お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2019-07-14
11:30
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 シロガネーゼ対おおたかジェンヌ ~ カタカナ形態素おそるべし ~
原田康也早大TL2019-1
外来語の活用は本来的には言語の語彙を豊かにし、その表現力を高める可能性があるが、近年の日本語におけるカタカナ語の使用は乱... [more] TL2019-1
pp.1-6
SP 2019-01-26
14:30
石川 ハルモニー金沢 [依頼講演]単語・文章了解度試験を用いた様々な聴取環境における音声聴取能力測定手法の開発
坂本修一東北大SP2018-52
様々なコミュニケーションシステムを用いて音声情報を聴取者に伝える際には,聴取者がその情報をどの程度正しく受け取れるかを考... [more] SP2018-52
pp.5-8
HCS 2018-11-02
15:15
茨城 つくばイノベーションプラザ 高齢者の共食コミュニケーション研究に向けたデータセットの構築
徳永弘子東京電機大)・木村 敦日大)・武川直樹東京電機大HCS2018-45
高齢者同士が新たな友人関係を築いたり,関係を維持したりすることは,高齢者の主観的幸福感の向上にも社会全体にも重要である.... [more] HCS2018-45
pp.25-30
TL 2018-06-17
16:15
兵庫 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス 日本人英語学習者の文産出における文構造親密度の影響 ~ 絵描写課題による産出傾向の分析 ~
兵頭佳央理横川博一神戸大TL2018-7
本研究は,日本人英語学習者を対象として,英語の「文構造親密度」(Yokokawa et al., 2017)が文産出にど... [more] TL2018-7
pp.37-42
TL 2017-12-10
13:10
愛媛 愛媛大学 城北キャンパス 文構造親密度が日本人英語学習者の文理解処理に与える影響 ~ 相対的文構造親密度に関する一考察 ~
橋本健一阪教大)・鳴海智之兵庫教大)・籔内 智京都精華大)・里井久輝龍谷大)・濱田真由平野亜也子兵頭佳央理神戸大)・坂東美智子滋賀大)・原田康也早大)・横川博一神戸大TL2017-51
本研究は、日本人英語学習者を対象として、英語の「文構造親密度」が文理解処理にどのような影響を及ぼすかについて、読解実験(... [more] TL2017-51
pp.43-48
TL 2017-07-22
16:40
東京 国立国語研究所 『分類語彙表』に対する単語親密度推定 ~ 相の類を中心に ~
浅原正幸国立国語研TL2017-22
本稿では『分類語彙表』に対する単語親密度推定について論じる。『分類語彙表』のうち「相の類」7,832 語の表層形に対する... [more] TL2017-22
pp.45-50
TL 2017-07-22
16:40
東京 国立国語研究所 Building a Database of Sentence Construction Familiarity of Japanese EFL Learners: Pilot Study
Hirokazu YokokawaKobe Univ.)・Satoshi YabuuchiKyoto Seika Univ.)・Hisaki SatoiRyukoku Univ.)・Michiko BandoShiga Univ.)・Tomoyuki NarumiOsaka Kyoiku Univ,)・Ken-ichi HashimotoHyogo Univ. of Education)・Mayu HamadaAyako HiranoKobe Univ.)・Yasunari HaradaWaseda Univ.TL2017-24
本研究は,日本人英語学習者を対象として,英語の「文構造」に対する親密度(familiarity)データベースを構築するこ... [more] TL2017-24
pp.57-62
EA, ASJ-H
(共催)
2016-08-10
10:30
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス ロングパスエコー下における既存の緊急速報を模した4連単語の了解度
崔 正烈・○坂本修一田村祐揮鈴木陽一東北大
屋外拡声システムにおける災害情報の伝達には,システム自体の最適化のみならず,そこで使用するコンテンツの最適化も重要である... [more] EA2016-26
pp.37-41
NS, IN
(併催)
2016-03-03
11:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) ソーシャルアドホックネットワークにおける異なる親密度計算手法及びソーシャルネットワーク構造による特性評価
羅 天然村瀬 勉名大IN2015-122
本研究では、アドホックネットワークのインセンティブ問題を解決するために、ソーシャルネットワークの関係性(親密度)に応じて... [more] IN2015-122
pp.83-88
HCS 2014-08-23
13:00
京都 立命館大学朱雀キャンパス 共同模写作業におけるコミュニケーションチャネルの時系列変化 ~ 親密度の違いによる比較 ~
八尾友揮正田 悠阪田真己子同志社大)・鈴木紀子帝塚山大HCS2014-52
本研究では、2者が共同で抽象絵画を模写する際に、各作業者のイメージをパートナーとどのように調整し合うことで一枚の絵画とし... [more] HCS2014-52
pp.51-56
EA 2014-08-20
11:00
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス 単語間ポーズがロングパスエコー環境下の単語了解度に及ぼす影響
宮下知理崔 正烈坂本修一森本政之鈴木陽一東北大EA2014-21
屋外拡声システムにおける災害情報の伝達には,システム自体の最適化のみならず,そこで使用するコンテンツの最適化も重要である... [more] EA2014-21
pp.55-58
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 返答率に基づく演劇中の登場人物間の親密度推定
秋田恭佑松本和幸吉田 稔北 研二徳島大
本稿では,台本の会話文に着目し,演劇の登場人物間の人間関係を獲得することを試みた.
