お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2019-03-04
13:55
沖縄 沖縄産業支援センター ウェブアプリケーション開発における要求獲得のためのテスト記述支援環境の提案
中地祥剛崔 恩瀞奈良先端大)・吉田則裕名大)・飯田 元奈良先端大SS2018-60
近年,ゲームやウェブサービスなどの開発現場では,厳密な要求仕様書が作成されずプランナー(プログラミング知識はないがソフト... [more] SS2018-60
pp.49-54
KBSE 2017-03-03
14:30
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 漸進型要求獲得プロセスの管理ツールの開発
中谷多哉子放送大)・岡野道太郎筑波大KBSE2016-42
これまで,漸進型要求獲得プロセスについて事例調査を行ってきた.
本稿では要求獲得プロセスを管理するためのツールRCTを... [more]
KBSE2016-42
pp.19-24
KBSE 2017-03-04
14:05
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 機械学習を用いたステークホルダ分析方法の提案と評価
市川裕也青山幹雄南山大KBSE2016-49
 [more] KBSE2016-49
pp.61-66
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと インタラクティブコンテンツ利用モデルによる口頭説明場面の抽出
浜 信彦天早健太杉原慶哉中道 上福山大)・渡辺恵太DNP情報システム)・森田翔太福山大
インタラクティブコンテンツ利用時には説明者による口頭説明が必要な場面がある.口頭説明の代わりとなる適切な説明画面によって... [more]
SS 2016-03-10
09:50
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 シナリオ部品の統合化とシナリオ作成支援
高木庫平・○大西 淳立命館大SS2015-78
シナリオを用いてシステムの要求獲得を行う場合,多くのシナリオが必要となる.シナリオの品質と生産性を向上させるため,シナリ... [more] SS2015-78
pp.13-18
KBSE 2014-03-07
09:50
沖縄 沖縄県青年会館 差分シナリオを用いたシナリオ検索支援 ~ 差分シナリオの生成・視覚化ツールの開発 ~
塩田英二・○大西 淳立命館大KBSE2013-90
シナリオを利用したシステム開発では,システム全体の振る舞いを明確にするために多くのシナリオを作成する必要がある.過去に作... [more] KBSE2013-90
pp.67-72
KBSE 2012-11-22
15:30
石川 金沢大学 (角間キャンパス) 要求分析のための質的調査に基づくAsWas-AsIs分析手法の提案
渡辺将弘日産自動車)・中谷多哉子筑波大/NIIKBSE2012-46
業務システムを構築する際には,そのシステムの利用者, 関係者達の要求を分析しなければならない.要求の
分析を行うために... [more]
KBSE2012-46
pp.49-54
KBSE 2012-11-22
17:15
石川 金沢大学 (角間キャンパス) 要求抽出プロセス観察のための要求分類ルールの作成に向けて
佐野俊一筑波大)・近藤城史名古屋経営短大)・中谷多哉子筑波大KBSE2012-49
要求抽出プロセスを観測するために定量的な計測を行う手法が研究されている.開発するソフトウェアに求められる機能要求や非機能... [more] KBSE2012-49
pp.67-72
KBSE 2011-05-27
11:15
香川 香川大学(幸町キャンパス) 三次元分析空間を用いた獲得容易性分析手法の提案
中谷多哉子筑波大)・妻木俊彦日本ユニシスKBSE2011-9
要求獲得プロセスを成功させるためには,要求の成熟時期を計画し,制御できるようになる必要がある.要求の成熟時期とは,あるソ... [more] KBSE2011-9
pp.49-54
KBSE 2011-03-10
15:00
大分 別府国際コンベンションセンター 要求オントロジーの正当性検証システム
ブイ クワン フイ・○大西 淳立命館大KBSE2010-49
要求獲得を支援するために特定のドメイン知識を要求オントロジー化して活用する手法REO等があるが,獲得した要求の質は要求オ... [more] KBSE2010-49
pp.13-18
