島大学 超音波ドプラ法を用いた血流波形の耐雑音性の向上について
許 淞鈞芥川正武榎本崇宏北岡和義徳島大)・田中弘之鳴門教大)・木内陽介徳島大
近年,日本国内における死亡要因の約25%は心疾患等の循環器系疾患であることが厚生労働省より報告されている.本研究グループ... [more] MBE2019-20
pp.7-11
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-16
13:30
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) [招待講演]音によるエゾシカと車両の衝突回避における超指向性スピーカー使用に関する一考察
松﨑博季真田博文和田直史北海道科学大
スピーカーや警笛を利用して走行車から音を発することで,車両とシカの衝突を回避する試みが行われ,すでに多 くの製品... [more] EA2019-6
pp.23-28
SDM 2019-06-21
14:00
愛知 名古屋大学 VBL3F [依頼講演]超音波原子間力顕微鏡によるナノ領域弾性特性評価
辻 俊宏東北大)・山中一司ボールウェーブ
超音波原子間力顕微鏡(ultrasonic atomic force microscopy; UAFM)は原子間力顕微鏡... [more]
US 2019-06-17
13:25
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 柔軟性超音波探触子の医用超音波への応用
田中雄介吉田光良小倉幸夫ジャパンプローブ
柔軟性超音波探触子を用いた医用超音波への応用を報告する。ソフトプローブによる老視評価や口腔内計測、フレキシブルリニアアレ... [more] US2019-19
pp.1-5
US 2019-06-17
13:50
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス ソノルミネッセンスを用いた水溶液中金属元素分析システムの開発へ向けた基礎研究
高橋秀治ニーササイレラ サルディニサイダトゥン木倉宏成東工大
東京電力HD福島第一原子力発電所の廃炉に関連して,原子炉格納容器からの燃料デブリ回収が課題となっており,格納容器内調査技... [more] US2019-20
pp.7-8
US 2019-06-17
14:30
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 広帯域位相差分法を用いた広速度ダイナミックレンジ計測に関する研究
荘司成熙高橋秀治木倉宏成東工大
工業的な流れ場計測において,超音波流速分布計測法(Ultrasonic Velocity Profiler; UVP)は... [more] US2019-21
pp.9-13
US 2019-06-17
16:00
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 複素数空間での振幅確率密度関数モーメントを用いた肝線維化パラメータの高精度化
張 闖平田慎之介蜂屋弘之東工大
超音波画像を用いた肝線維化定量評価を目的とし, 線維性肝組織の超音波画像の振幅確率分布モデルであるマルチレイリーモデルに... [more] US2019-24
pp.25-30
US 2019-06-17
16:25
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス MHz領域におけるブタ頭蓋骨の伝搬特性
道本 樹佐伯誠哉安井寛和中村 司松川真美同志社大
本態性振戦や神経痛,脳腫瘍といった脳疾患に対する非侵襲な経頭蓋脳治療法のひとつに超音波法が注目されている.頭蓋骨は,外板... [more] US2019-25
pp.31-34
US 2019-06-17
16:50
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス Efficient wave simulation for focused ultrasound therapy of cancer -- for sure treatment without side effects --
Kazuhide OkadaNTMC
癌治療用の収束超音波のトランスデューザからの、音圧・指向性・熱分布等のシミュレーションを各種超音波シミュレータでやってみ... [more] US2019-26
pp.35-40
US 2019-05-20
13:25
東京 機械振興会館 強力空中超音波スキャン照射による金属薄板中の高調波ガイド波伝搬
山田健太大隅 歩伊藤洋一日大
強力空中超音波のスキャン照射による弾性波源走査法を用いた非破壊検査の研究を行っている.提案する手法では,強力空中超音波の... [more] US2019-9
pp.7-11
US 2019-05-20
14:50
東京 機械振興会館 ランジュバン振動子と伝送線を利用した超音波モータ
石井孝明清水 毅山梨大
超音波マイクロモータを駆動源も含めて作成しようとすると、通常は、駆動源は小さくなり、モータ出力を十分に取り出すことが困難... [more] US2019-12
pp.19-22
US 2019-05-20
15:15
東京 機械振興会館 ゾルゲル複合体超音波トランスデューサにおける非圧電体ゾルゲル相の影響
小林牧子前田大地熊本大
ゾルゲル複合体はその耐熱性から高温用超音波トランスデューサとしての応用が期待されている.ゾルゲル複合体は粉体相とゾルゲル... [more] US2019-13
pp.23-26
US 2019-05-20
17:05
東京 機械振興会館 キャビテーション発生を伴う音場での光ファイバプローブハイドロホンの出力信号成分
小池義和市川将稔竹内 聡佐藤成将芝浦工大
筆者らは、キャビテーション下で絶対音圧を測定するために、反射型の光ファイバプローブハイドロホン(FOPH: Fiber ... [more] US2019-17
pp.41-46
SCE 2019-04-19
13:00
東京 機械振興会館 高温超伝導SQUIDと磁歪式超音波ガイド波を用いた配管のリモート非接触検査技術
廿日出 好東 雄貴近畿大
我々は,高温超伝導SQUIDと磁歪式超音波ガイド波を組み合わせた配管の非接触検査技術の開発を行っている.ガイド波試験の対... [more] SCE2019-6
pp.29-32
US 2019-04-15
13:30
東京 電気通信大学 バブリング濃縮 ~ 霧化しない超音波分離の試み ~
佐藤正典本多電子)・小塚晃透愛知工大)・畑中信一電通大)・安井久一産総研
霧化しない超音波分離として実施したエタノールのバブリング濃縮の試みを紹介する。濃縮メカニズムとしてバブル表面の表面過剰現... [more] US2019-1
pp.1-6
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]半球状超音波アレイを用いた音響粒子砲
山本 豊大久保 寛首都大東京
近年,超音波アレイを用いた音響浮揚が報告されている. 本研究では超音波アレイのさらなる応用を目指し、“音響粒子砲”を提案... [more] EA2018-147 SIP2018-153 SP2018-109
pp.285-288
HWS, VLD
(共催)
2019-03-02
14:20
沖縄 沖縄県青年会館 超音波距離計に対する距離偽装攻撃成立条件
井上侑哉野平浩生吉田直樹藤本大介松本 勉横浜国大
超音波距離計の送信波を攻撃装置が受波しそれをトリガとして攻撃波を送信して超音波距離計に本来の距離計測対象物体までの真の距... [more] VLD2018-143 HWS2018-106
pp.295-299
US 2019-02-22
11:20
神奈川 桐蔭横浜大学 変調したレーザ光照射による薄板状構造の非接触画像化検査
林 高弘中尾章吾棚原誉雄京大
一般的なレーザ超音波法では,強力なパルスを出力できるレーザ装置を用いて材料内にパルス状の弾性波を発生させ,材料内に伝搬し... [more] US2018-110
pp.11-14
US 2019-02-22
13:25
神奈川 桐蔭横浜大学 探触子の受信指向性と空中超音波における虚像の解析
田中雄介野地正明柘植延啓小倉幸夫ジャパンプローブ
空中超音波探傷で試験体を画像化したとき虚像が発生することがある。虚像は試験体内の多重反射により広がった信号を凹面の受信探... [more] US2018-112
pp.21-26
 583件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会