一般に,我々は登場人物のせりふや行... [more]

NLP 2013-10-28
17:30
香川 サンポートホール高松 親密度を用いた離散Firefly AlgorithmとそのQAPへの応用
石川茉実松下春奈香川大NLP2013-89
本報告では離散Firefly Algorithm (Discrete Firefly Algorithm:~DFA) を... [more] NLP2013-89
pp.105-108
EA 2013-08-09
10:30
宮城 東北大学 親密度を統制した4連単語によるロングパスエコー下の了解度
虎井 駿崔 正烈坂本修一東北大)・佐藤逸人森本政之神戸大)・鈴木陽一東北大EA2013-54
災害情報を音によって伝えるためには,防災通信システム自体の最適化のみならず,そこで使用するコンテンツの最適化も重要である... [more] EA2013-54
pp.7-11
SP, WIT
(共催)
2013-06-14
11:00
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 [招待講演]屋外拡声系による音声了解度の評価とサイン音の開発 ~ 災害情報の屋外音声伝達性能の向上に関する技術開発 ~
崔 正烈森本政之東北大)・佐藤逸人神戸大)・坂本修一東北大)・岩谷幸雄東北学院大)・齋藤文孝鈴木陽一東北大SP2013-45 WIT2013-15
本研究では,災害情報の屋外音声伝達性能の向上を目指し,屋外拡声系による音声了解度の評価と,音声了解度が充分確保できない場... [more] SP2013-45 WIT2013-15
pp.83-88
HIP 2013-03-14
13:50
沖縄 沖縄産業支援センター 音声対話における親密度と話し方の関係
中里 収大城裕志名桜大)・菊池英明早大HIP2012-96
本研究では,人の話し方は親密度によってどのように変化するのかを調べた.評価に使用するデータとして,大学生の初対面の時の対... [more] HIP2012-96
pp.109-114
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-12
15:50
石川 金沢工業大学 プライバシー管理制御を行う個人向けコミュニケータの実現
冨田有紀電通大)・水野 修工学院大/NTT)・深見公彦NTT)・多田好克電通大NS2009-108
特定の相手との情報開示を行うコミュニケーションシステムを個人向けコミュニケータと呼ぶ.ユーザ同士でネットワークを介して情... [more] NS2009-108
pp.27-32
WIT, SP
(共催)
2009-10-30
12:00
青森 青森県観光物産館アスパム 視覚障害者のための意味情報を用いた仮名漢字変換における説明語選択手法の検討
小宮菜月千葉大)・西田昌史同志社大)・堀内靖雄黒岩眞吾千葉大SP2009-61 WIT2009-67
我々は視覚障害者のための仮名漢字変換手法として,意味情報を用いた手法を検討してきている.説明語には主に類義語を利用するが... [more] SP2009-61 WIT2009-67
pp.69-74
SP 2009-03-05
15:45
東京 東京工科大 低親密度単語の発声時にブローカー野が活性化する
蔡 暢森 浩一岡崎俊太郎鎌谷大樹国立障害者リハビリテーションセンターSP2008-146
発声する時、単語より無意味単語によってブローカ野はより強く賦活されることが報告されている。しかし、単語の親密度がブローカ... [more] SP2008-146
pp.25-29
WIT 2008-07-27
- 2008-07-28
新潟 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター) 視覚障害者用スクリーンリーダのフォネティック読みに関する研究 ~ 小学生の利用を考慮した仮名説明単語の選定 ~
渡辺哲也特総研)・佐々木朋美仙台市立岩切小学校)・青木成美永井伸幸宮城教大WIT2008-25
視覚障害者用スクリーンリーダには,仮名を正しく聞き取らせるため,その仮名で始まる単語で説明する「フォネティック読み」があ... [more] WIT2008-25
pp.31-37
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会