KBSE 2010-07-30
11:30
北海道 釧路公立大学 シナリオの事前・事後条件取得支援
佃 俊徳・○大西 淳立命館大KBSE2010-22
シナリオの事前・事後条件を用いることにより,シナリオの連結や検索などを効率よく行うことができるが,正確に事前・事後条件を... [more] KBSE2010-22
pp.37-42
KBSE, SS
(共催)
2010-05-27
13:45
京都 同志社大今出川キャンパス シナリオ部品とその組合せによるシナリオの生成支援
西村 眞人(学)大西 淳立命館大SS2010-4 KBSE2010-4
シナリオを用いてシステムの要求獲得を行う場合,多くのシナリオが必要となる.シナリオの品質と生産性を向上させるため,シナリ... [more] SS2010-4 KBSE2010-4
pp.21-26
KBSE 2010-03-05
11:50
福岡 九州工業大学 天神サテライトキャンパス Web検索によるドメインオントロジ拡充支援ツールの開発と評価
清水悠太郎安井浩貴海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2009-67
要求獲得に有効なドメインオントロジの構築を計算機で支援する手法が提案されている.しかし、この手法ではドメインオントロジに... [more] KBSE2009-67
pp.49-54
KBSE 2009-11-26
15:35
島根 島根大学 Web検索によるドメインオントロジ拡充支援方法
安井浩貴清水悠太郎海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2009-35
要求分析に有効なドメインオントロジの構築を計算機で支援する手法が提案されている.しかし,この手法ではドメインオントロジに... [more] KBSE2009-35
pp.25-30
KBSE 2009-11-27
10:40
島根 島根大学 要求獲得に起因するスケジュール遅れを防ぐためのPMパターンの研究について
堀 昭三安川情報システム/九工大)・中谷多哉子筑波大)・片峯恵一鵜林尚靖橋本正明九工大KBSE2009-40
ソフトウェア開発のプロジェクトにおいて,開発途中での要求変更や追加はスケジュール遅れの要因のひとつに指摘されている.そこ... [more] KBSE2009-40
pp.55-60
KBSE 2009-01-19
16:35
東京 機械振興会館地下3階6号室 シナリオ言語SCELとその処理系
佃 俊徳大西 淳立命館大KBSE2008-43
シナリオを用いたソフトウェア開発において,計算機にシナリオを解析するために開発したシナリオ記述言語SCELについて述べる... [more] KBSE2008-43
pp.37-42
SS 2008-12-18
15:15
高知 (1日目)高知工科大、(2日目)高知市文化プラザ「かるぽーと」 モデルチェッカを用いた要求仕様の法令準拠性の検査
佐伯元司東工大)・海谷治彦信州大)・服部 哲東工大SS2008-41
ビジネスプロセスや情報システムの動作を有限状態遷移機械で,法令を時間論理
式で表現し,モデルチェッカSMVを用いて時間... [more]
SS2008-41
pp.13-18
KBSE 2008-11-27
15:15
福岡 福岡工業大学 要求オントロジーを用いた要求の品質特性の向上支援
Dang Viet Dzung大西 淳立命館大KBSE2008-27
要求オントロジーを利用した要求獲得手法REOを提案しているが,獲得した要求の品質が分析者の能力に依存するという問題があっ... [more] KBSE2008-27
pp.25-30
SS 2008-03-03
16:55
長崎 長崎大学 既存類似システムの機能比較に基づく要求定義支援ツールの実現と評価
北沢直幸長田 晃上條和幸海谷治彦海尻賢ニ信州大SS2007-69
ソフトウェアシステム開発において,既存類似システムの機能の再利用を考えた場合,それらシステムのドキュメントは新システムの... [more] SS2007-69
pp.73-78
SS 2007-12-17
10:00
島根 島根大学 要望リストからの要望モデル構築
宮西英彰山田宏之甲斐 博阿萬裕久愛媛大SS2007-40
ソフトウェア開発工程において,最上流工程に位置する要求獲得は,以降の工程の基礎となる重要な工程である.要求獲得工程が重要... [more] SS2007-40
pp.13-18
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会